« アウェイ2連戦 前日練習 | トップページ | 静かな週末に驚きのニュース »

2013年4月 9日 (火)

山村和也に足りないものとは

Img_4962 

遠征メンバーが先に練習を終わって上がった後、6人だけ居残ってシュート練習を実施しました(多分、この残ったメンバーが胎動メンバー外だと思われます)。

土居、伊東、鈴木、宮内、豊川、そして山村の6名です。

 

Img_4954 

直近2試合にはサブとしてベンチ入りしていた山村でしたが、今日の練習では最後まで居残り組と一緒でした。

シュート練習を見ていても、シュートセンスは非常に良いし、ヘディングシュートにもパンチ力があり、その前のミニゲームでも、隙あらば前線へのロングスルーパスを狙っているなど、ほかのチームなら間違いなくレギュラーとして出場していると思います。

セレーゾ監督はレギュラー以外のメンバーについて、「戦術理解が不足している」とか「自信を無くさないようにしっかり準備してから試合に出してあげたい」とか言ってますが、今の山村にはいったい何が足りないのでしょう?

練習を見学していて、無理やりそれを探すなら、〝闘争心〟でしょうか。

元々、おとなしいタイプの選手ですから、激しい闘争心を前面に出してプレイするタイプでもないでしょう。

そういうことなら、他の選手にも同じようなタイプの選手はいて、それらの選手たちはレギュラーやサブに入っていることを考えると、セレーゾ監督に山村に足りないものと判断されているのはそれではないのでしょうね。

 

「山村を積極的に起用した方が今のアントラーズにとって良い」と思っている私からすると、山村を使わない理由がわかりません。

 

一体、今の山村和也に足りないものは何なのでしょう?

|

« アウェイ2連戦 前日練習 | トップページ | 静かな週末に驚きのニュース »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アウェイ2連戦 前日練習 | トップページ | 静かな週末に驚きのニュース »