« ナビスコG大阪戦前日のクラブハウス練習見学 | トップページ | 琉金 屋外舟の水換え »

2014年5月21日 (水)

G大阪に負けるのは悔しい

ストレスの溜まる敗戦となりました。

 

スタジアムには行けない。

TV観戦もスマホで。

スマホはフリーズしてばかり。

シュートは何本打っても入らない。

なんてことない失点。

簡単なミス。

 

ストレスの溜まる要因を挙げればきりがない。

だけど、内容は悪くないよね。

決定力が不足していると言えるのかもしれないけど、それだけ多くの決定機を作り出すことができているのも事実。

選手たちが戦えていることも事実。

もうちょっと、もうちょっとで歯車が噛み合って、きっと結果が出ることになると思う。

もう少し、これらのストレスと戦おうよ!

 

失点しなければ負けることはない。

得点できなければ勝つことはできない。

 

今日の試合で失点した要因は極僅か。

得点できなかった要因は無数に有る。

失点要因はすぐに練習で消してしまって、得点要因はこれからの上がり目として捉えよう。

 

負けた原因を誰かのせいにして消化するのではなく、自分の中で消化しよう。

家に帰って試合を見直してみると、選手やスタジアムに行ったサポーター達は十分に戦っていたよ!

戦えていなかったのは自分。

この敗戦は自分でしっかりと受け止めよう。

 

ナビスコ予選、自力突破はなくなってしまったけど、予選突破の可能性が消えたわけではない。

最後まで、可能性が残る限り戦うのが鹿島アントラーズとアントラーズサポーター。

予選の残り2試合、やりがいのある試合になったね!

しかも2試合とも聖地での戦い。

やってやろうじゃない!

僅かな可能性に挑戦だね!

|

« ナビスコG大阪戦前日のクラブハウス練習見学 | トップページ | 琉金 屋外舟の水換え »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ナビスコG大阪戦前日のクラブハウス練習見学 | トップページ | 琉金 屋外舟の水換え »