« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »

2014年2月28日 (金)

明日 Jリーグが開幕します!

いよいよ明日、待ちに待った2014年のJリーグが開幕します。

鹿島アントラーズの開幕戦は、いわずと知れた〝我がホーム〟国立競技場!

実際には、大雪の被害を受けた甲府がホームとなる試合であるが、実際には、これ
まで多くの喜びや悲しみと共に記憶に残る戦いを国立で繰り広げてきたのは我が鹿島アント
ラーズであり、カシマスタジアムに次いで親しみを持って臨める競技場である。

そして、国立競技場はオリンピックのための大改修を控えており、現在の国立で行
われるJリーグの試合としては、ゼロックスでなくこの試合が最後の試合となる予
定である。

記念すべき現在の国立の最後の試合で是非とも勝利して、またひとつアントラーズ
サポーターの記憶の中に喜ばしい思い出として深く刻み付けたいものである。

相手の甲府とは決して相性は良くないが、苦しみながらも相手にも鹿島の怖さを思
い知らせた昨年のホームの試合があり、決して気持ちで負けてはならないことは言
うまでもないであろう。

鹿島サポとしては、キャンプから開幕までのチーム状態を不安視するかもしれない
が、サポーターだけでもチームと選手の力を信じて試合に臨まなくてはなりません。

少しでも選手たちの力を疑う気持ちを持っていては、甲府と戦う以前に気持ちで負
けてしまうでしょう。

だから、「自分たちの応援で選手たちを鼓舞して、絶対に勝つんだ!勝たせるん
だ!」という気持ちで試合に臨まなければならないでしょう。

アントラーズサポーターなら、国立なら、それが絶対にできるはずだ!

「信は力なり」

今更ながらの言葉であるが、選手に頼るのがサポーターではなく、サポーターが頼
るのは自分の気持ちであるからこそ、この言葉をもう一度心に秘めて戦いに望んで欲し
いと思います。

待ちかねたJリーグが始まるんだから、不安なんてないよね!

鹿島アントラーズとアントラーズサポーターにあるのは、『希望』のみ!

さあ、今年も優勝目指してスタートしよう!

| | コメント (0)

2014年2月25日 (火)

2014年 ポスター配り

Cimg2268

2014年のアントラーズスケジュールポスターを、神栖地区のお店に掲示をお願いして配ってきました。

先週の雪の影響で休日が出勤となっていしまい、先週のうちに配る予定だったのですが今週までズレこんでしまい、開幕直前になってしまいました。

鹿島地方卸売市場 様(平泉)

ステーキハウス新富 様(深芝南)

山田酒店 様(平泉)

池田商店 様(平泉東1)
どてちんラーメン 様( 〃 )
エースハウジング平泉東 様( 〃 )
パティシエール 様( 〃 )

ファミリーマート神栖平泉店 様(平泉東2)

ホテルウイングインターナショナル 様(大野原2)
三城(そば) 様( 〃 )
野口履物店 様( 〃 )
伊藤金物店 様( 〃 )
でんきハウスひらの 様( 〃 )

鹿嶋パークホテル 様(大野原3)
庄や 様( 〃 )

ゆの華 様(大野原4)

スポーツランドいやしの癒 様(筒井)
ファミリーマート神栖筒井店 様( 〃 )
ラーメン太平 様( 〃 )
手打ちそば 孫市 様( 〃 )

鹿嶋住宅公園 様(堀割1)

ビジネスホテルBest inn鹿嶋 様(堀割2)

鹿嶋まるみラーメン 様(鹿嶋市)

理容108 様(鹿嶋市宮津台)
みやわき健康薬局( 〃 )

フォトショップ鹿嶋店 様(鹿嶋市)
メガネストアー 様( 〃 )

 

今年も応援よろしくお願いします。

| | コメント (0)

クラブハウス練習見学

Cimg2263

今日は15時30分からの練習開始でした。

鹿世さんと一緒に見学しました。

Cimg2264

ハーフコートを使って攻撃側の練習、その後メンバーを攻守入れ替えて守備の練習が行われました。

Cimg2265

ビブスなしが先発組でしょうか?

こちらには豊川も入っています!

Cimg2266

ビブスなし組のCBは青木と植田です。

Cimg2267

そして、左SBには山本が入っています。

ビブス組のDFラインは5人が並んでいたことから、甲府の守備陣を意識した練習なのでしょう。

攻守が入れ替わった守備練習では、相手の攻撃側にダヴィと山村がツートップで入っていたので、こちらも甲府の攻撃を想定した守備練習ですね。

鹿世さんと意見が一致したのは、土居が消えてしまっていたということです。

ボールが渡らないし、渡ったとしても一瞬でボールをロストしてしまったり、パスがつながらなかったりで1人少ない状態と同じでしたね。

開幕戦本番でも植田で行くのかな~?

それとも、やっぱり山村なのか?

増々わからなくなってきた・・・・。

 

ただ、サポーターはどんなメンバーになったとしても、アントラーズのユニフォームを着てピッチに立った選手を全力で応援するのみです!

| | コメント (0)

2014年2月20日 (木)

今年初めてのクラブハウス練習見学

先週の金曜日に鹿嶋を出てから、大雪の影響により仕事にならず・・・・、本業ができずに、それを出来るようにするための雪掻きで3日間を過ごし、延期されていた本業を、本来であれば休日であった月曜日と火曜日にやるはめに。

そして火曜日の夜に鹿嶋に帰ってくることになったけれど、高速道路は大渋滞で、通常よりも1時間ほど遅れて鹿嶋に到着しました。

先週に引き続き、鹿嶋では関東の大雪が嘘のように全く影響なく、強いて言えば物流が滞ってしまうという影響はあったかもしれないけど、本当に気候や天候には恵まれた街ですね!

雪掻きで体がバリバリ筋肉痛だったので水曜日はお休が前もって予定されていた決算関係の打ち合わせが入っていたため頑張って東京まで仕事に行きましたが、往復の高速バスでは寝過ごしてしまいそうになるくらいぐっすりと眠りこんでしまいました。

今日はようやく代休を取ることができ(半ば強引に休んだみたいなものですが)、念願の今年初クラブハウス練習見学に行くことができました。

嫁さんが発熱のため、子供を幼稚園に送ってから急いでクラブハウスに向かったものの、今日は先にミーティングが行われていて、選手たちはまだグランドに出てきていませんでした。

『あんとランド』で選手たちの状況を確認したら、10時前に一旦ミーティングは終了したようでしたが、すぐに次のミーティングに入った模様で、選手たちを待つ10人くらいの観客は、引き続き寂しくのんびりとスタンドで座って選手たちが出てくるのをじっと待ちます。

すると一人だけ選手がフィジコと共に出てきて練習を始めました。

山本脩斗でした。

「怪我かな?」と思いましたが、行っている練習はそれほどリハビリ的なメニューではなく、素早い動作やスピード切り替え時の動作確認的な練習で、山本も元気に走ることができていたので心配するほどのものではなかったのでしょうね。

その後の全体練習には部分的に合流していましたから、もう〝治りかけ〟のところまできているのでしょう。

さて、その他の選手達ですが、グランドに出てきたのは10時40分くらいだったと記憶してます。

1時間30分もスタンドで座って選手待っていましたが、それほど長い時間待っていたといった実感はありませんでした。

久々にクラブハウスに来たので、その喜びの方が勝っていたのでしょうね。

ちなみに、カメラを持っていきましたが、調子が悪くて撮影できませんでしたので練習風景の写真はありません。

すみません。

練習内容は、グランドの真ん中のエリアだけで(2チームに分かれて対戦する形で)パス回しの練習でした。

この練習でセレーゾが選手に求めていたのはサイドチェンジやロングボールによる展開を大きく切り替えるものではなく、ショートパスを怖がらずにつないでポゼッションするということでした。

「近くにいる選手にパスを出せ」、「怖がらずに顔が見えた選手にボールを預けろ」、「ワンタッチ、ツータッチでボールを繋げ」といった指示が飛んでいました。

その次の練習では、サイドチェンジからセンタリングでして中で合わせてシュート、最後はボランチやCBがミドルシュートを打って終わるものでした。

ここでの指示は、「つまらないミスでボールを失うな」、「正確にタイミングを計って動きだせ」という注意が多かったですね。

このあたりで時間は既に12時を回っていて、更にこの後も練習は続き、結局13時頃まで練習していたみたいです。

そういう私は、次の所要を済ますために12時30分前に上がってしまいました。

今週の休みが今日しかなかったので、色々とやらなければならない家の仕事がありましたので・・・・。

幼稚園のお迎えの時間も迫ってきてましたから。

 

個々の選手評ですが、全体的に見て、ニュースやブログで報されているとおりという印象で、実際に見た印象とこれまで頭の中にあった選手の状態で大きな差がある選手はいませんでした。

ブログやニュースの情報って、結構、信憑性が高いもんだと改めて実感しました。

79年組をはじめとするベテラン勢(野沢含む)は既に仕上がっていて、例年よりも状態は良い感じがしました。

新規加入選手では、カイオの評判が良かったのいで期待して見ていましたが、パス回しで味方の小笠原から守備に回った時の追い込み方を何度も注意されていて、日本語が理解できていないのか反応も今一で、小笠原も最後の方は諦めている様な感じでした。

攻撃力は評判以上だったのかもしれませんが、総合的にはまだまだなんですね。

ルイスは、ベストコンディションに来ていないのではなく、〝こんなもん〟なのかもしれないかもという不安がちょっと芽生えてきました。

その他の選手は、多くのサポーターが「だいたいこんなくらいかな?」と思っている状態とほぼ差はないんじゃないでしょうか?

良い意味でも悪い意味でも、「普通」でしたね。

こうなると、大迫が抜けた分だけ苦戦するという計算が成り立ち、昨年よりも厳しい戦いを余儀なくされることになります。

でも、セレーゾも言っているとおり、単純な戦力の足し引きが結果として現れるものではないのがサッカーであって、大迫の抜けた穴を新たな一人の戦力で埋めることが出来なくても、複数の既存の戦力で賄うことができると思います。

そのためには「連携」を高め、所属する全ての選手が「戦術理解」を共通のものにする必要があるのでしょうね。

今年の鹿島の戦力が、他のチームと比べて劣っているとは全く思えません。

元気一杯の79年組が居て、代表クラスの柴崎や山村、世代代表にも選出されている植田や杉本、ポテンシャルの高さは折り紙つきの中村や土居、大学No1FWであった赤崎、既にチームの軸になりつつある遠藤や青木、これ以外にもSBのレギュラー争いでしのぎを削っている昌子や前野、そして山本に西と伊東、これらの日本人に加え、相手にとっては怖い怖いダヴィがいるのです。

どうして、これで戦力不足だと言われるのか?

今のアントラーズに足らないのは、適材適所といわれるようにすべき選手起用や的確な選手交代、そして先述した連携力と戦術の共通理解ではないでしょうか?

これがあと1週間程度で全て改善されるとは思ってはいませんが、セレーゾもまだ〝試している〟ような雰囲気も感じられたので、週末のヴェルディとの練習試合~開幕までの期間で初めて今年の陣容が見えてくるのかと想像します。

だいたい皆さんの想像通りの布陣で開幕を迎えることになりそうですが、今はそれでも致し方ないという雰囲気が今日の練習から感じ取ることができました。

来週の火曜日にも練習見学に行くことができますので、そこでもう一度「見て」「感じて」きます。

ここから先は、選手たちのポジション争いがさらに白熱したものとなって、チーム力が劇的にアップしていることを期待します。

| | コメント (0)

2014年2月11日 (火)

帰宅難民(雪で高速バスがストップしている時の覚え)

日曜日は、福岡空港で赤いユニフォームを着たサポーターやオフィシャルスーツに身を包んだ選手たちにバッチリ会うことができました。

当然のことながら、選手や監督に声を掛けたりサインを求めたりなんてことは小心者の私にはできるはずもなく、近くに行って眺めることが精一杯でしたけど、それで十分に幸せな気分に浸ることができました。

意外なことに、選手たちの姿を見た時よりも、防寒着の下に赤いユニを着込んだサポを見つけた時の方が気持ちの高揚感が大きかったことは、自分の中での新たな発見でした。

そして、そこからの道中は、既に報道でもあったとおり選手たちと同様に、鹿嶋までの帰宅ができずに都内で帰宅難民になってしまいました。

福岡空港では、選手たちの乗る飛行機(ANA)は1時間遅れで出発となっていましたが、私の搭乗予定の飛行機(ANA)は30分遅れということで、それほどストレスを感じることなく出発することができました(JALは3時間以上の遅れだから、それと比べると相当マシな方でした)。

しかしながら、滑走路での順番待ちもあって、羽田空港に到着したのは予定よりも1時間遅れ。

これによって羽田空港から鹿嶋への高速バスは間に合わず、っと思っていたら「千葉方面の高速バスは全部アウトです」とチケット売り場で教えられ、もし飛行機の到着がバスの発車時刻に間に合っていたとしても、結局は駄目だったんですね。

そこから東京駅を目指すわけですが、高速バスがストップしており、10時も過ぎて電車で帰る方法がないので東京駅に行っても仕方なく、都内で帰宅難民にならざるを得ない状況ならば、いつも泊まっているビジネスホテル(定宿)に行くしかありません。

そのためには京急線を使う方がスムーズに行けるのですが、京急線は「大幅にダイヤが乱れており、蒲田で乗り換えてください。次の列車はいつ来るかわかりません」とのアナウンス。

ならば、ここは雪に強い?モノレールで浜松町に向かうことにして、この判断は正解でした!

浜松町から京浜東北線(山の手線でも同じでしたが)で移動して、雪道で凍った歩道をこけないように歩いてホテルに無事到着し、翌日の鹿嶋への移動方法は朝の交通情報(高速道路の通行止め解除や電車の運行状況)を見て決めることにしました。

翌朝、6時台に目覚ましをセットしていたものの、出張と移動のストレスで見事に二度寝してしまい、嫁さんからの「下りのバスは動いているみたいだよ~」とのメールで8時前に起こされました。

「バスが動いているなら」ということで、良く考えもせずに東京駅に向かい、8時30分過ぎに八重洲のバス停に到着すると、9時00分発のバスの待ち列には僅かな人々が並んでいるだけで、「これはラッキー。9時発なら10時30分過ぎには自宅に着けるな」と安心してました。

ところが、そこからバスは来ず。待てども待てどもバスは来ず。

当然のことながら、雪で通行止めが解除されたばかりで、しかも週明けの月曜日、そして翌日は祝日という最悪の状況で、都内及びその周辺の道路は大渋滞ということでした。

近くにある車庫から出て東京駅に向かうだけの京成バスでさえ、時間通りに東京駅には到着できない状況でした。

「ラチが開かないなら、電車を使うか?」との考えが頭をよぎり、スマホで乗り換え検索してみたところ、東京駅から日暮里へ向かい、そこから京成スカイライナーで成田へ行くと10時過ぎに成田空港に着くことができるとのこと。

そこから、電車ではなく高速バス(茨城交通)で潮来バスターミナルへは30分で行けるので、成田空港におけるバスの待ち時間を計算しても、11時過ぎには潮来に着けそうな状況でした。

「成田から潮来までなら高速道路は渋滞してないだろうから、雪の影響でバスが運行休止にさえなっていなければ大丈夫。最悪、バスが動いてない場合は電車で鹿島神宮まで行って、タクシーで潮来BTに戻って駐車場に停めてあるマイカーへ」とも考えました。

でも、「もう少し待ってバスが到着したら、下りは渋滞も少ないだろうから、やっぱりバスの方が早く潮来に着けるのではないか」との考えもあって、そうこう考えているうちに、後方の並び列を見ると長蛇の列となっていて、最後尾は東京駅の交番よりも遠いところまで・・・・。

一番初めに到着したバスに乗れるだけでも幸運な状況にあることを考えると、更に、もともと優柔不断な私ですから、電車への切り替えを決断できずにズルズルと列に並び続けることに・・・・。

結局、大幅に遅れながらも9時30分に東京駅を出発することができ、とりあえず「11時過ぎには潮来に着けるか」と安心しましたが、なんと!湾岸線まで行くと『浦安-新木場間が渋滞55分』との表示があり、すぐにその渋滞が始まりました。

通常なら5分もかからない距離なのに凄い渋滞です!

運転手さんが機転を利かせて、葛西JCTから中央環状線(堀切方面)にハンドルを切り、その途中の清新町で下道に降りて湾岸線の渋滞回避行動を取りました。

「これはナイス判断!」と当初は思ってましたが、下道も高速同様に大渋滞しており、塩浜付近の道路に戻る頃には並行して走る湾岸線を走る車は殆どいないくらいのガラガラ状態になっており、下道は凍った雪道にタイヤを取られながら動いては止まり、止まってはノロノロ動きの繰り返しで、「やっぱり、高速渋滞の方が渋滞は早く解消されるんだな」と改めて実感。

ようやく市川ICで湾岸線に乗り直し、そこからはいつも以上にスイスイ走り、なんと成田IC以東は雪さえもなく、潮来BTから鹿嶋市内に至っては道路も濡れてすらいない。

大雪に見舞われた都心や千葉とは全くの別世界に驚きました。

鹿嶋はやはり雪に強い!

良いところだ、本当に。

と、鹿嶋の良さを見直しながらも、体と気持ちはストレスたっぷりで、自宅に戻ったのは12時過ぎでした。

う~ん、電車の方が正解だったか・・・・?

「あの渋滞でこの時間ならOKか」と自分に言い聞かせ、予約を遅らせた鍼治療で疲れを癒し、その後、移動疲れに見舞われ、自宅に戻ってから夜になるまでソファーでぐっすりと眠りこんでしまいました。

移動で貴重な休日が1日潰れてしまいました。

でも、体は何とか回復したので、今日は活動再開してクラブハウスに練習見学・・・・と思ったら、選手も同じで、今日は臨時休養になりましたね。

選手の気持ち、よお~くわかります!

選手たちにとっては、キャンプ明けの〝大事な大事な〟たった1日の休日ですから、ゆっくり休んでたっぷり楽しんでくださいね。

福岡の現地に参戦されたサポーターの皆さんも、きっと移動が大変だったことでしょう。

ゆっくりと疲れを癒してくださいね、お疲れ様でした。

また、雪で現地に行けなったサポーターの方も大勢いたことでしょうね。

セレーゾが「サポーターが少なかった」と嘆いてましたが、あの大雪なら仕方のないところです。

福岡の新監督になった野見山さんへの心遣いたっぷりのPSMだったのでしょうが、鹿島側の観客が少なくなってしまったことは残念ですが、来年以降も両チームの交流が続くことになればいいですね。

選手の異動も含めて、新たな関係が構築されることはいいことです!

来年も福岡とのPSMは実施される可能性はありますから、この時期に遠征されるサポの皆さんは、『移動手段の雪対策』もお忘れなく。

私も、次に雪の時に鹿嶋へ帰ることになった時は、思い切った決断ができる自分になっておきます!

| | コメント (0)

2014年2月 9日 (日)

九州の地で

4ー3の辛勝だったようですが、テキストライブで見た福岡とのPSMは若い選手を多く起用したり、交代を多様して、まさに調整段階の一つといった位置付けの試合でしたね。

失点が多かったところを見ると、守備に関しては、まだ全ての選手が戦術を共有できていないのがわかりそうですが、詳細は録画を観てみないと何も言えませんね。

まあ、攻撃面については、ダヴィが得点出来ていることを良しと考えるべきでしょう。

とにかく、大きな怪我人を出すことなくキャンプを終えることが出来て一安心ですね。

今年は例年になく練習試合が多く組まれているので、戦術面の意思統一や共通理解といったことは、これから開幕までに鹿嶋で仕上げてもらいましょう。

私は九州での仕事を終え、今は博多に向かう新幹線の車中です。

これから、福岡空港に行き飛行機で羽田に飛び、羽田空港から高速バスで鹿嶋に帰ります。

もしかすると、福岡空港でアントラーズの選手に会えるかもしれませんね。

細やかな楽しみです。

| | コメント (0)

2014年2月 2日 (日)

2014年 Jリーグ 日程発表

Jリーグから今年のリーグ日程が発表されました。

ナビスコの日程も同時に発表されています。

ホーム開幕戦は仙台とあたります。

珍しく?ナイター(19時キックオフ)での開幕のようですね。

これだと仕事終わりから、車飛ばして鹿嶋に戻ってくればキックオフの頃には何とか間に合いそうな感じです。

セレッソに加入した〝あの〟フォルランをカシマスタジアムに迎え撃つのは3月23日(日)です。

もしかすると、この試合にも参戦できる可能性があります。

ゴールデンウイークまでは水曜日のナビスコしか参戦できないと思っていただけに、ここにきて僅かながら3月開催の試合に参戦出来る可能性が出てきたことは嬉しい限りです。

でも、いずれもまだ確実ではありませんので、仕事の状況によっては当初の予定通り参戦できないこともありますので、最後まで油断できません。

 

今年はW杯の開催もあって、6月の頭から中断期間が始まりますが、これ(中断期間)も例年とはそう変わりはないようですね。

結局、今年も夏休みの時期と秋にちょこっとだけ参戦できそうな感じです。

仕事のスケジュール調整にも限界がありますので、無理してでも参戦したい気持ちは当然ありなんですが、来年以降のこともあるので、周囲の同僚にも負担はかけられないから、ある程度(そこそこ)のところで我慢するしかないです。

今年もスマホ観戦が中心となってしまいそうです。

 

仕方ない、月~火曜日のクラブハウス練習見学で楽しむか!

 

3月 1日(土)14:00 甲府(中銀スタ) ×
3月 8日(土)19:00 仙台(カシマ) 
3月15日(土)15:00 鳥栖(ベアスタ) ×
3月19日(水)19:00 東京(味スタ) ○ 【ナビスコ】
3月23日(日)15:00 C大阪(カシマ) 
3月29日(土)14:00 横浜(日産) ×

4月 2日(水) 19:00 鳥栖(カシマ) ○ 【ナビスコ】
4月 6日(日)16:00 G大阪(万博) ×
4月12日(土)15:00 新潟(カシマ) ×
4月16日(水)19:00 仙台(ユアスタ) ×【ナビスコ】
4月19日(土)15:00 神戸(カシマ) ×
4月26日(土)19:00 広島(Eスタ) ×
4月29日(祝)15:00 清水(カシマ) ○

5月3日(祝)未定 柏 (未定) ×
5月6日(祝)未定 名古屋(カシマ) ○
5月10日(土)未定 川崎(等々力) ×
5月17日(土)未定 徳島(カシマ) ×
5月21日(水)19:00 G大阪(万博) × 【ナビスコ】
5月28日(水)19:00 神戸(カシマ) ○ 【ナビスコ】
6月 1日(日)15:00  清水(カシマ) × 【ナビスコ】

中断前の前半戦は、5試合くらいは行けそうです。もしかするとあと2試合くらいは行けるかも?

あ~、これくらいしか行けないのか。悲しい・・・(涙)

| | コメント (0)

« 2014年1月 | トップページ | 2014年3月 »