« Jリーグ清水戦 録画観戦 | トップページ | Jリーグ 大宮戦 タブレット観戦 »

2014年9月 2日 (火)

Jリーグ FC東京戦

つくづく惜しい試合でしたね。

勝ち点3を取れる試合だったのに悔しい引き分けに終わってしまって、レバタラを言っても仕方ないのですが、そういった愚痴をこぼしてしまいそうな残念な引き分けでした。

前半の攻撃は、FC東京のシステムとの組み合わせの妙なのか、鹿島がきちんと相手を分析して、弱点を突いた戦法を取ったからのなのか、非常に多くのスペースを有効に生み出して鮮やかな攻撃を繰り返していました。

カイオにはもってこいの展開となっていたし、その流れに見事に乗って、素晴らしい動きを見せていましたね。

惜しむらくは、そのカイオに1得点があればそれでこの試合は決まっていたでしょう。

 カイオだけでなく、スタジアムの雰囲気も一体となった、凄く活力あふれるプレーが随所にみられる前半でした。

 

 

後半も決して、鹿島の動きが悪くなって、またFC東京の動きが良くなって試合の流れが変わったわけではないですね。

山村がファウルを取られてしまったPKは仕方ないと考えるしかないです。

PK貰ったチームだったら、「あれは当然PK」と言うでしょう。

ビデオを確認して判定できるものではないので、あの状況での主審の判断は試合の中で〝仕方ないもの〟と考えるしかないです。

山村のプレーや対応が悪かった訳ではないのだから、あのプレーを振り返って反省すべきことや対応を変えることを考える必要はないでしょう。

もう一度、あのような状況になったら、DFは同じプレーで対応するしかないでのでは?

しかし、このPKが「流れを変えてしまった」のは事実ですね。

これでFC東京の選手やサポーター達を「まだ行ける!」という気持ちにさせてしまったことが、鹿島にとっては痛いことになりました。

 

そして、もう一つの転換点となったのが青木の退場です。

あのプレーは、主審の目の前の出来事で、青木の足の裏がエドゥの脛に入ってしまったところが審判の印象に強く焼き付いてしまいましたね。

「退場」って判断してしまうだろうな、あの場面の主審だったら・・・・。

これはジャッジを責められない。

また、青木を責めることもできないのは当然のこと。

柴崎のインターセプトも見事だったのですが、この柴崎からすぐにボールを奪い返した米本の粘りを認めるしかないですね。

その結果、ボールがこぼれて青木がそれに反応し、エドゥと交錯した場面の出来事ですから、これは誰も悪くないですよ。

もしかすると、青木に「足の裏を見せたタックルはするな」ということが言えるかもしれませんが、同じようなプレーは相手の選手も前半に見せてましたから、審判がはっきり見える場所で、ああいうプレーをしてファウルを取られてイエローでなくレッドを出されたら、結果論ですが「ついていない」ということです。

 

でも、そこからよく粘りました。

決して守り一辺倒になったわけではなく、一人少ない状況でも最後まで勝利を目指してゴールを狙うプレーができていたし、全員が献身性を高めて、戦う気持ちを表に出してプレーしていたと感じました。

最後に、ちょっとした隙を突かれて同点にされてしまいましたが、そこからもゴールを目指す気持ちは鹿島サポーターには伝わってきました。

勝利することは残念ながらできませんでしたが、そういった選手たちの気持ちを感じて、試合後のゴール裏からは選手たちに下を向かせないためのチームコールが続けられたのだと思います。

絶好調のFC東京に前半何もさせず、後半も不利な状況にあっても互角に戦えていたことは自分たちの自信にすべき内容だったと思います。

1週間、試合は開いてしまいますが、この試合内容をもっともっと高めることができるように準備して、疲労を十分に回復させて、気力と体力を充実させてNACK5熊谷に乗り込みましょう!

ここもすっきり勝てない印象のあるスタジアムですので油断はできませんでが、今の鹿島のチーム状態なら、いつぞやの等々力のように、嫌なジンクスを断ち切りってそこから逆の流れにすることができる、正にそういった試合になるような気がします。

我々が目指すところは、既に「優勝」ということを口にすることができる位置にありますので、ジンクスなどというちっちゃなものなど気にすべきではないですね。

とにもかくにも、「目の前の敵を全力で倒す。それがどこであっても!」という気持ちのベースを忘れずに戦いましょう。

 

 

FC東京戦、スタジアムで応援されたサポーターの皆さんお疲れ様でした。

応援のパワーは試合毎に増してきていることが、TVの音声や映像から確実に伝わってきています。

次の大宮戦もアウェイになりますが、これをホームに変えるほどの大声援をよろしくお願いします。

|

« Jリーグ清水戦 録画観戦 | トップページ | Jリーグ 大宮戦 タブレット観戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Jリーグ清水戦 録画観戦 | トップページ | Jリーグ 大宮戦 タブレット観戦 »