« ナビスコ仙台戦前日の練習風景 | トップページ | Jリーグ 神戸戦  »

2014年4月17日 (木)

レジェンド 逝く

J開幕から、カシマスタジアムでスタジアムDJを務められたダニー石尾さんが、病気のため逝去されました。

20余年の長きに亘り、その美しい声と熱い情熱で鹿島アントラーズとサポーターを支えてきてくれた、紛れもない〝鹿島のレジェンド〟が66年の輝かしいその人生に幕を下ろされました。

 

歌を愛し、鹿島アントラーズを愛し、友を愛し続けてくれたダニーさん。

その偉大な人を亡くした失望感は言葉で表すことなどできませんが、我々がその悲しみに暮れることを決してダニーさんは望んではいないでしょう。

アントラーズが勝利して、サポーターの喜ぶ笑顔を見ることも、ダニーさんの喜びであったことでしょう。

今頃、ダニーさんは長く苦しい病気との闘いに終止符を打ち、天国へ駆け上っていくその道のりで、きっと爽やかに歌を口ずさみながら、軽やかにそして格好よく歩みを進めていることと思います。

そんなダニーさんを思い浮かべながら、アントラーズファミリーとして笑顔でお見送りしたい気持ちであります。

涙を流さず、笑顔で見送る自信は・・・・やっぱりその自信はないけれど、きっとダニーさんは我々に笑顔で見送って欲しいと思っているはずだから、頑張って笑顔でダニーさんを見送るつもりです。

 

ダニーさんに喜んでもらいたいから絶対に試合に勝ちたい。

そして今年は何としてでも優勝して、ダニーさんにその報告をしたいです。

 

ダニーさんは、最後に、我々に対して「ラストチャンスは必ずある!」という言葉を残してくれました。

これは正にダニーさんのスピリットであり、アントラーズスピリットそのものであります。

私はこの言葉を絶対に忘れません。

最後まで諦めなかったダニーさんの命を懸けたこの想い、これを受け継がずしてアントラーズファミリーは名乗れません。

だから、どんな困難にぶつかった時でも、この言葉を胸に前に進み続けることを心に誓います。

 

ありがとう、ダニーさん。

そして、お疲れさまでした。

ひとまずはゆっくりと休んでください。

そしてゆっくり休んだ後は、天国からいつもの笑顔で私たちを見守っていてください。

 

 

 

My Dear Friend

|

« ナビスコ仙台戦前日の練習風景 | トップページ | Jリーグ 神戸戦  »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ナビスコ仙台戦前日の練習風景 | トップページ | Jリーグ 神戸戦  »