« 川崎戦 大敗 | トップページ | ブランド琉金の導入 »

2014年5月12日 (月)

川崎戦 録画観戦

録画していた川崎戦を観ました。

思っていたよりも、また点差から感じていたよりも鹿島のサッカーは悪くはなかったというのが感想です。

 

失点のうち大久保への2点は鹿島から献上したもので、両チームの力差を表すような失点ではないですね。

前半は互角以上の戦いは出来ていたと思うし、後半は殆どが鹿島の時間であって、先ほども言った通り、普通にできていれば(チームの約束事を守っていれば)、十分に同点や逆転のチャンスはありました。

失点したことよりも得点できなかったことの方が問題であり、今のメンバーでの現状の限界点が見えているところだと思います。

他のチームにもしっかりと研究されて、きっちりと対策をとられてしまって手も足も出ない状況のように感じられます。

それでも何とかそういった展開を打開しようと、川崎守備陣を崩そうとしていた選手たちの技術の高さに改めて頼もしさを感じることもできました。

守備陣の修正はきっちりと次の試合までに監督が指導して直されることでしょう。

山本の負傷は痛いですが、この機会をチャンスと捉えて気合いの入る選手もいますから、交代で出場することになる選手には大いに期待したいところです。

 

 

大敗した原因について、「どこが悪かったの?」と嫁さんに聞かれたけど、「修正したり、鍛えなおしたりすることは必要だけど、若いチームだから強くなる過程として受け入れるしかないんじゃない」と答えておきました。

本心です!

川崎は弱くなかったし、というより強かったけど、これが現在の川崎(チーム)としてMAXの状態といってもいいくらいなんじゃないかと思います(川崎に詳しくないから、「こんなもんじゃないよ」と川崎サポさんに言われるかもしれないけど)。

それに比べて鹿島はこのチームで走り出したばかりで、たまたまこれまで上位の位置することができていたけど、チームとしての完成度はまだ50%にも至っていないのではないでしょうか?

その状態の対戦で、この内容なら落ち込むことはないでしょう。

点差だけをみれば「力負け」、「歯が立たなかった」というように思われそうですが、内容をみれば〝勝負のアヤ〟で点差がついただけということは明白です(確かに言い訳がましいので、「それが実力だろ!」といわれたら「そうですね」と返事しますけど・・・)。

 

 

でも、今は強がっても良いと思います。

そう思える試合でした。

多分、スタジアムで共に戦われたサポーターの皆さんは酷く落ち込むことになってしまったことと思われますが、「大丈夫です。鹿島のサッカーは間違ってませんよ!」ということができる試合内容でした。

冷静に、客観的に見てそういった感想が持てました。

今までやってきた鹿島のサッカーを、これからも更に突き詰めていきましょう!

大きな方向性や方法は間違っていません。

鹿島の選手の起用法にはまだまだ選択肢が用意されていてます。

戦術指示についても、個々の試合毎にあたる時も有れば外れる時もあります。

今はまだブレずに取り組み続けるときです。

3連敗は痛いですが、強くなるために支払わなければならなかった代償と捉えて、引き続き前進あるのみです!

 

 

チームが苦しい時こそサポーターの力が必要です。

川崎戦で4失点しても、最後までゴールを目指して戦うことができていたのもサポーターの声が届いていたからだと思います。

このような状況で、いつも力を発揮してきた鹿島サポーターですから、次のホームでの徳島戦では鹿島サポの底力を見せてもらいたいです!

選手たちの力を信じ、そしてサポーター自らの力も信じて、一丸となって戦うことが必要です!

 

 

我々なら必ずできる!

鹿島は絶対に勝つ!

全力でがむしゃらに向かっていく時です!

(追記) 
川崎戦の録画を観た後で、先月末に放送されたアントラーズリポートを見ていた時のこと。
その放送の最後の方に流れたナレーションで、「近年にない好スタートを切ったアントラーズ~」というフレーズがあって、嫁さんがそれに対して「でも、止まっちゃたんだよね~」とつぶやいたら、幼稚園の娘が「あせったらダメ・・・、強さがなくなっちゃうかもしんないから」と・・・・。
雰囲気でわかっているんでしょうか。
もう立派な鹿サポですね~。
嬉しい限りです。

|

« 川崎戦 大敗 | トップページ | ブランド琉金の導入 »

コメント

どういう理由で完成度が50%なのか具体的に言ってみたください

投稿: | 2014年5月12日 (月) 21時53分

50%の完成度。

個人的にそう思っているだけです。
それが今の鹿島の完成度の割合の正解ということではありませんから。

根拠はいろいろありますが、チームが目指している強さから考えても今が100%だと困るでしょ?
強いて言うなら、それが私が50%と書いた一番の根拠かな?

数字で正解というか、今の鹿島の強さが表せるとしたら私もその正解を知りたいです。
人それぞれが自分で考えることですから、読んでもらう人に強要しませんので、そのように捉えてください。

貴方なら今の鹿島の力は目指している強さの何%くらいだと思いますか?

投稿: 鹿莫迦 | 2014年5月12日 (月) 23時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 川崎戦 大敗 | トップページ | ブランド琉金の導入 »