« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »

2012年11月30日 (金)

負けられない戦い

ジョルジーニョ監督の電撃的な退任の報せに、心のざわつきを落ち着かせることができないでいる。

選手たちのように落ち着いて受け止めることができたらいいのだが、やはり唐突感が否めず、心の準備もできていなかったため、気持ちを整理するにはもう少し時間がかかりそうです。
もしかすると、選手たちや多くのサポーターも同じ気持ちなのかもしれない。

J1残留を確定させ、来期に向けて希望しか抱いていなかった状況の中での監督の苦渋の決断であり、驚きとショックしかなかったが、クラブとは相思相愛の関係の中での監督の決断であったことが、アントラーズファミリーにとってせめてもの救いだと感じました。

日本国内であっても、家族からの単身赴任は本人にも家族にも大きな影響を与えます。その影響による精神的負担は、価値観によりその大きさに違いはあるものの家族の生活に常にのしかかってきます。
ましてや、日本人以上に家族を大切にする文化を持つ外国人が、その移動に24時間以上かかってしまう離れた距離に子供だけを残して生活する不安や悲しさは計り知れないものがあるということは十分に理解できます。

クラブへの愛も大きなジョルジーニョ監督が下した決断は、〝どちらを取るか?〟なんて比較のできるものではなく、監督の決断をサポーターとしては支持したいと思います。

そして、これまでアントラーズやアントラーズファミリーに注いでくれた愛情に、ただただ感謝するばかりです。

 

私は、先週の名古屋戦を勝利したことによるJ1残留を喜びましたが、その一方で、この最終戦に一抹の不安を抱いていました。

ACL圏内を目指して必死で戦ってくるであろう柏レイソルは、言わずもがな昨年のJリーグチャンピオンであり、その強さは今シーズンでも衰えてはいなかった。
更には、そのチームのキーマンであるレアンドロ・ドミンゲスが傷を癒して戻ってきているとなれば、普通に戦っても一筋縄ではいかない相手である。

そして、こちらは残留決定した次の試合とあってはモチベーションの低下が心配されるタイミングであり、しかも、順位の変動が及ぼす直接的影響がない状況では選手たちの気合いが抜けてしまうことが危惧されるところです。

そうさせないためにもサポーターとしてホームの雰囲気で気合いを込めようとしていたところであり、その勢いを翌週から再開される天皇杯につなげたいと思っていました。

そこに来てジョルジーニョ監督の退任報道。

最後の聖地での戦いに負けられないということではなく、〝絶対に勝たなくてはならない戦い〟になりました。

これまでも、どんな試合であっても勝たないことを目指さない戦いはありませんでしたが、そういった屁理屈ではなく、これまで目一杯の愛情を注いでくれたジョルジーニョ監督を、聖地での最後の戦いに勝利の笑顔と涙(これは別れの寂しさの涙)で送り出したい。

たったこの1試合の勝利で、ジョルジーニョ監督にサポーターが監督を愛する気持ちをお返しすることができるものではないでしょうが、我々サポーターが聖地でできることは、もうそれしか残されていない。

 

だから、やる!

絶対に勝つ!

勝ってジョルジを喜ばせる!

 

そして、もう一つ。

残りの5試合、すべて勝って、1日でも長くジョルジとともにいる!

元旦の国立で、もう一度、ジョルジーニョにカップを掲げさせる!

 

これからは、アントラーズファミリーにとって意地でも負けられない戦いが始まる。

| | コメント (0)

2012年11月25日 (日)

アウェーを攻略する手抜き版(豊田スタジアム駐車場)

実家まで車で行き、そこから伊勢湾岸道を走って豊田スタジアムへ向かいました。

問題は車をどこに停めて、そこからスタジアムにどのように向かうか?でした。

スタジアム近くに車を停めて歩くことができればそれが一番でしたが、事前の調査ではそれに適した駐車場は見当たらず、名古屋ファンの弟に行き方を聞くのが一番と思い、それに従うことにしました。

その回答は「勘八駐車場からのシャトルバスの利用」でした。

スタジアムまで伊勢湾岸道を使うこと、試合後に鹿嶋まで高速で帰ることを想定しても、それが一番の選択肢らしいです。

勘八ICを降りてすぐに「勘八駐車場・シャトルバスのりば」の看板が見えますので、それに従い進みます。
IC降りたら、まずは左折し側道に出て右折します(クランクのように)。その後、すぐに右折矢印が出るので、その通りに進むと道路の下をくぐり、ICむつながる道路の反対側に出ます。反対側の道を矢印に従って右折し、IC方向に戻るように反対側の側道を進みます。その途中で「帰りはここからICに入るんだな」というポイントもわかります。
あとは山道を矢印に沿って進むと、係員のいる「勘八駐車場」に出ます。

Cimg1185

駐車場に着いたのは開聞の30分前でしたが、まだまだ余裕のキャパです。
名古屋のオフィシャルhpで確認したほうがいいのが、シャトルバスの運行時間ですが、試合開始4時間前くらいからしか動かないのかもしれません。

Cimg1186 

仮設テントでバスのチケットを発売してます。
大人1人500円(往復)で小学生以下は無料です。
駐車場の料金込みですので、我が家は1000円でしたからリーズナブルですよね。
チケットを買ってからバスに乗るときも検札はなく、当然、帰りもスタジアムのシャトルバスのりばに並べば検札はありません。というのも、この駐車場の周辺は山の中ですので、駐車場利用者しかシャトルバスには乗らないからなのです。

駐車場から出るときは「混雑するかな?」と思ってましたが、名古屋がホーム最終戦だったのでイベントしていて出足が鈍ったこともあって、早い時間帯のシャトルバスに乗れたため、比較的早い時間に駐車場を出れました。

ただ一つ、シャトルバスの難点は〝走行速度が著しく遅い〟ということでした。特に往路のバスは道がガラガラであったにもかかわらず、その速度は箱根駅伝の方が早いくらいで、時間がなく焦っている場合には相当イライラすることになります。
時間にゆとりを持って、バスに乗るときは1本遅らせてでも座席に座っていったほうがよろしいかと思われます。
運転手にもよるのでしょうね、帰りのバスは安全運転でかつ順調な走行スピードでした。

Cimg1187 

シャトルバスのスタジアムにある発着場は、バックスタンド側にあり、アウェイゴール裏には発着場から階段上って左に進むとすぐにスタジアム入口がありますので便利な近い場所にあります。

帰りの高速での休憩は、ちょっと頑張って走ってから新東名の浜松サービスエリアがお勧めです。
沢山の鹿島サポーターと会えますので、運転の疲れも癒せますよ。
但し、上り側のサービスエリアには〝うなぎ〟のお店はありません。
下り側にしかないようです。
勝利のご褒美に〝浜名湖のうなぎ〟と思ってたのに食べることができずに残念でした。
うなぎを食する場合は東名の浜名湖サービスエリアをご利用ください。ってことですね。

でも、新東名は道幅が広く、とても走りやすいので、運転の疲労感もかなり軽減することができますね!

| | コメント (0)

アウェイ名古屋戦

先程、名古屋から車で帰宅しました。疲れた〜。

今日は試合前90分前から、ゴール裏はスタンバイ。
芝チェックに出てくる選手に向けて、チームコールとフラッグ&大旗で選手達の気持ちを高めるようにした。
正にホームの雰囲気を作り出そうとみんなで頑張った!
そのまま、ウォーミングアップから試合へと入り、最後まで気合いを切らさずにみんなで声を出し続けた。
良かった。本当に勝って嬉しかった。
身体はボロボロだけど、やっぱりここまでやらないと勝てないんだよね。
毎試合、常にこれくらいのパフォーマンスじゃなきゃ駄目なんだと改めて思った。

幸い、明日は休めますから、喉や筋肉の痛みをやわらげるようケアします。
仕事の人もいるみたいだけど、体調に気をつけて頑張ってくださいね。
本当に頭が下がります。

さあ、来週はリーグ最終戦です。
聖地に集まって、2012年の鹿島アントラーズの集大成を見届けよう!

名古屋まで参戦された皆さん、お疲れ様でした。
喉をお大事にしてください。

Cimg1188

| | コメント (0)

2012年11月18日 (日)

仙台戦 引き分け

 

Cimg1183 

聖地(ここ)で負けたらサポーターの責任

そう思いながら、必死で応援した。

何度叱られても、同じ過ちを繰り返す子供のように、アントラーズの選手達の頭にもデジャブのように感じられた前半だったに違いない。

サポーターの応援も今日は前半から飛ばしていくはずだったのに。

後半頭からの「奇跡を起こせ」でようやく目が覚めたのか、選手達の動きが一変し、押しまくって意地の同点弾!

ジュニーニョがちょっと触れば、逆転まであった試合だったけど、前半のミスと合わせて、勝ち点2を失った試合となってしまった。

これで降格圏との勝ち点差は3となり、次の試合で現実を知らされることとなる。

尻に火がつかなければ力が発揮できない子供のチーム。

その自覚をもって名古屋に乗り込まなければならないと思う。

なりふり構わず、自分の分プラスアルファ走らなければ地獄に落ちる。

今こそ、ジーコスピリッツの一つ「献身」が必要なとき。

選手、サポーター含めて、みんなでなりふり構わず、隣の人の分まで、走り!叫び!戦い!死に物狂いでやらなきゃならない。

みんな、できるはずだよね。

今日失った勝ち点2と引き換えに、選手もサポーターも、その気持ちは掴めたと信じてます。

名古屋で死に物狂いになって戦おう!

Cimg1184_3

| | コメント (0)

2012年11月 7日 (水)

アウェイ大宮戦

勝ちたかったけど、悔しい結果だった。
相手はガチガチに守ってた訳じゃないけど、最後の扉は開いてはくれなかった。逆に危ないシーンが何度かあったけど、まだ、神様には見放されてはいないようだね。
ナビスコの後、鹿島神宮にお礼参りに行ったのが効いたかな。
本当にサポーターの応援で点を取らせようという気持ちがこもった応援だったと思う。今日は結果が出なかったけど、この気持ちで頑張り続ければ、必ず望む結果がついてくるに違いない。
再び、我らの聖地で今日のような応援を繰り返そう!
次は1週間以上試合が開くので、選手もサポーターも体力を回復させて、仙台を迎え撃とう!

やっぱり今日は身体が疲れたよ。足が厳しいね。ナビスコの疲れが抜けてなかったみたい。選手じゃなくて私がね。
選手は私以上にキツイんだろうな。それでも、あれだけ頑張っているんだから、サポーターと励ましあって乗りきらなきゃね!
みんなで頑張ろう!

| | コメント (0)

2012年11月 4日 (日)

ナビスコファイナル参戦記

前日の仕事が終了して、国立競技場に到着したの22時30分でした。
絵画館の駐車場の待ち列に並んだ時には、既に4台の車が並んでいました。
0時前に一度、代々木門のシートをチェックしに行きましたが、その時点で300番にまで到達していました。
前夜の雰囲気を楽しみながら車に戻り、駐車場が空くのは早朝5時30分と聞いて、目覚ましを4時45分に設定し、毛布を被って車中泊。

それでも明け方の冷え込みと寝苦しさから目が覚めたのは4時を過ぎたところでした。
その時間辺りから、絵画館の駐車場待ち列は周回道路をぐるりと回って2周目に差し掛かっておりました。
日付が変わって出発したであろう清水サポが国立に到着するのがその時間になるのか、国立での決勝はナビスコであろうが天皇杯であろうが、こと駐車場に関しては都心のクラブか大阪以西のクラブとあたりたいものである。

実際に駐車場が空いたのは5時15分くらいだったと思いますが、やはりここで恐れていた事態が次々と起きていたようです。
駐車場の開場を気付かずに眠り込んでしまっているドライバーによって、大きく開かれたインコースに2周目に並んでいた車がインコースへと入り込む、いわゆる〝割り込み〟が今回も発生していたようです。
眠り込んでしまっている車は自業自得で仕方ないのですが、その車が止まっていることによって、後続の動けない車が割り込まれてしまうのは納得できないですよね。
その場合、割り込むのではなく、眠っているドライバーを起こしにいくという気持ちの良い行為をしてもらいたいものですよね。

車を停めて代々木門の待ち列に合流すると、既にそこは凄い人だかりとなっていました。
歩道がら溢れた人が道路にはみ出し、道路を挟んだ向こう側の歩道や公園にまで人があふれていました。

こうなると、通常、列整理は予定時刻の7時よりも早まるものですが、そこにいる大会側の警備員は夜間の担当で、待ち列整理時間を調整するのは朝担当の警備班らしく、「整理の時間は7時」との回答。
そこから先は、サポーター達自らによる列整理が始まり、各グループの代表1名のみが列に並び、その他のメンバーは道路を挟んだ反対側の公園で待機することに。
結局、主催者側の判断により7時よりも前に競技場内の入場口前に列移動がありました。

10時の開場後は、座席を確保したのち、すぐにコンコースで紙テープの芯抜き作業が始まります。
手慣れたもので、有志の方々で用意された5000本近くの紙テープでしたが、みんなの協力であっという間に芯抜き作業と配布が終了して、それなりに準備完了しました。
あっという間とは言っても、時間は既に11時30分を回っており、気付けば朝飯もまだで。それ用に買っておいたパンと野菜ジュースを昼飯代わりに食べて、「STORIES」の引き換えに・・・。
代々木門から青山門の引換所に行くまでに10分近くを要し、帰りも同じ所要時間。やはり今日は決勝だということを、ここで改めて実感させられましたね。

本当にゆっくり仲間と話をする暇もなくスタンドに移動し、戦闘準備を開始です。

Cimg1068  Cimg1069

今日の先発で驚いたのは、新井場に代わって出場することとなった昌子でした。
レナトについては「間に合わないかもしれない」という噂が出ていたので「やはり・・・」というような印象でしたが、新井場の先発落ちには「怪我か?」との不安も抱きましたが、サブで入っていたので戦術的変更かと思われました。
その起用が功を奏して、相手のキーマン大前に仕事をさせず、ゴール前の危ない混戦でも体を張って守っていました。
ドゥトラの先発落ちと本田の先発は、チーム全体の守備力強化とドゥトラのスーパーサブ起用として効果が期待でき、試合後半のチーム力強化の期待へとつながります。

そんなチームの戦術とは裏腹に、体力のない高齢サポーターの私の身体は、後半の途中から急激に衰えだし、寒さや水分補給の問題からなのか、まずはタンバリンを持つ右手が攣りだし、食事が少なすぎたのがエネルギーも怪しくなり、延長戦開始前にはゲーフラを持つ両腕が攣りだす始末。

延長戦では柴崎の勝ち越しゴールで、僅かながらエネルギー充填ができたものの、延長後半には、喉は乾くは、腹は減るは、手は攣るは、喉は擦れてくるは、トイレには行きたくなるはで、本当にもうボロボロでした。

それでも、延長戦の間にずっと続いていたエンドレスロールで、何とか最後まで頑張ることが出来ました。

Cimg1070

Cimg1072

Cimg1073

Cimg1075

Cimg1076  

アントラーズにしては珍しい選手のパフォーマンス!

今日の試合はナビスコ20周年記念大会であり、その試合で『20歳』で『20番』の柴崎がMVPに輝いたのは去年のSTORIESの「背番号の物語」ではないですが、何かの縁めいたものを感じずにはいられません。

大東チェアマンもそのようなコメントをされていたようですね。

『16冠』に輝いた鹿島アントラーズと『16年振り』の栄冠を逃した清水エスパルスとの関係にも同じような感覚を抱いてしまいます。

今回のナビスコ大会、鹿島アントラーズは予選からの参戦で、その予選を5勝1敗、決勝トーナメントはこの日の決勝を含めて4勝1分け、通算で11戦9勝1敗1分け。
見事な成績で優勝の栄冠を勝ち取りました。

予選リーグでの成績は、ターンオーバーによる若手やサブ組のメンバーの出場によってもたらされたものであり、怪我で出遅れていた本田が決勝トーナメントではとびきりの輝きを見せ、不動のエース大迫は大会得点王、次代の核となる柴崎がMVPとなり、優勝と共にここ数年で感じることができなかった世代交代の手ごたえもあった大会でした。

優勝は最高だな~!
本当に気持ちいい。

柴崎がPKを決めて先制した時、優勝が決まった瞬間、マックスボリュームⅡを歌っている時、3回も涙を流すことができました。
試合後のセレモニーの時にはもう手を上げることはできずに声だけで選手コールをしてました。
オブラディも体を上下するだけしかできずに、残っている体力はゼロでした。

そんな達成感と気持ちの良い脱力感に見舞われて佇む国立のスタンドと夕日は、何事にも代えがたい幸福の瞬間でした。

Cimg1077  

絵画館の駐車場で渋滞が無くなるのを待っている時間でさえ、たっぷりの幸福感に包まれた時間になりました。

17時30分に駐車場を出て、芝公園のランプから高速に乗ったのが17時40分、レインボーブリッジを渡り東関道を鹿嶋に向かって走る車中は心地よさと疲れと眠たさで、何度も車線をはみ出しながらハッとすることがありましたが、18時50分には無事に鹿嶋に帰ってくることができました。

「ばんどう太郎」で家族と祝勝会がてらの夕食をしましたが、食事の途中でもう起きていることが限界となり、家に帰って風呂に入ってベッドに倒れこんだのは22時30分でした。

そこから見た夢は・・・・。

また再びアントラーズが優勝する夢。

現実にはすぐに大宮との生き残りをかけた戦いが待っているが、夢を現実にするために我々アントラーズファミリーは歩きださねばなりません。

今は体中が筋肉痛で、声も擦れて出ませんが、水曜日には気持ちを入れ替えて大宮に乗り込みます!

我々が流すのは嬉し涙だけだ!

悔し涙を流さないための戦いはまだまだ続く。

『信じる気持ち』を貫こう!

| | コメント (0)

« 2012年10月 | トップページ | 2012年12月 »