« Jリーグ アウェイ仙台戦 連勝! | トップページ | Jリーグ ホームG大阪戦 惜敗 »

2014年9月30日 (火)

Jリーグ 徳島戦 大勝とクラブハウス練習見学

パソコンの調子が悪くて、更新が今日までできませんでした。

今日もクラブハウスに練習見学に行ってきましたので、徳島戦の感想と練習の写真をアップします。

 

【徳島戦の感想】

まず、徳島のゴール裏に赤い服が多かったことにびっくりしました!

遠く海を渡って、四国の地で行われた試合でしたが、現在までの成績で「今年で最後になるかもしれない」と思うサポも多かったのでしょうか、かなりの密度で鹿島のゴール裏を作ることができていましたね。

本当にお疲れさまでした。

そのサポーターにご褒美のような得点ショーでの大勝を、テレビ観戦(録画)の私も一緒に素直に喜びました。

この試合は都合により録画での観戦となり、試合結果も知ったうえで映像を見ることになりましたので、これから書く試合の感想はいつにも増して客観的に、かつ、評論家的な視点で書かせていただきます。

 

まず、最初に録画を観て感じたことは、徳島の守備ラインと攻撃ラインとの幅が非常に広くて、そのため、鹿島の中盤がその広いスペースで(つぶしも弱かったため)自由にボールを保持して、しかも前を向くことが容易にできていたと思います。

これがいつもの徳島の戦法なのかどうかはわかりませんが、鹿島的にはいつもの鹿島のプレー以上でもなければ以下でもない、そういつもどおりの鹿島であttにも関わらず、いつも以上に自由に展開できていたのはそういう理由があったと思います。

5点も入って、カイオや遠藤が複数得点していたことから、鹿島やその選手たちの調子はいつも以上に良かったのではないかと想像していましたが、録画でそのプレーを確認してみると、こちらもいつものカイオといつもの遠藤(遠藤は悪い時の遠藤の近かったかな?)そしていつもの鹿島でした。

カイオや遠藤は、確かに2ゴールも決めているので調子が良かったには違いありませんが、得点以外のプレーで何か前の試合より良くなったのかというと、それは余り無かったように思えます。

赤崎に関しては、このチャンスを活かすべく、彼のゴールを期待していましたが残念ながら無得点で終わってしまいました。

それでも、ダヴィとは違った彼の特徴を出すことは多少は出来ていたのではなかったでしょうか。

ここは、もう1試合、ダヴィに変わって先発するチャンスがあるので、次には今回以上の活躍を期待します。

今年に関しては「これがラストチャンス」という気持ちで臨んで欲しいところです。

 

それにしても、徳島は想像以上に苦しんでいるようですね。

先程も述べたように、①前線と後ろのラインの幅が異常に広い、②ボールボルダーへのチェックが遅くて甘い、③セカンドボールが全く拾えない、④選手間の動きに連動性が全くない、といった具合に、これでは鹿島でなくともJ1のチームであればどこでも優位に戦えるはずです。

それ故、今回の大勝を鹿島は手放しで喜べないところがありますね。

5-0でも10-0であっても、それは同じことで、次のG大阪やその後に続く、柏や浦和といったチームを相手にする直前に、非常に緩い試合をしてしまったという〝焦り〟が生まれています。

成績や気持ちには余裕があった方がいいですし、多くの選手を休ませることやその交代で入った選手の試合感覚を取り戻させるためには有効な試合であったと思いますが、それ以外では次に向かっていくには非常に難しい試合をしてしまったと思います。

選手もサポーターも、徳島戦を迎えるにあたって油断しないように気を引き締めたと思います。

その甲斐あって、「大勝」と「首位との勝ち点差が4に縮まった」という嬉しい結果を得ることができましたが、連勝していて好調なG大阪との試合を前に、我々は相当気持ちを引き締めなければならなくなりましたね。

せっかく「4」に縮めた勝ち点差を元に戻されることのないよう、きっちりホームで勝利することが最低限必要になります。

相手は、現時点で最も「勢い」があって「強さ」も発揮できているG大阪です。

相手にとって不足はありません。

というよりも、正直言って、今はJで一番の強敵で難敵です。

ここでは対戦したくなかったですね。

 

普通にやって勝てる保証は全くありません。

ホームで戦うことができるとは言っても、いつものホームの雰囲気だけでは勝てないかもしれません。

いつも以上のホームの雰囲気にするためには、本当に一人一人が気持ちを引き締めて、「これを落としたら最後」のつもりという強い気持ちで戦う必要があります。

その気持ちを持って、日曜日にはスタジアムに参戦したいと思ってます!

 

 

【クラブハウス練習見学】

Cimg3085 

 

今日(火曜日)の練習風景です。

Cimg3078

15時30分から練習開始の予定でしたが、ミーティングをしていたのでしょう。

選手たちがグランドに出てきたのは16時20分でした。

一番最初に出てきたのはセレーゾ監督です。

Cimg3080

選手たちも出てきました。

今日はコーンやマーカーが並べられていますが、ボールがありません。

GK用のボールが用意されているだけですので、どうやらフィジカル(走り込み)中心の練習のようですね。

Cimg3082

今日はフィールドプレイヤーが22人、GKが3人の合計25人です。

誰が居ないかというと、曽ヶ端、ルイス、そして昌子です。

昌子は徳島戦で交代していましたが、てっきり累積カードの関係もあって大量リードしたので次のガンバ戦を考慮しての交代かと思っていましたが、もしかしたらどこか悪いところでもあったのでしょうか?

そして、ルイスはまだ合流できていません。

何処が悪いのでしょうか?

今からが、守備力だけでなく攻撃力も持ったボランチとしての彼の力が必要になってくる時期なのですけどね。

これも痛いところです。

一日も早い回復を祈ります。

Cimg3083

韓国から植田も帰ってきています。

休みなしで練習に合流していますね。

既に今の鹿島ではポジションが無くなっていますから、当然休んでなんかいられないんでしょう。

Cimg3087

ウォーミングアップが終わったら、Bグランドに残ったフィールドプレイヤーは5人だけです。

植田、赤崎、宮内、ダヴィ、ワグネルはこれからインターバル走を始めるようです(苦しいんですよね、これが!)。

そして、この段階で小笠原が別メニューで軽めの調整をした後に早上がりしました。

疲労の残りを考慮してのものでしょう。心配はないと思われます。

 

残りのメンバーはユースグランドの脇にある砂場へと向かいました。

砂場トレですね、今日は。

Cimg3094

ダヴィと植田です。

Cimg3096

植田にも、容赦なく通常メニューが課せられています。

Cimg3097

赤崎もダッシュしてますが、非常に苦しそうです。

Cimg3102

ワグネルも負けずにガンガン走ります!

Cimg3088

GKは3人でのハードな練習が続いています。

古川コーチの厳しい練習に、GKであっても息が上がる場面がありました。

 

Cimg3099

夕暮れと共に、空には秋らしい雲が現れました。

Cimg3100

飛行機も飛んでいきました。

成田空港に向かっているのでしょう。

私も一度だけ飛行機の窓から鹿島の街を眺めたことがあります。

この飛行機と同じように左側の窓際の席から眺めていました。

右側だと潮来方向しか見えなかった記憶があります。

確か、札幌から成田に向かう飛行機に乗った時だと思います。

カシマスタジアムとクラブハウスは確認できるはずです。

Cimg3103

練習終了後のクールダウンをしている赤崎と植田です。

靴を脱いで素足でベタベタ走りです。

Cimg3104

ダヴィとワグネルはシューズを履いたままでウォーキングでクールダウンです。

今日はここでお帰りです。

|

« Jリーグ アウェイ仙台戦 連勝! | トップページ | Jリーグ ホームG大阪戦 惜敗 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Jリーグ アウェイ仙台戦 連勝! | トップページ | Jリーグ ホームG大阪戦 惜敗 »