« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »

2014年6月30日 (月)

明日はクラブハウスで練習試合

チームも既に指導を開始しており、いよいよ明日は大学生との練習試合がクラブハウスで行われます。

関東地方のお天気もかなり不安定な状況ですが、鹿嶋は今日一日晴れの好天に恵まれました。

明日もこのようにすっきりとした晴れならいいけど、雨の心配もしなくてはいけないような予報がありますね。

雨具を持って、明日は久しぶりにクラブハウスに行ってみます。

 

さて、ワールドカップも決勝トーナメントは始まっており、ブラジルの涙のPK勝利。

ハメス・ロドリゲスというスーパースターが誕生したコロンビアの躍動!

疑惑のPKを生んでしまったものの、強敵メキシコまで退けたオランダ。

そして、今大会間違いなく、台風の目になっている伏兵コスタリカの快進撃!

ますます大会は盛り上がってきており、ドイツやアルゼンチンが評判通りに勝ち進めば、世界の人々の注目度も増々アップしそうですね。

 

それにしてもスアレスの咬みつきには参りましたね。

今回が初めてではなく、既に3回目?ですか。

まさか、世界に注目されているこの大会で三度咬みつくとは、誰も想像していなかったでしょう。

どうして?といった場面での咬みつき行為ですから、一体なぜスアレスはこのような愚行を犯してしまうのか?

これは病気ですよね!

きっとそのようなDNAがあるのだと思います(冗談ではなくて)。

咬みつかれたイタリアの選手はたまったものではありませんが、この試合の敗戦で予選敗退の決まってしまったイタリアチームも本当に「冗談じゃない!」といった気持ちでしょう。

それまで同点で、咬みつかれていたことがその時点でわかっていたら、きっと一発レッドは間違いなく、ウルグアイはその後を10人で戦うことになったはずです。

結局、その後の時間でイタリアは失点し、退場にならなかったスアレスがプレーしていたウルグアイに敗れています。

試合後の調査により、スアレスの咬みつき行為は事実認定され、数か月の出場停止と1100万円の罰金を課せられています。

ウルグアイのチームや監督は、またマラドーナといったその他の人物までもが、スアレスが受けたこれらの処分を「過剰ですぎる」と擁護しているようですね。

一体どのような理解で、スアレスと、スアレスの咬みつき行為を擁護するのか、全く意味が分かりません。

本当なら、スアレスの出場停止や罰金だけでなく、ウルグアイのイタリアへの勝利についても没収されてしかるべきでしょう。

決してやってはいけない暴行により相手選手を傷つけ、本来退場になっていたはずの選手が残ったままで勝利を得た訳ですから、処分が課せられるくらいその行為が認定されているなら、ウルグアイの勝利も剥奪すべきです。

それにより、まじめに戦っていた他のウルグアイの選手が巻き込まれることとなり、そして罰を受けることになってしまいますが、咬みつきという行為は『極めて悪質で危険な行為』でありますから、そのくらいの大きな処分(連帯責任)があってしかるべきです。

そうすれば、スアレスの咬みつき行為については、ウルグアイというチームがこれを抑制しなくてはいけなくなり、そのような行為が治らない選手であれば国の代表選手には選出しなくなるでしょう。

そうやって自浄作用も促しながら、このような愚行を撲滅していかなくては、サッカーが世界の人々から評価されるスポーツになりません。

このスアレスの行為は、過去に何度も処分されても治らない病気ですから、今回の制裁でも絶対に治らないでしょう。

結局、サッカーというスポーツから彼を排除することでしか、スアレスの出場する試合から〝咬みつき〟という極めて悪質な反則行為はなくならないでしょう。

そして、この行為を認めていないスアレス本人と、それを擁護するウルグアイの監督、チームスタッフ、そしてどういうわけか出てきたマラドーナ。

いかに素晴らしい選手や指導者、そしてかつての英雄であっても、こういった子供でも判断できる〝ものの良し悪し〟がわからないような人々は、これからのサッカーの繁栄に妨げにしかなりません。

はっきり言います。

この人たちは〝駄目人間〟です。

あっ、スアレスは人間じゃなく吸血鬼か狼男か・・・!

 

 

明日以降のワールドカップの激戦には期待しています!

素晴らしい男たちのギリギリの戦いと涙を見逃してはなりませんね。

| | コメント (0)

2014年6月23日 (月)

ポルトガルの試合展開に鹿島の姿をオーバラップさせてみる

金曜日はいつもより1時間早く家を出て、会社で始業前にTVで日本対ギリシャを観戦しました。

替えられると思っていた大迫が再び先発で出場し、初戦のコートジボアール戦の時よりも彼らしくプレイできていてワクワクしながら観てました。

篤人の出来も非常に良くて、決定的な日本のチャンスを作り出していましたね。

鹿島出身の選手の活躍に心が湧き上がりました。

それにしても、どうして最後の交代カードを1枚残したのでしょう?

相手の足も止まっていて、更にクロスやロングボールでは埒が空かない状態で、あの状況なら正に柿谷や斉藤が活きる場面だったと思うけど・・・・。

さっぱりわからない采配で、既にザックの心はここに非ずなのでしょうか?

最後のコロンビア戦には微かな可能性が残っていて、この前のナビスコグループ予選の最終戦の時の鹿島よりも予選突破の可能性は高そうだけど、相手が相手だけに厳しい戦いになるのは必至ですね。

でも、これくらい追い込まれた試合の方が気持ちの入り方も違いますけどね!

ワールドカップ便乗ファンや俄かサッカー日本代表ファンには、次のコロンビア戦は半分以上シラケた試合になると感じているかもしれませんが、追い込まれてこそ真価を発揮する鹿島サポには、今度の状況の方が応援のし甲斐がありますね。

 

そして、今朝のアメリカ対ポルトガルは凄い試合でした。

今大会のアメリカは間違いなく台風の目になっています。

チリやコスタリカもそうですが、南米や南米に近い国の活躍が目立つのは気のせいではないと思われます。

ウルグアイの苦戦はありますが、ヨーロッパ勢よりもアメリカ大陸、アフリカ大陸の国の活躍は〝赤道より南〟〝アメリカ大陸縦の線〟で好調不調のラインやエリアが分かれているとみることが出来そうです。

ちょっと話がズレましたが、ポルトガルの最後の同点ゴールには思わず「オオー、入ったー!」と大きな声がでてしまいました。

赤いユニフォーム、負けたら敗退決定の崖っぷち、アディショナルタイム、最後のワンプレー、そして、最後まで決して諦めない気持ち、それらすべてが鹿島アントラーズの姿とオーバーラップして見えてしまったのは私だけでしょうか?

こんな苦しくて厳しい状況を決して好んでいるわけではありませんが、こういうチームはついつい応援したくなりますね。

グループCだけでなく、こちらのグループの最終戦も注目ですね!

 

再び言いますが、やっぱりワールドカップは面白い!

| | コメント (0)

2014年6月17日 (火)

琉金 屋外舟の水換え

今朝もアメリカ-ガーナの試合を観てしまいました。

やっぱり、ギリギリの精神状態で戦うワールドカップは1回戦であっても、どの国とどの国の戦いであっても面白いし、興奮度合が別格ですね。

今まで見たすべての試合(全試合観ていたらすべての試合でそうだったのでしょうが)が、Jリーグだったら最後の数節にしか味わえないギリギリ感やスタジアムのビリビリ感ですね!

 

日本の試合は仕事中だったため、得点シーンや失点シーンは偶然見ることができたものの、それ以外は殆ど見れず、内容的にどうだったのか全くわかりませんでした。

結果は残念でしたが、あと2試合に可能性は残されています。

ギリシャに勝利して、少なくとも強豪コロンビアに引き分け以上が最低必要になってくるのでしょうが、厳しい条件ですが何とか達成して決勝トーナメントに進んで欲しいと思えるようになってきました。

これも篤氏人の頑張りと大迫の先発が、私の日本を応援する気持ちを乗せてくれています。

個人的にコートジボアール戦の選手入場で、大迫と篤人が入ってきたのを観て涙が出そうに感動してしまっていました。

あの試合では、この場面が実はピークだったかもしれません。

決意を秘めてドイツに旅立った大迫、それを送り出した鹿島サポ、南アフリカ大会では試合に出場できずに悔しい思いをした篤人、それぞれのここまでの達成感を勝手に想像して一人で感動してしまっていました。

大迫の次の先発は厳しいかもしれませんが、ザックが本当に賢い監督ならギリシャ戦にこそ大迫が先発すべきなんですけど、これもか鹿島サポとしての期待なんでしょうね。

 

 

さて、1週間ぶりに琉金舟の水換えを行いました。

Cimg2681

Cimg2682

Cimg2683

Cimg2684

水草を買ってきて投入してあります。

水位を高めにして、夏の高温に対処(琉金が水温の低い底の方で泳ぐことができるように)しているため、水草をいれると水面よりも葉が高くなります。

そうすると猫除けんの網を掛けると水草を抑えつけることになります。

う~ん、どうしようか?

もっと深い舟に変える必要があるのか?

お金もかかるし、このままでもう少し(ひと夏)我慢してみるか。

| | コメント (0)

2014年6月14日 (土)

ワールドカップ!

ブラジルークロアチア、スペインーオランダの2試合を観ました!

やっぱりワールドカップは面白いです。

選手達の技術も凄いし、1戦必勝にかけるチームとしての想いも非常に強い!

日本を応援するワールドカップも盛り上がりますが、世界最高の戦いが繰り広げられる大会はやっぱり最高です。

このビリビリくる興奮を再び日本で、そして鹿嶋で味わうことができたらと改めて思いました。

寝不足の日々は、これからも続きそうです。

| | コメント (0)

2014年6月 1日 (日)

ナビスコ予選 最終清水戦 

Cimg2636

暑っつい日に、熱っつい奴らが、熱っつい試合したね!

毎試合、こんな試合がしたい!

サポーターの皆さん、今日は本当に暑い中、応援お疲れ様でした。

 

試合前の〝甘熟王バナナジュース〟が効いたね!

| | コメント (2)

バナナジュース

バナナジュース
今日は真夏のような暑さのカシマスタジアムです。

水分補給とエネルギー補給を一度に摂れる「甘熟王バナナジュース」!

美味しくて喉ごしスッキリ。

ゴール裏売店で販売中です!

| | コメント (0)

« 2014年5月 | トップページ | 2014年7月 »