« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »

2014年1月30日 (木)

久々に

久々のブログ更新となりました。とはいうものの、〝久々〟の本当の意味は、久しぶりの休日ということです。

年が明けて、仕事はじめから今日まで僅か1日のお休みしかなく、実に7日以来24日ぶりの休日です。

その間、滞在出張 や週末のみの出張、それ以外は東京までの通常勤務の連続で、毎年のことながら精神的にも肉体的にも疲れましたね。

インフルエンザやノロウイスルが会社でも流行しましたが、「休めない」という気持ちから気が張っていたからなのか、又は毎日の手洗いや寝起き&外出から室内に戻った後のうがいが効いていたのか、いずれにしろ今日まで病気にはならずに済みました。

もしかすると、休みになった途端に寝込んでしまうかもしれませんけどね。

今のところは、おかげさまで元気いっぱいです!

 

 

そんなこんなしているうちに、アントラーズの2014年はスタートしていました。

スローガンは「スペクタクル 戦」でした。ついつい、「戦」を「いくさ」と読んでしまうのは私だけでしょうか?(笑)

大迫がチームを去り、期待された新規獲得選手はルイス・アルベルト以降、新たな発表は未だにありません。

カイオの獲得もあって、とりあえず慌てて契約してしまうことはなく、ゆっくりと確実にチームにフィットする選手を探すことに切り替えたのでしょうかね?

ただ、エルゴラでは「もう一人の外国人選手の獲得は間近」とも言われているらしいですね。

セレッソの杉本へのオファーは実らなかったみたいですが、結果的にそれでも良かったのかな?とは思います。

獲得出来たらできたでそれはいいけど、「どうしても」っていうことではなかったと今になって感じることができます。

確かに、杉本クラスなら、私は当然、赤崎のポテンシャルの方が勝っていると思うし、今はその可能性を秘めた状態なのかもしれませんが、大学No1FWの逸材はまぎれもなく即戦力であるはずです。

そう信じています。

キャンプレポートの映像を見る限り、カイオの動きも目を見張るものがあり、予想よりも晴れ姿を見る日は近いのかもしれません。

 

 

そろそろ、明日か明後日にはJリーグの細かな日程も発表されるでしょう。

今年はどのくらいスタジアムにいけるのだろうか?

今年の定期人事異動でも求めるような異動は叶わず、当面、6月までは土曜日の参戦は望めそうもありません。

もしかすると、1回くらいは行けるかもしれませんが、専ら水曜日のナビスコ要員にしかなれそうもないかな?

前半戦で1~2試合くらい土日の試合に参戦できれば御の字です。

 

 

折角の休みだけど、アントラーズは宮崎に行っててクラブハウスには誰もいないでしょうね。

それでも、「鹿嶋」を感じるためにクラブハウスの売店でも覗いてみようかな。

 

とりあえず、明日は行ってみたいところがあるので、クラブハウス経由で神栖方面へドライブでも行ってきます!

| | コメント (0)

2014年1月17日 (金)

ルイス アルベルト サントス ドス サントス

いよいよ来ました!

ようやくと言った方が良いかな?

ルイス アルベルトの加入がオフィシャルから発表されました。

ブラジル人でボランチ、長身で足下の技術も優れた31歳の選手ですね。

最初にルイス アルベルトで検索したら違う選手が出て来ましたので、どんな選手か不安になりましたが、原理主義さんのブログに寄せられたコメントからYouTubeの映像を(途中まで)観たら安心しました。

鹿島アントラーズに足りなかった守備的なMFとして申し分ない実力者だと感じました。

年齢は30歳を超えてますが、79年組を見てもわかるとおり、まだまだバリバリの働き盛りであり、マルキーニョスのような例もあるので心配無用ですね。

それよりも、経験値の高さやピッチ内でリーダーシップを発揮して若い柴崎の手本となることが期待されます。

鋭く激しい出足でボールを相手から奪うプレーなど、今の鹿島の中盤にに求められるところであり、的確な補強となるのではないかとも期待されます。

セレッソのような派手な補強とはいきませんが、小さな補強で大きな効果が発揮されれば言うことありません。

ボランチ出身のセレーゾ監督が選んだボランチなら、その能力を疑う必要はないでしょう。

この後は、噂されるセレッソの杉本健勇を獲得して、ブラジル人の攻撃的MF(個人的にはSBでもいいけど)を獲得できれば、今シーズンの補強はまずまずと言えるのでしょうね!

週末の続報から目が離せません。

| | コメント (0)

2014年1月10日 (金)

最近の鹿島の動向


大迫が渡独して、我が鹿島アントラーズのチーム編成上の話題は静かになってしまいました。

ちなみに、期待していた大迫のサポーターへのメッセージは、彼の人柄を表した非常に心温まるものでした。「また、鹿島に戻ってプレイしたい」といった言葉もあり、個人的には100点満点のメッセージでした。

大迫のこれからの活躍を祈るばかりです。

さて、エースの移籍を受けて、クラブとしてはこの大きな穴を埋める補強に動いているところだと思いますが、この情報を待つサポーターの気持ちとしては「大丈夫なのかな?」と不安がよぎるばかりです。

ここ数日に出た話題は、鹿島原理主義さんのブログによる各種メディアの報道ネタによるものや、その他の鹿島系ブログ、エルゴラ記事からの推察といった類のものしかありませんが、原理主義さんの記事などは信憑性のあるものが多いので鹿島サポとしては毎日の楽しみにさせていただいております。

その話題は、

○西大伍のポルトガル プリメイラ・リーガ マリティモへの練習参加(当初はマリティモのユニを着て向こうの関係者と握手している写真があったので、「これは移籍ほぼ決定か?」と誤解もしましたが)

○鈴木隆雅の栃木への「育成型」期限付き移籍(育成型とは移籍ウインドウに関わらない出場機会を考慮したレンタルシステムらしい)

○(オファーが噂された)マキシ・ビアンクッキがバイーアへ移籍決定→鹿島への移籍は無くなった模様

○(エルゴラ田中滋さんの記事によると)日本人ストライカーの獲得に着手し、年明けから本格的交渉を開始

○(同様にエルゴラ記事から)中盤でプレイするブラジル人選手2人と交渉中で、そのうちの一人とは契約間近

といったくらいですね。

日本人のストライカーで噂(これは全く信憑性のないネットネタですが)によると、鳥栖の豊田陽平か柏の田中順也の名前が挙がっており、どちらもまだ所属チームとは契約更新には至っていないようですね。それぞれに鹿島とは言わず、移籍の噂は出ているようですから、まんざら根も葉もない噂ではないと思います。

一方、外国人選手については全く情報がないのでわかりませんが、中盤の選手ということなので、攻撃的MFとボランチなのでしょうかね?特にボランチは小笠原と柴崎といった守備力よりも攻撃力に秀でた選手が居るので、補強するのは本田拓也のような守備力のあるボランチだと思われます。

とにもかくにも、20日からチームが指導する今年のスケジュールですから、泣いても笑っても来週中にはこれら補強の全容が見えてくることになりそうです。

楽しみにそのニュースを待っています。

追加情報 開幕戦はアウェイで甲府みたいですね。

| | コメント (2)

2014年1月 5日 (日)

大迫、決断!

大迫がドイツへの移籍を決断したようです。

クラブ間の交渉が順調にまとまれば、近いうちにオフィシャルから正式発表があるのでしょうね。

鹿島サポーターとして非常に残念でなりませんが、大迫自身の決断なら尊重するしかありません。

一説には僅か3000万円程度の移籍金と言われていましたが、あらたなニュースでは7500万円位であるとの情報もあったようです。

大迫が決断を急ぐ理由の一つに鹿島の新しいチーム作りがあると思います。

本人的には、6月まで待って好条件の1部チームへの移籍を待ってもいいのかもしれませんが、それでは鹿島の新しいチーム作りに良い影響を与えません。

キャンプから、少しでも早い段階からチームに残るメンバーでチーム作りを始めた方が良いことは間違いありません。

大迫が抜けた穴を埋める新戦力を獲得するためにも、早い段階での方針決定が必要になってきます。

きっと、自分としては出場機会が確約されているから移籍するのではなく、厳しいレギュラー争いを勝ち抜く気概を持って決断したのだと思います。

それはきっと、「鹿島アントラーズのために」という気持ちがあったに違いありません。

まだ、オフィシャルが発表がないので確定ではありませんが、これまで何度も言ってきたように、「行かないで」と言うよりも「成長していつか必ず帰ってきて!」と言いたいです。

そして、誰よりも大迫を愛してきたのは紛れもなくアントラーズサポーターです。

是非、大迫には最後にこのサポーター達に一言でいいからメッセージが欲しいです。

それだけで、これからずっと大迫を後押ししていく糧になりますから!

その一言を待ってます。

| | コメント (0)

2014年1月 1日 (水)

2014年 謹賀新年

2014年 新年あけましておめでとうございます。

今年もよろしくお願いします。

 

今年は元日は鹿嶋で過ごしています。

ということで、恒例の鹿島神宮初詣に出かけてきました。

Cimg2246

参道の人出は多く、正月らしい賑わいを味わうことができます。

Cimg2241

Cimg2242

境内はそこそこの込み具合です。

御守り授与所には長い行列ができていましたが、いろいろな場所に特設授与所が造られているため、比較的すいているところもありましたよ!

一番空いているところは、境内入る手前の自動車お祓い場所に造られた授与所でした。ここはガラガラでした!

Cimg2245

 参道の出店の賑わいが良いですね~。

Cimg2248

 鹿島アントラーズ出張ミュージアムも開設されています!

ハム焼きも、アントン焼やアントラーズバウムも販売されていますよ。

 

鹿嶋って街は季節感をたっぷり味わえる、本当に故郷として良い街だと実感してます。

Cimg2240

今年は福袋を買わない代わりに、「アントラーズおせち」を買いました!

正月だから少しは奮発しないとね。

この重箱が欲しかっただけだったりして・・・・!

| | コメント (0)

« 2013年12月 | トップページ | 2014年2月 »