« 大迫 代表選出! | トップページ | 天皇杯 終戦 »

2013年11月11日 (月)

Jリーグ 湘南戦 湘南の風は強かった

スタジアム参戦されたサポーターの皆さんお疲れ様でした。〝湘南の風〟は強かったですね。時折、晴れ間も覗くお天気のようでしたが、テレビ(録画)で見ていてもロングボールの戻され方が半端じゃなかったですね。どこぞの国で、GKが蹴ったロングボールがワンバウンドして相手GKの頭を越えて、直接ゴールしたというニュースを見ましたが、まさにそんなプレーが起きそうな風の強さでした。鹿嶋も風の強い町ですが、スタジアムはピッチの周囲が高い観客席に囲まれているので強い風が吹いていてもピッチ上はそこまで強くないのでしょうね。湘南の競技場は観客席が低いので、高く上がったボールはもろに風の影響を受けてました。

そんな強風の中、最後まであきらめない選手と参戦されたサポーター達の戦いが、鹿島アントラーズに幸運をもたらしてくれましたね!

審判のジャッジは鹿島よりも湘南に厳しいものとなりましたが、今まで鹿島が味わってきたジャッジと比べれば大した問題ではないでしょう。退場になった直接のプレーだって審判によってはイエロー出しますよ。1枚目の遅延行為に関しても3度ですか?それとも2度だったのかな?蹴ろうとしてやめていれば注意の笛は必ず吹かれるでしょうし、その時にカードを出すような???な審判はJでは珍しくないでしょう?湘南には可哀そうな判定だったかも知れませんが、鹿島なんてもっともっと可哀そうな判定で泣かされたことは多々ありましたから!

それよりも問題なのは、試合後に小笠原が「今日の試合は勝ってはいけない内容だった」と言っているように、相手が1人少なくなってからの戦い方ですよね。10人になった当初は、焦らずに数的優位を前面に押し出してゆっくりとボールを回しならが相手の体力を消耗させるので良かったとは思いますが、通常は、個々の選手の力量を10としてそのうち8か9の力を発揮して戦っているとするならば、途中からそれが5か6くらいの省エネプレーになってしまったことが良くなかったですよね。

そんな力の出し具合だったため、チャンスのカウンターになった時にも、いつものプレーができずに、いつもならば考えられないところでボールロストしてしまって10人の相手に攻め込まれる展開になっていました。ようやく鹿島の選手にスイッチが入ったのは失点してからでしたね。最後には、前半からの数的優位が効いてきたこともあり、鹿島の〝本気〟が勝利を手繰り寄せる結果となりましたが、とても10人の相手と戦っていた試合には感じられませんでした。それだけ湘南の選手が必死になって走り回っていたんでしょうね。〝死にもの狂い〟といった気持ちの面に関しては、はっきり言って完敗です。優勝戦線から脱落するかもしれない状況と、J2に落ちるかもしれない状況というそれぞれの追い込まれた状況の違いなんでしょうね。本当はそれこそ負けてはいけない部分だったんですが、11対10になったことと、鹿島が先制点を取って試合をリードしたということが鹿島の選手達の〝油断〟を生んでしまったのだと思われます。

仕事をしながらのモバイルテキスト観戦でしたが、そんな状況に「多分、大丈夫だろう」との気持ちになっていたことは私も同様でした。でも、何年か前に平塚で試合終了間際に同点ゴールを叩き込まれて茫然自失になった経験を思い出しながら、「油断してはいけない。リードはたったの1点。たった1発決められただけで奈落に落ちる可能性がある。最後まで力を抜くな!」と心の中で気持ちを引き締め直していました。

それでも、やっぱり・・・・、まさかの失点。

ところが、それと同時に大迫の執念の勝ち越しゴールの報が届き、落ち込むことなく歓喜が訪れ・・・・。

何なんだ!

とにかく勝った。良かった~。危ない、危ない。ホント良かったよ。「幸運」以外ないよね。

喜んでばかりじゃなく、改めて気持ちを引き締めなおさなくてはなりません!

それにしても、湘南に勝ちきれたことだけじゃなく、昨日は幸運な結果になることが多かったですね。

同時に行われていた他会場で、首位の横浜が名古屋に敗れ、広島も勝ち点3を取れずに引き分け、更には夜の試合で浦和がリードしながらも最後の最後で同点弾を仙台に叩き込まれて引き分けるなんて!

これで首位との勝ち点差が3点に縮まり、残り3試合で3点差となれば〝現実的な〟優勝が見えてきました。相手次第という状況に変わりはありませんが、とにかく我々がこれからも勝ち続けることが最低条件ですから、鳥栖、C大阪、広島と続く難敵相手にミッション難度の高い試合を勝ち抜かねばなりません。これは「半端ない」至難の業となりますが、「半端ない」大迫が居る限りやれそうな気がしてなりません!

きっと、ベンチ入りすらできなくなってしまった岩政や野沢も「このままじゃ終われない」と燃えているに違いないでしょう。落ち着きの出てきた土居や伊東をはじめとして久々にベンチ入りした植田などの若手も「今がチャンス」と力が入ることでしょう。セレーゾのイメージは来年を見据えたチーム作りなのかもしれませんが、その産物として今年の戦いも「より上位へ」との狙いが「優勝へ」までチーム力がレベルアップしてきたという状況です。

さあ、ここから大切なのは〝勢い〟です!

次節、聖地での戦いでその〝勢い〟を加速させ、一気に最終戦まで走り抜けましょう!

鹿島の〝サポーター力〟を見せつけて、勝ち続けましょう!

 

(追記)

それにしても、この試合のスカパーのカメラワークや画面の切り替えは最悪でしたね。選手のアップを出したかったのか、プレーが再開しているにもかかわらず選手のアップで、コーナーキックの時の切り替えなんて信じられないですよね。最後の見せ場となった大迫のゴールシーンなんて、どうやって(誰からのパスで)あそこまでボールを運んだのかさっぱりわからず仕舞で、リプレイでも同じ映像しか出てこなかったということは、複数のカメラがあっても、どのカメラもボールのあるプレイを映してなかったってこと?お蔭でテレビ観戦者にとっては最後の興奮度合はMAXというわけにはいかなかったです・・・。よくよく考えてもらいたいですね。

|

« 大迫 代表選出! | トップページ | 天皇杯 終戦 »

コメント

http://www.youtube.com/watch?v=YBlK4T7bZS0

ここで、決勝点の流れがみれますよ!

投稿: インテグラ | 2013年11月15日 (金) 20時51分

インテグラさん、お久しぶりです。情報ありがとうございました。決勝点の流れ見えました。遠藤の落としは頭だったんですね。西からのパスもイメージしていたものとは違いました。おかげさまですっきりしました。

投稿: 鹿莫迦 | 2013年11月18日 (月) 11時17分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 大迫 代表選出! | トップページ | 天皇杯 終戦 »