« Jリーグ仙台戦 ホーム開幕戦 勝利! | トップページ | 試金石となる鳥栖戦 »

2014年3月11日 (火)

練習試合 明治学院大戦&アントラーズアヒル

ひっさしぶり~の連休です!

ぐっすりと目が覚めるまでベッドで布団にくるまれて、鍼治療、銀行、ドラッグストア、スーパーマーケット、精米、そしてクラブハウスで練習試合見学とタップリ2日間、充実したお休み過ごすことができました。

先週は上の娘が発熱していたのですが、インフルエンザではなくて安心していたところ、今週になって下の娘がインフルエンザ(B型)になってしまいました。

幼稚園は学級閉鎖になるようです。

そして、その娘にかかりっきりで看病していた嫁さんの体調が・・・・、現在37度を超えているようです。

こちらも間違いなくインフルエンザなのでしょう。

私は、週末に名古屋への出張なので、感染しないようにしなければなりませんが、こればっかりはどうなるかわかりませんから、今後の自分の体調変化が現れるのかどうか心配です。

自分のことしか考えていませんね・・・・。

 

今日の練習試合は、そのような都合により、お使いを済ませたりしていたため、後半からの観戦となりました。

Cimg2278

相手の大学生のレベルはお世辞にも高いとは言えませんでしたが、セレーゾの指示により、いつものように プレーを途中で止めたり、急に反対側のCKにしたりして、それなりの攻守に渡る練習効果を求める内容となっていました。

Cimg2279

今日のルイスは、これまでよりもボールが足に付くようになり、ピッチの中央エリアではどこにでも顔を出して、味方のパスを引き出せる位置に移動して、フリーになってボールを受けることができていました。

また、受けたボールをシンプルに味方へはたいたり、ライン際のSBへのロングボールを供給したり、場面によってはバイタルエリアへ鋭いスルーパスを入れたりして、これまでのもどかしい動きしかなかったルイスのイメージとは一変しています。

そして何よりも、バイタルエリアで前線の味方がボールを収めると、「ホウッ、ホウッ、ホウッ」と激しく大きな声を出しながら、長い距離を一気に走り抜け、攻撃に精力的な面もドンドン出てきました。

いよいよ出場態勢は整ったのではないでしょうか?

Cimg2280

本山は、FWなのかトップ下なのか微妙なところでしたが、体は十分に仕上がっていて、いつでも出撃OKのキレキレ状態ですね!

この写真で、本山の前にいる野沢ですが、今日の練習で、彼としては特徴的だったのは(いつもよりも良かったところ)、走る!走る!走る!ダッシュの量が今までとは全然違います。

体調も良いのでしょうが、何よりも気持ちの表れが感じられます。

Cimg2281

山村も足の具合は良くなったようですね。

CBで出場しています。

しかし、それなりにそつなくプレーしていた山村でしたが、この写真を撮った後で、彼がイージーなパスミスをしてピンチを招いたところで、セレーゾの怒りが爆発しました。

「なんでそんな簡単なミスをするんだ。気持ちの入っていない証拠だ! ダラダラしたプレーをするんじゃないよ!お金を貰ってプレーしているんだろ、やる気を見せろ!そんな気持ちでプレーすることは相手に対しても失礼なことなんだ!やる気のない奴は出ていけ!」

山村だけに言ったわけではありませんでしたが、選手はもちろんのこと、スタンドも一瞬でピリッとしました。

その後、ピッチ上の選手たちの動きが変わったのは言うまでもありません。

全然、動きが違うじゃん・・・・。

Cimg2283

CBで出場していた中田です。

彼もセレーゾの檄で動きがより精力的になりましたが、対峙する相手の13番の選手に何度も1対1でやられてしまっていました。

失点につながったシーンも、クルリと交わされた後に相手の独走に追いつけず、GKまで交わされて失点してしましました。

バランスは問題なくても、スピードでやられてしまうのはCBとしては厳しいかもしれません。

Cimg2284

後半では、これといった見せ場がなかった赤崎です。

結構いいところでボールを受けるのですが、勝負どころなのかパスなのか?その選択に迷ってしまって、結局パスは味方と合わずボールをロストしてしまう結果に。

前半はどうだったのだろうか?

後半途中でカイオと交代しました。

Cimg2285

J3でU-22チームに入って途中出場した杉本も練習試合に出ていました。

やはり試合に出場した効果があるのか、ボールを受ける動きから受けてから相手をかわすところや、パスの受け渡しのタイミングとか、今までよりもスムーズになってきている気がします。

試合慣れって、やっぱり大事なんですね。

Cimg2289

カイオも良い意味で遠慮が無くなってきました。

相手のレベルの問題もありますが、大迫バリの反転やスピード感タップリの切り替えしとギアチェンジ。

カイオの良い部分が出せるようになってきています。

但し、自分がボールをもらって最後までプレーしきる場合はいいのですが、前が詰まってしまい、味方にボールを託す時のパス精度が今一つのような気がします。

Cimg2290

セットプレーでは何度もやり直して、色々なパターンを試しているようでした。

小笠原が言っていたように、「まだまだある!」というセットプレーのパターンは、今年もアントラーズの必殺技になるといいですね。

ちなみに、小笠原も後半途中から出場していました。

元気一杯です!

Cimg2286

そして、ピッチ脇で見学していたこの選手は?

もしかすると、今日、オフィシャルからその獲得が発表された『ジャイール選手』でしょうか?

身長179㎝との発表を聞いたときは、セットプレーでもターゲットになれる長身選手でポストプレイが得意そうな選手なのかと思っていましたが、実際に見てみると思ったよりも身長は高くないですね。

豊川(173㎝)や赤崎(174㎝)と身長差はそれほどありませんでした。

実際には175~176センチくらいなのでは?

原理主義さんのブログ記事 によると「千葉時代はFW登録の選手で、独力でドリブルでゴールまで行く選手」とのことですから、ダヴィとのツートップまたはシャドウストライカー的役割を担う選手かもしれませんね。

〝大迫の抜けた穴を埋める選手〟との期待を抱いていましたが、どうやらそういったピースではなさそうです。

まあ、今年はダヴィが去年とは全然違うように、今年には今年のチームのカラーがあって、それによって今まで輝かなかった選手が輝きを放ちだしてしますから、ジャイールも今年のチームカラーにぴったりとはまってくれればと思います。

 

最後に、アントラーズバスダックが発売されていて、売れ行き好調のようです。

値段は全て300円なのかと思っていたら、それは小さいサイズだったんですね。

大きなサイズは1050円と少々お高めだったので、中身は見えないけれど小さいサイズをとりあえず3個購入しました。

25番(遠藤)の白と10番(本山)の赤、そして28番(土居)の白が出てきました。

何と28番の袋には「アタリ」シールが貼られていました。

Cimg2296

「アントラーズアヒル アタリ 」

これは、何かもらえるんだろうか???

来週、クラブハウスの売店に持って行ってみます!

|

« Jリーグ仙台戦 ホーム開幕戦 勝利! | トップページ | 試金石となる鳥栖戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« Jリーグ仙台戦 ホーム開幕戦 勝利! | トップページ | 試金石となる鳥栖戦 »