« 明治学院大学戦 | トップページ | ナビスコ開幕だけど試合がないアントラーズは »

2013年3月18日 (月)

リーグ広島戦 録画観戦

日曜日の遠距離遠征ということで、参戦されるサポーターも少なかったようですが、現地まで行かれた皆さんお疲れ様でした。

やっぱり、スタジアムで応援するサポーターがアントラーズにとって何よりも大切な財産です。私は今季まだ1戦も参加できておりませんので、アントラーズの力になれていないことが何よりも悔しくて残念です。

少ないながらも敵地にて送られた選手への声援は、テレビの画面を通しても聞こえてきました。
戦っている選手達には、とても力強かった声援だと思います!

さて、録画を観るまでどのような試合であったかということを、いろいろな情報や選手コメントから想像してましたが、前半は鹿島ペースでスタミナの切れた後半は広島ペースで、ともにオフサイドで取り消された得点は広島の方が悔しかったのだろうというような感じで想像してました。

今朝、録画を観たところの印象は、前半は鹿島ペースというにはちょっと苦しいかな?と思い、後半の方が組織としては機能していたのではないかということでした。
見る目がないのかもしれませんが、私の眼にはそう映りました。

戦術どうのこうのというのはこれまでと同じコメントしか出てきませんので、ここでとやかくいうことはしない方がいいでしょうね。

それでも、ダヴィだけではなく野沢の顔つきがシャープになってきたことや、試合ごとにジュニーニョが切れだしてきたことが目につきました。

少しずつではありますが、個々の選手の調子も、チームの状態も上がってきているのではないでしょうか。

スタミナ切れで足が止まるというよりも、緩急をつけられなくなる程度の体力不足も、きっと今の練習で、苦しい夏のシーズンも乗り切れるようなゲーム体力がつくようになるんじゃないかと期待が高まります。

勝てなかったアウェイ戦ですが、これまで3戦をホームで勝ち点3、アウェイでそれぞれ勝ち点1ずつを獲得して、現在負けなしということであれば、まずまずの結果であると捉えます。
首位とも勝ち点4差は、この時期ではほとんどない差だと考えることもできます。

それでも、「引き分けでよし」という感覚はアントラーズファミリーにはありませんので、終わってしまったことを考えるよりも、次の試合に勝利することだけを考えて、また準備に励まなくてはなりませんね!

次ぎはナビスコ予選でFC東京との戦いとなりますが、現在連勝しているC大阪よりもFC東京の方が強いとみてます。
これまでの相手はACLでの披露や主力選手が不在だったことが我らには有利に働く材料でしたが、今のFC東京はこれらのチームと同等の強さを持ったチームだと思いますので、骨の折れる一戦になることは間違いないでしょう。

サポーターのこれまで以上の声援が勝利のためには不可欠です!

今シーズンは始まったばかりですが、必死の戦いがアントラーズには続きます。
サポーター、選手、スタッフが一丸となって懸命の戦いを繰り広げていきましょう!

|

« 明治学院大学戦 | トップページ | ナビスコ開幕だけど試合がないアントラーズは »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 明治学院大学戦 | トップページ | ナビスコ開幕だけど試合がないアントラーズは »