« ジャングルタンク化 1週間経過 | トップページ | Jリーグ 徳島戦 大勝とクラブハウス練習見学 »

2014年9月23日 (火)

Jリーグ アウェイ仙台戦 連勝!

中2日の強行軍

この厳しい日程の中、仙台まで参戦したサポーターの気持ちで勝ち得た試合でした。

ありがとうございました。

 

前節と同様、前半に奪った1点を守り抜く、精神的にも厳しい戦いでした。

このような展開は本当に厳しいですよね。

 

素晴らしい戦いだった前半、そして、動きも鈍くなって、仙台に攻め込まれる機会の多くなった守勢の後半となりました。

後半に流れが変わったのは遠藤に代えてジョルジ・ワグネルを投入してからでした。

セレーゾも流石に一工夫入れて、ワグネルをボランチにして柴崎をトップ下に上げる起用法でしたが、それならばワグネルじゃなくて梅鉢なんじゃないか?と思っていたら、その後、赤崎と同時に起用されて、そこから守備に安心感が生まれましたね。

あのままワグネルがボランチだったら、この試合の結果は変わっていたかもしれません。

カード1枚をもらっていて、前節に引き続きツキが無いダヴィを後半の早目に赤崎に代えるべきかと思っていましたが、前線で効いていたこともあってそれなりに交代のタイミングを考えていたようです。

代わった赤崎は、惜しいヘディングシュートがありましたが、期待したような活躍はできませんでした。

もうちょっと時間があれば、そして、遠藤か中村、もしくは土居との長い時間の関係性があれば、きっと赤崎の右足が火を噴く時がきていたのでしょう。

 

昌子や青木、そして、西と山本の体を張った守備で何とか仙台の反撃を凌ぎ、アウェイで貴重な勝ち点3を手にしました。

昌子はアギーレ代表監督の前で素晴らしいパフォーマンスを見せることができましたね。

きっと、次の代表招集ではその名前が呼ばれることと思います。

 

 

最後のオフサイドはテレビで観ていて「誰がオフサイドなんだろう?」と思うような判定でしたので、仙台サイドにとっては文句の一つも言いたくなるところでしょう。

サッカーの判定ではこういう疑わしい判定が山ほどあることを、我々は身を持ってそれを知っています。

このように救われることもあるのだから、逆に不利な判定を受けた時も文句を言ってはいけないなと改めて思いました。

「サッカーのジャッジとはこんなもの」と達観することがサポーターには求められますね。

 

得点や失点のどちらも鹿島と大差のあった仙台相手にこの厳しい試合をしていたのでは、現在、最下位の徳島であっても油断はできません。

しかも、初めてのアウェイの地であり、ジンクス的にも鹿島に有利な条件はありません。

今度は中3日で、ダヴィが出場停止なので赤崎が満を持して先発するのでしょう。

連戦による疲れで後半には足が止まってしまうかもしれません。

その選手たちの足を最後まで動かし続ける応援が不可欠です。

徳島まで遠征されるサポーターの皆さん、今日のような力のこもった応援をよろしくお願いします。

|

« ジャングルタンク化 1週間経過 | トップページ | Jリーグ 徳島戦 大勝とクラブハウス練習見学 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ジャングルタンク化 1週間経過 | トップページ | Jリーグ 徳島戦 大勝とクラブハウス練習見学 »