« ナビスコ開幕だけど試合がないアントラーズは | トップページ | リーグ大宮戦 »

2013年3月25日 (月)

ナビスコFC東京戦 価値ある敗戦

たとえメンバーを8人入れ替えて若い選手主体のチームといっても、アントラーズはアントラーズであって、試合に負けたらやっぱり相当に悔しいものである。

そして、いつもと同じように、敗れてしまった次の週は、得体の知れぬ不安におそわれてしまうものである。

誰が出ていても、ピッチに立った選手を応援するのがアントラ-ズサポーター。

この試合も、最後まで諦めない気持ちと声で選手を鼓舞し続けていたことは、精一杯戦った若い選手たちの頑張りとともに称えたいと思います!

 

 

負けてもいい試合なんてないことは百も承知。

でも、全てが悪かったわけではなく、敗れた中にも収穫はあったし、非常に価値のある試合だったと思います。

 

実は、今日、録画した映像を見るまでは、4失点という結果と幾つかのニュース報道やコメントから、「前半は良かったけど後半はズタズタにやられた」のであろうと思ってました。

若いCBは安定せず、オロオロして隙だらけ、やることなすこと全て裏目に出て、更には期待の両ボランチからのパスは当てのないロングボール、攻め込まれた両サイドはクロスを自由に上げられまくり、前線の選手たちは動きもなく、後ろからのロングボールをほとんど収められず、交代した選手たちは空回り・・・・・、そんな試合風景を想像してました。

 

全然違うじゃないですか!

 

 

確かに失点につながったシーンは、ケアレスなパスミスが原因で、その後のケアに慌ててしまい、守備面の連動がなかったことで浮足立ってしまったことは事実なのでしょうが、それが100%全て彼らの能力評価になるとは思えませんでした。

確認した試合内容は、失点した後も選手個々の能力を活かし、最後まで動き出しのある連動によって、得点の可能性を十分に感じさせることのできる試合が出来ていたと思います。

 

佐藤は4度もゴールネットを揺らされましたが、Gkとして責任あるシーンでは見事に李との1対1をセーブしました。

若い両CBは、岩政や青木には無い〝センス溢れる縦へのフィード〟や〝SBへの正確なロングフィード〟は彼らの可能性を感じさせる場面でしたし、守備面では、崩されながらも必死にカバーして防いでいるシーンも多々ありました。

後半は下がらざるを得なかったSB陣も、前半の攻撃面では、いや後半の最後の方にもありましたが、「これぞ鹿島のSB」といえる攻撃参加が見られました。これまでの3戦の中でSBとしては一番良かった両名だったのではないでしょうか?
確かに、前野のパスミスは目立ち、精度を高め修正することが必要だと思いましたが、その一方で、90分をフルに走れるゲーム体力があることもわかりました。

梅鉢と本田の両ボランチは、期待通りに、梅鉢が相手を追い掛け回し、すり抜けられたとしても本田ががっちりとこれをカバーするといった、見ていて気持ちのいいコンビネーションは見事なものでした。
小笠原と柴崎ではこうはならないでしょう。
スタミナの切れた本田を交代させて、体力に自信のある梅鉢を残してもよかったのかとは思いますが・・・・、走り回っていた分、梅鉢の方がスタミナ切れしていたのでしょうね。

そして、全般的に評価の低い中村ですが、彼にボールが渡ったら殆どボールを奪わませんよね!
スペースに走ってボールを受けない分、運動量は物足らず、消えている場面が多いように思われますが、他の選手が彼をもっと信頼して、相手を一人くらい背負っていたとしても彼の足元にボールを預けたら、もっともっとチームとしてのチャンスメイクが彼のキープとドリブル&パスによって可能になったと思います。

大迫しかなかったボールの預けどころという見方がなされていますが、遠藤も含めて、この中村のところでも十分にタメて展開できていたと思います。
そして彼の一番の魅力はバイタルエリアからの決定力ですから、もっともっとエゴイズムにシュートを打って欲しかったですね(一本惜しいのがありましたけど・・・)。

野沢も、交代直後はいつものように〝はたく〟プレーをして、周囲の選手の負担を逆に増やしてしまっていたように思えましたが、最後の方は献身的に中央で下がってボールを受けて、それを前線へ展開しようとしていたことはこれまでになかったスタイルのプレーだったと思います。

出番がなかったようにいろんな記事で書かれている柴崎と土居ですが、いやいやしっかりと彼らの存在感をアピールできるプレーがありました!

土居のセンスの良さも、画面を通して見ることができました!

更に、ダヴィのこの試合のプレーには『懸命さ』がすごくすごく溢れていると感じました。
もう、立派にアントラーズのストライカーになってくれていますね!
嬉しい限りです。

 

 

キャプテンマークを付けた大迫のプレーは、いつもと違った彼の頑張り(ハッスルプレー)を感じることができました。
懸命に走って戻って相手からボールを奪い取るシーンは涙ものですよ。
小笠原のイメージを重ね合わせてみることができました。

 

それ故に、負傷によって2週間も彼を失うことが惜しまれてなりません。
アントラーズにとっても現状で一番痛い状態となってしまいました。

大迫のポジションには、ジュニーニョに頑張ってもらうしかありませんね!

 

大迫の代わりに次節スタメン入りするのは、遠藤か、本田か、昌子か、はたまた前野か?

色々なオプションがあって、セレーゾがどういった選択をするのか分かりませんが、好調の大宮のスタイルに対抗して、メンバーやシステムを考えるのでしょうね。

 

 

「若手では通用しない」と世間から評価されたFC東京戦の結果でしたが、敗戦の事実は事実であり、ナビスコではもうこれ以上の敗戦は許されない状況となってしまったので、引き続きナビスコを同じメンバーで戦うことはないでしょう。

だけど、この試合でチームに一番足りなかったものは「経験」であり、できればその「経験」を積ませるためにも、次のアントラーズの世代を背負う選手たちによる試合を再び応援したい気持ちで一杯です。

やっぱり鹿島の若手の素材は素晴らしいダイヤの原石ばかりです!

 

我々サポーターは、これらの若いアントラーズの選手たちを不安に思うことは全くありません。

「やっぱり通用しない」と考える必要は一切なく、「鹿島の若手は、次は全然変わっちゃうぞ!(当然、良い方にです)」と期待感一杯に思える試合だったということを信じることです!

 

鹿島の選手は、誰であっても〝われらの誇り〟です。

 

大丈夫!

サポーターは、我らが鹿島アントラーズに自信を持って!

 

 

 

 

 

 

次節、大宮戦、満を持して参戦します!

 

 

いよいよ私にとっての今シーズン開幕戦です。

遅くなって申し訳ありませんでした。

 

 

やったるぞ!

NACK5で、去年勝ちきれなかった借りを返してやるからな!

待ってろ、大宮!!

|

« ナビスコ開幕だけど試合がないアントラーズは | トップページ | リーグ大宮戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ナビスコ開幕だけど試合がないアントラーズは | トップページ | リーグ大宮戦 »