« アウェイを攻略する(関西方面新ルート) | トップページ | ナビスコ仙台戦前日の練習風景 »

2014年4月14日 (月)

こんな負け方も・・・

新潟戦を録画で観ました。

スマホでの生観戦は電波状況がすこぶる悪く、〝10秒うごいては30秒止まり〟の繰り返しで、鹿島がずっと攻めているのはわかったのですが、肝心の得点と失点シーンは全く見られず仕舞いでした。

録画で観た感想は「この試合をしてて負けるの?」というのが率直な感想でした。

前半のシュート数こそイーブンだったものの、後半なんて相手のシュートは1本だったのに・・・、確かに危なかったシーンは2回ほどありましたけど、どう感じても鹿島が追加を取るのは時間の問題のように見えました。

決して驕りとかそういったものではなくて、素直に鹿島の試合内容は素晴らしいものだと思えました。

それでも逆転することができなかったことは、これはもう新潟の守備を称えるしかないでしょう。

司会&解説も絶賛していたようにレオ・シルバは最高の出来だったのではないかったですか?

GKの守田も間違いなく〝当たっていた〟といえる日だった思われます。

この二人だけが良かったのではなく、他の守備陣、いや攻撃陣を含めて新潟の守備は素晴らしく機能していたということが、鹿島の逆転を許さなかった一番の要因だったとみます。

「打てよ」と皆さんがおっしゃっているように、打たない、打てない場面は多く、じれったいところもありましたが、それだけのチャンス数を作れていた試合もこれまでよりも多かったと思います。

新潟の守備力は本物で、リーグの中でも1・2を争うものだと思います。

その守備陣を相手に、相手チームの倍以上のシュート数を放った鹿島の攻撃力や支配力もこれまた本物であって、ダヴィ不在の不安を一掃させるだけのチームパフォーマンスが見られた試合だったと思います。

若返りを図りながら、選手層までいつのまにか厚くなってしまっている現在の鹿島アントラーズということが証明される試合となりました。

まだこのチームには能力があっても試合に出れていない選手が沢山います。

ベンチで出場機会のなかった、野沢や植田、そして前の試合でヒーローとなった梅鉢もいますが、ベンチすら入れなかった選手の中には山村、中村、西、杉本、前野といったポテンシャルの高い選手、困った時に頼りになるベテラン中田も残っています。

新潟戦の赤崎の活躍は、こういったチーム内のポジション争いがあったこともかなり影響しているはずで、これから現在先発しているメンバーの累積や負傷による欠場により先発あるいは途中出場するようになる選手たちの登場が楽しみでなりません。

明後日のナビスコも、セレーゾがこういった選手たちを多く試すことがしてみたくなる、最近の新しく起用された選手たちの活躍なのではないでしょうか。

最後にオウンゴールについては、あれはどうしようもないよね。

青木じゃなきゃ、あのクロスに反応すること・触ることができなかったはずであり、岡本の粘りであそこまで攻められたけど、他にあった川俣のヘディングシュートよりも失点の可能性はなかったものでしたから、本当に事故(アクシデント)みたいな失点でしたね。

でも、それで試合は負けてしまうのだから、〝これがサッカー〟と受け入れる以外ありません。

その守備も含めて、この日の鹿島アントラーズの戦いは「負けてなお強し」を本当に感じられる内容の試合でした。

こうなると、落ち込むウィークデーにはならず、嬉しくなる可能性を感じながら過ごせるウイークデーになりますね。

次のナビスコが楽しみでなりません!

|

« アウェイを攻略する(関西方面新ルート) | トップページ | ナビスコ仙台戦前日の練習風景 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アウェイを攻略する(関西方面新ルート) | トップページ | ナビスコ仙台戦前日の練習風景 »