« ナビスコ大分戦前日のクラブハウス練習見学 | トップページ | リーグ名古屋戦 御前試合で完勝! »

2013年5月15日 (水)

ナビスコ大分戦 劇的勝利!

ようやくゴールネットを揺らすことができた!

今期公式戦未勝利の大分相手に、負傷者続出でベストメンバーにほど遠い大分に、再三のチャンスを外しまくり、ロスタイムのゴールによってかろうじて勝利を収めることができた。

状況がどうあれ、アントラーズが勝つことが大切。

何と言われようが、こういった苦しい勝利の積み重ねが大事なんだ!

今日の試合、

もしかすると、ロスタイム3分過ぎの青木のクリアの段階で試合終了の笛が鳴ってもおかしくなかった。さらに、そのあとのCKを山村がオウンゴールしそうになりながらもクリアした時点で試合終了となっても仕方なかった。

ロスタイム4分台になっていながら、大分の更なるCKをやらせた九州カルテットの一人である主審の意図は、もはや敗戦の可能性のない(限りなく低いというのが正解だろうが、そうなることは主審は夢にも思っていなかっただろう)大分に残された勝利への可能性を残したのであろう。

そのCKをクリアしようとした中田へのファウルで、本当なら試合終了の笛を吹きたかったに違いない。その笛を吹かせる間を与えず、勝利への可能性を諦めることなく走り出した青木に向かって、素早い絶妙のリスタートパスを出した中村!この流れが切れた、あるいは停滞した瞬間に終了となっていたであろう試合を勝利に導いた鹿島選手たちの駆け上がりと大迫の待ちに待った1発!

90分+5分の決勝点を、「ロスタイム長すぎる」と批判する大分サポはいないでしょう。

14人を相手に勝ちきるということはこういうことだよね!

審判のジャッジに泣かされた教訓を、さっそく次の試合で活かすことができた今日の試合だった。

週末にぽっかりと空いた胸の穴は、今日の勝利で埋まったよ。

 

テレビ観戦でありながら、ゴールの瞬間、家族とマジ喜びで絶叫しながらハイタッチ!

なかなかゴールが決まらず、なかなか交代もなく、イライラばかり募る今日の試合だったけど、最後の最後で身も心も救われた勝利になりました。

 

今日のMVPは、数々のピンチを防ぎ、最後の攻撃を引っ張った青木かな!

そして、間違いなく最大の功労者は、最後まで勝利を信じて声を出し続けたゴール裏のサポーターですね。

テレビを観ながら、映し出されるゴール裏の映像に「諦めるな!」と言われているような気がして、勝利の瞬間にそう感じました!

 

ゴール裏サポーターの気持ちの勝利です。

スタジアムに参戦されたサポーターに感謝です!

|

« ナビスコ大分戦前日のクラブハウス練習見学 | トップページ | リーグ名古屋戦 御前試合で完勝! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ナビスコ大分戦前日のクラブハウス練習見学 | トップページ | リーグ名古屋戦 御前試合で完勝! »