« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »

2013年11月25日 (月)

月曜日のクラブハウス練習見学

鳥栖戦のことについては、今更何を語ることがあるだろうか?

悔しい敗戦であって、今季の優勝を狙うことは現実的に難しくなったのであるが、この一戦を落としてしまったことだけがその原因ではないであろう。

「決めきれない」とか「ジャッジが・・・」とか、いろいろ言うことはできるのかもしれないけど、そんなこと十分承知の上で戦ってきているのであって、この試合に限ったことではない。

そんなこんな全てを含めて、鹿島アントラーズの今年の戦いだったはずであって、選手たちは一生懸命に練習してきたことを出して戦うことができていたのだと思うし、サポーターも懸命に勝利を求めて応援していたのだとも思う。

そう、そういった選手やサポーターの努力もこの一戦だけではなく、この1年間、いやもっと前からずっとずっと続けてきた結果が現在の状況なのであろう。

そのような結果なのだから現実として受け止める以外ない。

ただ、優勝の可能性はゼロではない。

諦めが悪すぎるかもしれないし、ただの強がりかもしれない。

でも、ここでそういったことを現実的に考えてしまったら、心の支えを失ってしまいそうで・・・・、意固地でも、頭が悪いと言われても、往生際が悪すぎると言われても、その気持ちだけは失いたくない。

そして、シーズンが終わったわけでもなく、あと2試合大切な戦いが残っている。

ACLを目指して、来年を目指して、いや、それこそ1%にも満たない僅かな可能性だけど優勝を目指して戦うべき試合が残っている。

いやいや、それこそ小笠原の言っている「全て勝つ」の精神からすると、タイトルや出場権などの目標がなくたって、試合をする限りは、それが練習試合であろうと絶対に勝たなければならない。

それが、鹿島アントラーズであって、ジーコの教えである。

戦う気持ちを失ったアントラーズサポーターはいないと思う。

今まで、一緒に戦ってきたサポーターたちは、どんな時でも、どんな状況であっても、そしていつでも、鹿島アントラーズが戦う限り全力でサポートする仲間だと信じています。

セレッソ、広島、ともに今の状況で戦うには熱くならざるを得ない相手です。

このままでは終われない。

借りたものはきっちり返さなくてはならない。

勝ちたい気持ちは今年一番になってきたんじゃないか!

悔しさやチームへの愛を力に変えて、残り2試合、今年のすべてを賭けて応援しよう。

選手たちを後押ししよう!

今年のメンバーで戦えるのも、あと2試合しかない。

それこそ、本当に悔いのないように、気持ちを込めて応援しよう!

 

 

 

今日、月曜日の練習風景です。

選手たちの姿を見ておきたくて、クラブハウスに行ってきました。

Cimg2142

サテライトメンバーが練習の中心です。

Cimg2143

レギュラー組は軽いジョギングのみのようです。小笠原とダヴィと大迫の姿がありませんでした。

Cimg2144

新旧CBでストレッチです。植田と岩政です。

Cimg2145 

フィジカルだけかなと思ってましたが、ボールを使った練習が始まりました。

Cimg2148

杉本君も練習参加しています。みんなからは「太郎」と呼ばれていました。

昌子もすっかり完全合流しており、対人プレーも恐れずにガンガン行ってます。

Cimg2149

レギュラー組のジョギングは15分程度で終了です。みんなこのまま室内に戻って行きました。

Cimg2151

サテ組はDFラインの練習のようです。ビブスの守備側が練習の主体のようですが、攻撃側も全力で攻めまくります。守備側には、クリアやボール奪取後のラインを上げるスピードを求められていました。

Cimg2152

次はハーフコートを使ってのミニゲームです。スピード感は半端なかったです。怪我が怖いくらいの激しさでプレイしてます。

 

 

3時30分頃に所用のためクラブハウスを後にしましたが、選手たちの気迫のこもった練習を見て、より一層、戦う気持ちが盛り上がってきました。

もう、負けたくない!

セレッソや広島に負けたくない!

奴らの喜ぶ顔など見たくもない!

絶対に勝ちたい。

勝って選手やサポ仲間の喜ぶ顔が見たい!

あと2試合、みんなで今一度気持ちを合わせて、ただひたすらに勝利だけを目指して戦おう!

| | コメント (0)

2013年11月16日 (土)

天皇杯 終戦

何もサポートできてない。

何もしていない。

悔しがることさえできない。

とりとめのない気持ち。

広島との力差そのままの結果なのだろうか?

1つのタイトルと引き換えにするものは、アントラーズにとって大きなものにしなくてはならない。

決して、今日の戦いを無駄にしてはならない。

これまでも、こんな悲しみは何度も乗り越えてきている。

今回もアントラーズファミリーみんなで気持ちをひとつにして乗り越えよう!

まだまだ、今年の戦いは、真の決戦は、これからだ!

下を向いている暇なんてないからね!

明日から、また、みんなで頑張ろう!

| | コメント (0)

2013年11月11日 (月)

Jリーグ 湘南戦 湘南の風は強かった

スタジアム参戦されたサポーターの皆さんお疲れ様でした。〝湘南の風〟は強かったですね。時折、晴れ間も覗くお天気のようでしたが、テレビ(録画)で見ていてもロングボールの戻され方が半端じゃなかったですね。どこぞの国で、GKが蹴ったロングボールがワンバウンドして相手GKの頭を越えて、直接ゴールしたというニュースを見ましたが、まさにそんなプレーが起きそうな風の強さでした。鹿嶋も風の強い町ですが、スタジアムはピッチの周囲が高い観客席に囲まれているので強い風が吹いていてもピッチ上はそこまで強くないのでしょうね。湘南の競技場は観客席が低いので、高く上がったボールはもろに風の影響を受けてました。

そんな強風の中、最後まであきらめない選手と参戦されたサポーター達の戦いが、鹿島アントラーズに幸運をもたらしてくれましたね!

審判のジャッジは鹿島よりも湘南に厳しいものとなりましたが、今まで鹿島が味わってきたジャッジと比べれば大した問題ではないでしょう。退場になった直接のプレーだって審判によってはイエロー出しますよ。1枚目の遅延行為に関しても3度ですか?それとも2度だったのかな?蹴ろうとしてやめていれば注意の笛は必ず吹かれるでしょうし、その時にカードを出すような???な審判はJでは珍しくないでしょう?湘南には可哀そうな判定だったかも知れませんが、鹿島なんてもっともっと可哀そうな判定で泣かされたことは多々ありましたから!

それよりも問題なのは、試合後に小笠原が「今日の試合は勝ってはいけない内容だった」と言っているように、相手が1人少なくなってからの戦い方ですよね。10人になった当初は、焦らずに数的優位を前面に押し出してゆっくりとボールを回しならが相手の体力を消耗させるので良かったとは思いますが、通常は、個々の選手の力量を10としてそのうち8か9の力を発揮して戦っているとするならば、途中からそれが5か6くらいの省エネプレーになってしまったことが良くなかったですよね。

そんな力の出し具合だったため、チャンスのカウンターになった時にも、いつものプレーができずに、いつもならば考えられないところでボールロストしてしまって10人の相手に攻め込まれる展開になっていました。ようやく鹿島の選手にスイッチが入ったのは失点してからでしたね。最後には、前半からの数的優位が効いてきたこともあり、鹿島の〝本気〟が勝利を手繰り寄せる結果となりましたが、とても10人の相手と戦っていた試合には感じられませんでした。それだけ湘南の選手が必死になって走り回っていたんでしょうね。〝死にもの狂い〟といった気持ちの面に関しては、はっきり言って完敗です。優勝戦線から脱落するかもしれない状況と、J2に落ちるかもしれない状況というそれぞれの追い込まれた状況の違いなんでしょうね。本当はそれこそ負けてはいけない部分だったんですが、11対10になったことと、鹿島が先制点を取って試合をリードしたということが鹿島の選手達の〝油断〟を生んでしまったのだと思われます。

仕事をしながらのモバイルテキスト観戦でしたが、そんな状況に「多分、大丈夫だろう」との気持ちになっていたことは私も同様でした。でも、何年か前に平塚で試合終了間際に同点ゴールを叩き込まれて茫然自失になった経験を思い出しながら、「油断してはいけない。リードはたったの1点。たった1発決められただけで奈落に落ちる可能性がある。最後まで力を抜くな!」と心の中で気持ちを引き締め直していました。

それでも、やっぱり・・・・、まさかの失点。

ところが、それと同時に大迫の執念の勝ち越しゴールの報が届き、落ち込むことなく歓喜が訪れ・・・・。

何なんだ!

とにかく勝った。良かった~。危ない、危ない。ホント良かったよ。「幸運」以外ないよね。

喜んでばかりじゃなく、改めて気持ちを引き締めなおさなくてはなりません!

それにしても、湘南に勝ちきれたことだけじゃなく、昨日は幸運な結果になることが多かったですね。

同時に行われていた他会場で、首位の横浜が名古屋に敗れ、広島も勝ち点3を取れずに引き分け、更には夜の試合で浦和がリードしながらも最後の最後で同点弾を仙台に叩き込まれて引き分けるなんて!

これで首位との勝ち点差が3点に縮まり、残り3試合で3点差となれば〝現実的な〟優勝が見えてきました。相手次第という状況に変わりはありませんが、とにかく我々がこれからも勝ち続けることが最低条件ですから、鳥栖、C大阪、広島と続く難敵相手にミッション難度の高い試合を勝ち抜かねばなりません。これは「半端ない」至難の業となりますが、「半端ない」大迫が居る限りやれそうな気がしてなりません!

きっと、ベンチ入りすらできなくなってしまった岩政や野沢も「このままじゃ終われない」と燃えているに違いないでしょう。落ち着きの出てきた土居や伊東をはじめとして久々にベンチ入りした植田などの若手も「今がチャンス」と力が入ることでしょう。セレーゾのイメージは来年を見据えたチーム作りなのかもしれませんが、その産物として今年の戦いも「より上位へ」との狙いが「優勝へ」までチーム力がレベルアップしてきたという状況です。

さあ、ここから大切なのは〝勢い〟です!

次節、聖地での戦いでその〝勢い〟を加速させ、一気に最終戦まで走り抜けましょう!

鹿島の〝サポーター力〟を見せつけて、勝ち続けましょう!

 

(追記)

それにしても、この試合のスカパーのカメラワークや画面の切り替えは最悪でしたね。選手のアップを出したかったのか、プレーが再開しているにもかかわらず選手のアップで、コーナーキックの時の切り替えなんて信じられないですよね。最後の見せ場となった大迫のゴールシーンなんて、どうやって(誰からのパスで)あそこまでボールを運んだのかさっぱりわからず仕舞で、リプレイでも同じ映像しか出てこなかったということは、複数のカメラがあっても、どのカメラもボールのあるプレイを映してなかったってこと?お蔭でテレビ観戦者にとっては最後の興奮度合はMAXというわけにはいかなかったです・・・。よくよく考えてもらいたいですね。

| | コメント (2)

2013年11月 7日 (木)

大迫 代表選出!

ワールドカップ前のとっても大事な時期の国際試合を控えた日本代表に、大迫が選出されたことはアントラーズサポーターとしては非常にうれしい。

オランダやベルギーといった強豪相手に思う存分戦ってきて欲しいと願います。

個人的には、先に選出されてもてはやされている柿谷とは格の違いさえあるのではないかと思っている大迫だから、ここで結果を出すことができればこのままワールドカップ本番でも日本のエースの位置を確保することも可能だと思われます。

本田や香川に遠慮することなく、いつも鹿島でプレイしている様ないつもの大迫で頑張って欲しいです。

久しぶりに気持ちを込めて代表戦を見ることが出来そうです。あっ、でも試合時間は日本時間で深夜か早朝ですか?

これで天皇杯の広島との一戦は大迫抜きで戦わなくてはなりません。対する広島も西川抜きになるけれど、どっちが痛いかと言えば間違いなくうちですね。

それでも代表メンバーを送り出すチームの宿命ですから、他のメンバーで力を合わせて広島を倒すべく頑張るしかないですね。

それと、もう一つ、これは心配しすぎかもしれませんが、ヨーロッパでオランダやベルギーといった強豪とのマッチに大迫が出場した場合、必ずや欧州のチームが注目するに違いないでしょう。

もしかすると、来年早々にも海外移籍の話が現実実を帯びた話になる可能性も否定できません。

我々にとっては辛い話かもしれませんが、篤人を送り出した時と同様に快く大迫を送り出せるように気持ちの整理はしておきたいと思っています(気持ちが早すぎるかもしれませんが)。

今が旬の大迫ですから、旬のうちに送り出してあげて、一段と高いステージで成長してもらって、最後には篤人同様に「鹿島に戻ってきたい」と言ってもらえるように大迫のステップアップをサポートしたいと思ってます。

まずは、今週の湘南戦での大迫に注目が集まります!

その期待に違わぬ活躍をしてくれることを信じています。

頑張れ!大迫!

| | コメント (1)

« 2013年10月 | トップページ | 2013年12月 »