« 練習試合 東京国際大学戦 | トップページ | 天皇杯スタート »

2014年7月 8日 (火)

ふるさと納税 特産品

最近、ふるさと納税にはまっています!

現在、住んでいるところはもちろん鹿嶋市で、本当の故郷は三重県四日市市です。

しかし、ここで納税先として選んでいるところは、そのどちらでもなく、また、縁もゆかりもない市町村です。

何故にそんな関係ないところに納税するのか?

それは、納税したときにプレゼントしてもらえる特産品目当てだからです。

 

 

まず、初めに納税したところは山形県天童市です。

ここに(ふるさと)納税して、プレゼントしてもらった特産品は『さくらんぼ(佐藤錦)』です。

Cimg2686

10000円の納税で、1㎏の佐藤錦がもらえました。

味は抜群に美味しかったです。

「10000円払うんだったら、佐藤錦1㎏は2000円位出せば買えるのに、どうして?」って思われるかもしれませんが、ここにはちょっとしたお得になる仕組みがあります。

 

 

天童市に10000円納税すると、納税証明書(寄付採納証明書)が天童市から送られてきます。

これを来年の確定申告の際に申告すれば、医療費控除と同じようにいくらかの額が返還されます。

この場合、自己負担とでも言えばわかりやすいのかもしれませんが、2000円分だけは自分で支払うことになります。

そうです、10000円の納税額のうち、自分で支払う額は2000円だけなのです。

そして、残りの8000円のうちいくらかが振込みによって現金で帰ってきます(凡そ半額が返ってくると思えばいいかもしれません)。

そして、支払った10000円のうち、残りの額については翌年の住民税から控除されるらしいのです。

結局、2000円で佐藤錦1㎏を手に入れることができて、更には翌年の住民税の負担が軽くなるのです。

でも、これだと「じゃあ、面倒くさい確定申告などせずに、2000円で佐藤錦を買えばいいじゃないか?」と言われるかもしれませんが、ふるさと納税が魅力的なのにはもう一つ理由があるのです。

 

 

それぞれ人によって年収額が違いますが、それぞれの年収・家族構成・その他の控除額に応じて自己負担額や税の軽減は変わってきます。

それを念頭に置いてもらって、そのリミットとなる額になるまでふるさと納税の納税額を上げていくことができます。

要するに、私の場合は10000円天童市にふるさと納税しましたが、さらに他の市町村にふるさと納税することができるのです。

何処に、いくら納税するかは、先ほどの天童市のさくらんぼを選んだように、他に欲しい特産品を探していきます。

ふるさと納税することができる限度額に至るまで、これを繰り返すことができます。

 

次に選んだのは、またしても山形県、しかし天童市ではなく長井市(10000円)です。

ここにふるさと納税していただける特産品は『りんご(ふじ)とラ・フランス』です。

特産品を用意している市町村は、一つの特産品だけではなく、様々な特産品を用意していて、実際には、天童市や長井市も多くの種類の特産品を用意されています。

これらは、それぞれの市町村のホームページで見られます。

私は、その数多くの特産品のなかから自分が欲しいものを選び、それが『さくらんぼ』や『りんごとラ・フランス』だったということです。

まだまだ他にも、魅力的な特産品は沢山あります。

 

 

ちょっと話がズレましたが、このように複数の市町村にふるさと納税して、それぞれから欲しい特産品をもらって、自分で負担する額は2000円。

実は、天童市に2000円と長井市に2000円ではありません。

自分の納税合計額20000円(天童市:10000円+長井市10000円)に対して2000円だけなのです。

そうです、自分の年収や家族構成等から計算されるふるさと納税の限度額まで、いくら納税しても2000円の自己負担しかないのです。

納税合計額から自己負担額(2000円)を差し引いて、残りの凡そ半分が振込みによって返還され、残りの額は翌年の住民税の減税によって返ってくるというわけです。

 

 

このように、納税者にとってふるさと納税はとってもお得な制度なのですが、では、一体、誰が損をしているのか?

それは、国と自らが住民税を納めている市町村です。

返還額については国が負担する形となり、住民税が減税されることで、私の場合、鹿嶋市に収めるべき来年の住民税額が少なくなってしまうのです。

鹿嶋市には申し訳ないですが、特産品の魅力には勝てません。

 

 

既に、先ほどの2市に加え、3件目としてお米(10㎏)を貰うために、今日またふるさと納税(郵便局から手数料なしで振込み)してきました。

鹿島アントラーズのホームタウンでは、行方市だけがふるさと納税に特産品(お米・野菜・メロン等)が用意されています。

また、ガンバ大阪の新しいスタジアム建設資金には、このふるさと納税が使われているとも聞いています。

これに納税した人は、名前が新スタジアムのタイルに刻み込まれるとか。

鹿嶋市にも特産品と言えるものは一杯あるはずで、また、アントラーズの試合チケットも鹿嶋市からのプレゼントとして、その魅力は小さくはないはずです。

自分の住む町にふるさと納税はできませんが、もし、それが可能なら、私は鹿嶋市の魅力的な特産品を安く手に入れるために、間違いなくふるさと納税をするでしょうね。

鹿嶋市も特産品を用意すればいいのに!と思います。

|

« 練習試合 東京国際大学戦 | トップページ | 天皇杯スタート »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 練習試合 東京国際大学戦 | トップページ | 天皇杯スタート »