« 琉金 屋外舟の水換え | トップページ | 明日はクラブハウスで練習試合 »

2014年6月23日 (月)

ポルトガルの試合展開に鹿島の姿をオーバラップさせてみる

金曜日はいつもより1時間早く家を出て、会社で始業前にTVで日本対ギリシャを観戦しました。

替えられると思っていた大迫が再び先発で出場し、初戦のコートジボアール戦の時よりも彼らしくプレイできていてワクワクしながら観てました。

篤人の出来も非常に良くて、決定的な日本のチャンスを作り出していましたね。

鹿島出身の選手の活躍に心が湧き上がりました。

それにしても、どうして最後の交代カードを1枚残したのでしょう?

相手の足も止まっていて、更にクロスやロングボールでは埒が空かない状態で、あの状況なら正に柿谷や斉藤が活きる場面だったと思うけど・・・・。

さっぱりわからない采配で、既にザックの心はここに非ずなのでしょうか?

最後のコロンビア戦には微かな可能性が残っていて、この前のナビスコグループ予選の最終戦の時の鹿島よりも予選突破の可能性は高そうだけど、相手が相手だけに厳しい戦いになるのは必至ですね。

でも、これくらい追い込まれた試合の方が気持ちの入り方も違いますけどね!

ワールドカップ便乗ファンや俄かサッカー日本代表ファンには、次のコロンビア戦は半分以上シラケた試合になると感じているかもしれませんが、追い込まれてこそ真価を発揮する鹿島サポには、今度の状況の方が応援のし甲斐がありますね。

 

そして、今朝のアメリカ対ポルトガルは凄い試合でした。

今大会のアメリカは間違いなく台風の目になっています。

チリやコスタリカもそうですが、南米や南米に近い国の活躍が目立つのは気のせいではないと思われます。

ウルグアイの苦戦はありますが、ヨーロッパ勢よりもアメリカ大陸、アフリカ大陸の国の活躍は〝赤道より南〟〝アメリカ大陸縦の線〟で好調不調のラインやエリアが分かれているとみることが出来そうです。

ちょっと話がズレましたが、ポルトガルの最後の同点ゴールには思わず「オオー、入ったー!」と大きな声がでてしまいました。

赤いユニフォーム、負けたら敗退決定の崖っぷち、アディショナルタイム、最後のワンプレー、そして、最後まで決して諦めない気持ち、それらすべてが鹿島アントラーズの姿とオーバーラップして見えてしまったのは私だけでしょうか?

こんな苦しくて厳しい状況を決して好んでいるわけではありませんが、こういうチームはついつい応援したくなりますね。

グループCだけでなく、こちらのグループの最終戦も注目ですね!

 

再び言いますが、やっぱりワールドカップは面白い!

|

« 琉金 屋外舟の水換え | トップページ | 明日はクラブハウスで練習試合 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 琉金 屋外舟の水換え | トップページ | 明日はクラブハウスで練習試合 »