« 無心で戦おう! | トップページ | 琉金 青水の水換え »

2013年10月 7日 (月)

Jリーグ FC東京戦 完勝!

録画観戦終了しました。

国立にて見事な勝利でした。
参戦されたサポーターの皆さんもお疲れ様でした。

今年の正念場になると思っていた試合だけに、ここまでのチーム力を発揮して強敵であった東京を撃破したことは、これからの強い自信につながりますね!

4得点も崩しからのものもあり、素早いカウンターでのものもあり、しかも、すべて別々の選手が得点したということも良い傾向が表れています。

曽ヶ端のビッグセーブで、試合の流れを東京に渡さなかったことが何よりの勝因だと思いますが、GKを含めて、いや全員の守備意識を含めて、攻撃力溢れる東京を相手に組織的な守りが機能したことが一番の収穫ではなかったかと感じました。

再来週に戦う浦和、そしてその次の週に戦う川崎、両チームともに攻撃力が持ち味のチームでありますが、現状ではその2チームよりも強い攻撃力を持った東京を1失点に抑えることができた守備があれば、この2チームとの試合においても相手の攻撃力を恐れることはありません。

今年の課題と言ってもいい守備の構築、岩政から山村への交代、攻撃的ボランチ二人の守備力の向上、野沢&ジュニら遠藤&ジュニ(中村)に変わったことによってサイドハーフの守備意識やクリアボールの収まりが良くなって、鹿島の守備が形になってきました。

失点数が多く、特にアウェイでの不調につながってしまっていたDFの脆さがここにきて安定感を出せるようになってきました。

前野、中田、伊東の献身的な守備は安定感を増すうえで効果的であって、これと比例しないであろう攻撃力をどのようにカバーするかがこれからの課題でしょう。

新井場や篤人がいた時のように、懸命の走りとスタミナでkのポジションを埋める選手が出てきてくれることが理想ですが、前野や伊東にはその要素はあると思います。

彼らが苦しい後半も最後まで走りきることができるように、サポーターの後押しを頑張れば、鉄壁の守りに繋がると信じて、彼らをどんどん応援したいですね。

 

国立をホームのようにすることができたのが強いアントラーズを生み出したと思われます。

本当に素晴らしい応援でした!

大事な正念場での勝利をもたらしてくれたサポーターに感謝です!

 

さあ、ここからは自信を持って次々と襲いかかってくる敵を迎え撃ちましょう。

小笠原が言っていたように、向かってくる敵を1チームずつ倒していき、リーグの最終戦を迎えることが我らの進む道です。

そして、今年最大の目標である「優勝」に向けて、持っている力を1試合1試合全てで出し切って戦いましょう!

私たちは必ず優勝できる!

必ず優勝しよう!

|

« 無心で戦おう! | トップページ | 琉金 青水の水換え »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 無心で戦おう! | トップページ | 琉金 青水の水換え »