« 試金石となる鳥栖戦 | トップページ | Jリーグ C大阪戦 »

2014年3月18日 (火)

自信となる完封勝利の鳥栖戦とナビスコ前日のクラブハウス練習見学

個人的に、現在の鹿島アントラーズのチーム力を計る試金石となる鳥栖戦だと戦前に予測しましたが、嬉しいことにその時に想像した勝利よりもはるかに素晴らしい内容の勝利を得た鳥栖戦でした。

ゲームの立ち上がりこそ相手のペースで試合が進められたのですが、動きに戸惑っていた時間帯のピンチを守りきったことが大きかったですよね。

徐々に時間と共に落ち着きを取り戻していったアントラーズの選手たちは、激しく当たってくる鳥栖の選手に負けじと素早くしかも強くチャージするようになり、次第にペースは若いアントラーズに寄ってきました。

本当に嬉しい誤算となったダヴィの好調さはこの試合も続いており、相当にコンディションが良いんでしょうね。

また、家族が来日したことも大きい要因なのでしょうか?

やはり、昨年は大迫と〝両雄並び立たず〟の関係だったのでしょうね。

大迫もダヴィがいないワントップがやりやすそうでしたが、今年のダヴィを見ていると去年の大迫を見ているようです。

こうなると、足の具合が心配ですが、行けるところまでガンガン行ってほしいと思います。

ジャイールが加入したり、カイオも十分に通用することがわかったし、何と言っても赤崎がこのままでは黙っていないでしょう。

「ダヴィが居なくなったら・・・」なんて心配は無用です。

十分に選手層が厚みを増してきた今なら、控えに回っている選手たちは、先発組の累積や故障によって回ってくるチャンスを待ち構えています。

このように層が厚くなっているのはFWだけじゃなく、すべてのポジションで同じ現象が起き出しています。

セレーゾが狙いを持ってこの3試合で若手を起用してきた効果が表れてきたような気がします。

2列目は遠藤、土居、豊川が先発していますが、控えには試合ごとにメンバーが入れ替わっています。

中村、野沢、本山、カイオが途中交代で出場し、出番はないものの杉本と新戦力で即戦力のジャイールがいます。

負傷者はおらず、激しいポジション争いが繰り広げられており、先発で出場している土居や豊川、はたまた遠藤に至っても油断したらすぐに先発の座を滑り落ちそうなメンバー構成です。

そして、ボランチは円熟の極みに達している小笠原と、既に、その小笠原とのバランスを調整している立場にいるのではないかとさえ思わせる柴崎、この二人の牙城を崩すのは簡単なことではないかもしれませんが、コンディションが上がってくるとともに二人以上の守備適性を見せたルイス・アルベルト、ベンチ入りさえできなくなった梅鉢、そしてこのポジションには、もともと本職である中田、山村、青木と適性だけを考えたら十分戦力は保有できているチームの状態です。

しかし、最も厳しいポジション争いを繰り広げているのはCBのポジションです。

盤石の青木、故障を乗り越え少ないチャンスをものにした昌子、控えで2試合に交代出場した植田、SBと兼用で使えるのは中田です。

なんと、山村は開幕から3試合ベンチ入りすらできていません。

練習でも元気がないと映ってしまう彼ですが、昨年のレギュラーですから、このままでは終われません。

本領を発揮した時の凄さはみんなの期待通り、チーム随一であることには疑う余地もないでしょう。

昌子も必死です。

緩慢な一つのプレーが、ポジション争いの厳しいCBでは、それが命取りになる可能性は非常に高いです。

すぐに変えられてしまい、その時はベンチ入りすら難しくなるCBのポジション争いがあるからこそ、開幕から無失点を続けることができているのかもしれません。

山本の加入で俄然激しくなったSBのポジション争いも見ものです。

左右両方できる山本は上背もあり、想像以上の守備での健闘があって伊東よりも先に選ばれる選手になっているのかもしれません。

負けじと走り回る伊東がいるのであれば、西と前野は彼ら以上に献身的に動き回らなければならないし、守備力の向上が求められるところです。

二人ともベンチ入りさえできていない現状は、彼らにとっては厳しいかもしれませんが、クラブやサポーターにとっては本当に嬉しいチーム内の競争なんですよね。

鳥栖戦の内容についていろいろ書きたいと思っていましたが、このチーム内競争を眺めることで、鳥栖に勝てた要因も見えてくるといったところでしょう。

Cimg2307

今日のクラブハウス練習は、FC東京戦の前日ということでミニゲームが行われました。

時間的には体調を整える程度の練習量だと思いますが、やはりポジション争いもあって当たりは厳しく、尚且つ控え組の意気込みが先発組を圧倒します。

ちなみに、先発組は鳥栖戦と同様のメンバーです(曽ヶ端だけは今日は姿が見えず、ここには佐藤が入ってました) 。

「勝っている時はメンバーはいじらない」ということもあるのでしょうが、セレーゾはこのメンバーをそれほど大事にはしていないような気がしました。

言い方が悪くなりましたが、意味的にはどうでもいいということではなく、この先発陣」で行けるところまで一気に走ってしまうつもりなのではないでしょうか?

というのも、疲労が蓄積したり、カードの累積によって出場停止となったりした場合でも、一気にすべての選手にそういった状況が襲ってくるわけではないでしょう。

ならば、先に述べたように出場機会を虎視眈々と狙っている選手たちはたくさんおり、しかも、どの選手をみてもほかのチームなら今すぐに先発出場しているであろう選手達ばかりなのでありますから、出場できなくなったポジションに変わって入っても、その選手の能力を考えたら十分にチームとして機能すると確信できます。

だから、明日も先発をいじらないと思うことができるのです。

今日の練習を見たら、アントラーズサポーターなら「なるほどそうだよな!」と理解できると思います。

Cimg2311

カイオのシュートが決まります!

この前には野沢たちの得点もあミニゲームの結果だけなら控え組の圧勝でした。

Cimg2312

ジャイールはサイドでプレーしています。

控え組のメンバーは、

FW 赤崎(カイオ)

MF 中村 野沢 杉本(本山)

MF 梅鉢 ルイス(宮内)

DF 前野 中田(植田) 山村 西

GK 川俣

ですよ!

このチームでも戦えますよね。

先発組と帯同メンバーの一部は、ミニゲームだけでストレッチをして早目にあがりました。

先発組以外で早上がりしたのは、赤崎、本山、植田の3人です。

この3人はベンチ入りするということでしょうか?

Cimg2313

残りのメンバーの練習は、当然まだまだ 続きます。

サイドからのクロスにシュートを合わせる練習です。

ここに残っているメンバーから、更に3人が明日のベンチ入りとなります。

CB 山村、中田、

SB 中田、前野、西、

MF ルイス、梅鉢

MF 野沢、中村、杉本、宮内

FW カイオ、中村、野沢、杉本

ポジションとこなせる選手を考えると上記のようになります。

私の予想では、ルイス、そして調子のいい野沢とカイオではないですかね?

Cimg2315

最後の練習は、恒例の決めあがりシュート練習です。

ゴール脇から早くて鋭いパスをワントラップして、ペナルティエリアの外からミドルシュートでゴールを決めて、更に連続してサイドからのクロスに合わせてヘディングでも足でもゴールを決めれば上がりです。

要するに2本続けて決めればOKです。

最初に決めたのは梅鉢でしたが、無情にも1本目のシュートがエリア内からのものと判断され、結局最後の方まで残ることに・・・。

期待に応えて?か、ジャイールは最後まで残っていました。

何度も彼のプレーを見学できて嬉しかったです。

こういった控え組の練習は暗くなりがちですが、ベテランの中田が大きな声でクロスボールを要求したり、勤めて明るい雰囲気を作り出しています。

更には、セレーゾが率先してボール出しを行い、すべてのコーチ陣が選手たちを鼓舞していて、とっても良い雰囲気の練習となっています。

出来の悪い居残り練習といった雰囲気は一切なく、この雰囲気で練習できることにチームの底上げが裏付けられるのではないでしょうか。

それらを含めて、明日の試合は楽しみです。

あすは仕事が終わってから味スタに参戦しますので、キックオフギリギリになりますが、選手たちに負けないように90分フルで頑張ります!

|

« 試金石となる鳥栖戦 | トップページ | Jリーグ C大阪戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 試金石となる鳥栖戦 | トップページ | Jリーグ C大阪戦 »