« 鳥栖戦お疲れ様でした | トップページ | 火曜日のクラブハウス練習見学 »

2013年3月 4日 (月)

鳥栖戦 録画観戦

ようやく鳥栖戦の録画を観ることができました。

いろいろな報道やファンブログを眺めていたら、前半は鹿島が支配して、後半は鳥栖の猛攻って感じにであったのだと思ってました。

まず前半の感想としては「ボールが全然つながらないな~」というものでした。
鳥栖の方が前半も形になっているシーンが多かったように思いました。

鹿島がよく思えたのは得点シーン直後の展開くらいではなかったかと・・・。

後半については、鳥栖の猛攻を〝なんとか〟凌いだのかと思っていたら、守備としてはまずまずしっかりと守れていたのかと・・・・。

前後半ともに世間の見方と異なった見方をしてしまっているのかもしれませんが、正直な感想です。

監督が4年目の鳥栖の戦術は、控え選手にまで及ぶ一人ひとりが身に沁みついているのでしょうね。ボールを奪った後からの複数選手がそれぞれのエリアで動きだして、その連動が攻撃の厚みを増し、一旦ボールをロスとしても、すぐに後ろの選手がサポートに回って奪い返し、人数の足りている前線に送り返すといった展開が素晴らしかったです。

一方の鹿島は、基本的には選手個々のポテンシャルだけで戦っているように見えましたが、それで鳥栖に対して互角近くに戦えているのだから、選手の配置がはまって、戦術理解が浸透すれば間違いなく鳥栖には負けないでしょうね。

悲しいかな、今はそれらがほとんどない状態なので、今回の引き分けで勝ち点1ゲットに文句を言ったら駄目ですよね。
セレーゾ監督もそういったことをコメントしたかったのでしょうね。

攻撃がほとんど形にならなかった原因としては、まずは2列目の選手配置がどうなのかと思いました。
ジュニーニョも野沢も、パサーというよりもサイドのオープンエリアでボールを受けることを好む選手ではないでしょうか?だから、ボランチとFWの間でボールを受けて、それをタメながら前に運ぶ(ドリブル)というプレイがないので、どうしてもDFやボランチからのパスは前線に放り込む単調なロングパスだけになってしまいます。いくらダヴィに高さがあって、大迫がキープしてターンする能力に長けているとは言っても、ボールは収まらないことの方が多いでしょう。

結局はジュニと野沢のタイプが重なってしまっているのでしょうね。

それと、ジュニは相手のゴールラインと自分の間にDFが1人であれば、勝負してクロスを上げることができたり、交わして自分でシュートまで持っていくことが期待できますが、複数の相手をすることに可能性が感じられません。ということは、やはり大迫やダヴィと同じ位置でプレイさせてあげる方が彼の能力が引き出せるのではないでしょうか。
献身的に守備に回って体力を消耗しながらも、果敢に攻撃に挑もうとする彼の姿を見ると心を打たれます。
本来のポジションではないところで懸命に頑張るジュニには、よりベストなポジションで活躍してもらえるように増々応援したくなります。

野沢のFKが戻ってきたことは、戦術が浸透せずに、チームとしてまだ未熟な鹿島にとってまさに救世主となるものですね。

そう考えると、ジュニはFWの控えとして温存し、そこに本山や遠藤、そして中村といったボールをキープして、DFの裏やFWの足元に的確にパスを出せる選手をスタメン起用した方が戦術が機能すると思います。

そして、中田の左サイドですが、鳥栖の攻撃を1点に抑えることができて、また、安定感を感じさせられたのは、この中田が効いているのだと思いました。

しかし、西のサイドを抑えられると、鹿島の両翼は全く羽ばたかなくなってしました。

特に、中田の押し上げがないため、ジュニの守備範囲が広がってしまって、ジュニはより体力消耗してしまったのでしょうね。

青木も頑張っていましたが、前線へのフィードをより有効にするためにはCBに山村、ラインコントロール等より「安定を求めるなら中田を配置した方がいいと考えます。
すると、左SBは前野を起用する以外に道はありません。

前野には、練習で一日も早くセレーゾ監督の信頼を勝ち取ってもらいたいものです。

青木も失点シーンが取り沙汰されるのかもしれませんが、彼も決して足は遅くなく、振り切った豊田を評価すべきなのでしょう。

それ以外の場面では、岩政とともに体を投げ出して、鹿島のCBといえる動きをしていたと思います。
そこまで頑張っているのに、なかなか世間から評価されない青木については、そんな不器用さにもっともっと応援したくなります!

ボランチの柴崎は、水戸戦を見て、「彼が攻撃のスイッチを入れる」と言いましたが、今回は有効なスイッチを入れることはできませんでしたね。
これはやはり、J2の水戸とJ15位の鳥栖とのプレッシャーの違いでしょう。

ただ、前半にちょっとだけありましたが、彼にパスが入って、そしてかれからパスがでると、やはり柴崎は輝いて見えました。

彼自身と彼に対する相手チームのマークによるものだけでなく、最初から話している〝チームとしてのボールのつながり〟に原因があるので、一緒にプレイする選手の組み合わせで十分に変わってくると思います。

守備的な負担を減らしてあげて、攻撃のタクトを振れるようにしてあげるためには、小笠原が守備に専念するか、本田を頭から起用するか、何れかの選択が求められます。

 

それにしても、今回の鹿島の選手たちは、本当によく頑張っていると感じました。

戦術が浸透していない状態で、個々のポテンシャルだけでお互いに頑張りあうだけの戦法の中、これだけできているのですから、1点は取られたものの2~3点くらい救った曽ヶ端を含めて、物足りないと評価する選手は一人もいません。

ゴール裏に参戦された背番号12のサポーターとともに、やっぱり鹿島の選手たちは素晴らしい選手たちばかりです!

私が考えるに、鳥栖はこれが限界であり、鹿島はこれが最低、となれば、見えてくる将来には大いなる期待が抱かれます。

交代のタイミング等々を含めて、指揮官には「こうしたらいいのに」と思うことはたくさんありますが、それは私のようなサポーターが意見するようなものではありません。

散々、戦術云々、選手配置云々述べましたが、個人のブログで、個人の夢物語を語っていると、笑って読み流してください。

私は、当然、セレーゾ監督を応援してますから!

 

明日はクラブハウスに練習見学に行ってきます。

楽しみです!

|

« 鳥栖戦お疲れ様でした | トップページ | 火曜日のクラブハウス練習見学 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 鳥栖戦お疲れ様でした | トップページ | 火曜日のクラブハウス練習見学 »