« レジェンド 逝く | トップページ | 明日は広島との戦い »

2014年4月20日 (日)

Jリーグ 神戸戦 

ダニーさんの追悼試合の神戸戦、何とかして勝ちたかったが力及ばず敗戦となってしまいました。

感傷に浸っていては勝負には勝てないってことだろうか?

ダニーさんだったら、きっとこのように言うだろうな。

「どうしたんだよ。もっとしっかりしなきゃヤバいぜ!」

正に、ダニーさんに「喝!」を入れられる試合になってしまったね。

 

それにしても、クラブは最高のセレモニーを用意してくれました。

一番欲しかったサポーターに向けたダニーさんの声を、最後にあのような形で届けてくれるとは・・・。

最高です。

未だに、ダニーさんが元気でブースに座っているかのようでした。

綺麗な声だった。

やっぱりこれ、この声です!

追悼セレモニーを企画・運営してくださったクラブスタッフに感謝です。

 

そして、惜しくも敗戦となってしまった試合の内容については、ダヴィのゴールがニュースにも取り上げられてしまうような珍しいゴールであったことや、青木のハンド~退場といった事案から神戸に力負けしたかのような感じを受けてしまいますが、決してそんなことはありませんでした。

シュート数が表しているとおり、試合は殆どが鹿島の時間であった、あの同点にされたところから逆転ゴールのところだけが神戸の時間でした。

更には、鹿島の時間の時だけでなく神戸の時間帯であった時も、鹿島の選手は相手以上に〝戦えていた〟と思います。

体を張って、相手よりも走り続け、1人少なくなってからも運動量とゴールを目指す意欲は増々あがり、そして相手攻撃陣を絶対に突破させまいと1対1を制する気迫、そのいずれもが素晴らしいものだったと感じることができました。

やはり、選手一人ひとりも、この試合に賭ける気持ちはいつも以上だったんだと思います。

結果としてホームで3連敗、順位も下げてしまう敗戦になってしまいましたが、試合の内容と戦う気持ちの部分では十分に評価することができる試合でした。

ジャイールのプレイ精度は試合毎にアップしてきているのが手に取るようにわかるし、ルイスの信頼性は既にサポーターの心を掴んでおり、出番に飢えていた山村と本山がそのプレイで見せたガッツは誰の目にも明らかで、このようにアントラーズの選手層はどんどんその厚みを増してきています。

次の試合は、今のJリーグで1番強い広島と、しかも鬼門のアウェイでの戦いとなります。

それでも、「今の鹿島アントラーズなら十二分に広島と戦える」といった自信めいたものが心の中に芽生えてきています。

以前なら、ちょっと弱気な部分も言葉にしてしまいそうでしたが、神戸戦の選手たちの頑張りを見る限り、広島相手に互角以上の戦いは必ずできると思えるようになっています。

 

アントラーズを信じる気持ちの部分で「しっかりしよう!」と思います。

いつまでも下を向いている場合じゃない。

顔を上げて、前に進まなきゃ!

世代交代を図っている最中のチームだけど、上位入賞することを目指して戦っているわけじゃない。

そう、いつだって鹿島アントラーズは〝優勝〟を目指して戦っているんだから。

目の前のすべての勝負に勝ち続けることを目指して戦っているんだから!

どんどんと、前に進もう!

|

« レジェンド 逝く | トップページ | 明日は広島との戦い »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« レジェンド 逝く | トップページ | 明日は広島との戦い »