« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »

2012年10月30日 (火)

力に変えて

この前の清水戦は、出張先でスマホにてアントラーズを応援してました。

最後の場面では、思わず壁を叩いてしまうくらい悔しかったです!

本当の気持ちを言えば、清水に勝って、選手達には自信をつけて国立に乗り込んでもらいたかった。

でも、残念ながら試合には敗れてしまいました。

 

それでも、下を向く選手やサポーターはいないはずだと確信していました。

何よりも、この私がそうでした。

試合には敗れてしまったけど、その戦い様は誇れるものであったと感じることができました。

 

確かに、相手はベストメンバーではなかったにせよ、それはこちらだって同じこと。

その状況で合い交えた感触としては「やれる!」という気持ちに他ならなかったと思います。

岩政の言った「相手のことを知れて良かった」という言葉も強がりではないと思います。

私は、国立でもこの試合と同じような戦い方ができれば、次に勝つのは我々だと思ってます。

 

決して選手の力やチームの力を過信しているわけでもなく、強がりを言っているわけでもありません。

この試合のような選手の気持ちがあれば、そして、自分たちのサッカーを、戦い方を貫けば、そこには必ず結果がついてくると思ってます!

 

何よりも、この敗戦で「悔しさ」が我らの力に加わりました。

 

勝ちたい気持ちが強い方が勝つ!

きっと、国立での戦いは〝そこ〟の勝負になるのでしょう。

 

勝ちに飢えているのは?

悔しさを喜びに変えたいと思っているのは?

きっと、これらの気持ちは、アントラーズファミリーは清水に負けることはないと思ってます。

 

この気持ちを心の中で思っているだけでなく、声に出して選手と共に戦おう!

国立で!

 

ナビスコカップのファイナリストとして、胸を張って、選手たちの力を信じて、アントラーズの戦い方に自信を持って、アントラーズファミリーみんなで国立へ乗り込もう! 

 

絶対に勝つ!!

| | コメント (0)

2012年10月27日 (土)

全力で!

さあ、今日から清水との2連戦です。
ナビスコの決勝に勢いをつけるためには何としてでも今日の試合は勝たなければなりません。
レナトが負傷してしまったようですが、今は本田や慎三を初めとして戦力は充実してますので、必要以上に心配することはありません。
来週にむけて、手の内をどうのこうのといったことは考えず、今できる全力で清水に立ち向かって欲しいです。
今日、清水に勝って自信をつけて国立に乗り込むことが一番であると思います。
これまで同様、目の前の敵を倒すことだけに専念する鹿島の戦いを貫きましょう。
勝ちましょう!

| | コメント (0)

2012年10月16日 (火)

サブ組のゲーム体力をアップせよ!

今日は、クラブハウスで行われるユースとの練習試合を見に行きました。

auショップで出張時のWi-Fi環境を良くして、スマホでのスカパー観戦をより快適にしようと思い「Wi-Fi WALKER」を購入しに行っていたため、クラブハウスに到着した時は既に試合が始まっていました。

Img_4803

 

実は、サブ組の中でもその状態が一番気になっていたのがジュニ-ニョでした。
ここ2試合ベンチ入りも出来ていなかったので、「これは体の問題なのか?それとも・・・・?」といった不安があり、そういったニュースや情報も耳にしなかったのでとても心配だったのです。

Img_4807

 

ユースとの練習試合にも出場していなかったので、ピッチの周囲を見渡してみるとゲームをしているピッチの向こう側で、新井場や本山と共に別メニュー調整をしていました。

写真でお分かりかと思いますが、スパイクではなくジョギングシューズを履いて走っていました。
単なるジョギンクではなく、それなりのスピードでのショートダッシュもしていたので重症ではないと思いますが、帰り際に歩く姿を見ていたら、どことなく足を気にしながら歩いているように見えました。

「良かった」ということはありませんが、私は〝もう一つの心配〟もしていたので、とりあえずは(重症ではなさそうなことも含めて)良かったと胸をなでおろしました。

Img_4805  

そして、今日の試合には先日の柏戦を累積警告で出場停止となっていた小笠原も出場していました。

Img_4808  

天皇杯の鳥取戦では、体調不良(発熱)をおして120分フル出場して、試合後には痙攣するほどまで消耗していたとの話を聞いてましたが、今日の動きをみるともうすっかり体力の充電は完了しているようで、たとえユース相手でも容赦なしのガツガツプレーで体調復活をアピールしていました。

Img_4806  

もう一人、鳥取戦では悔しい思いをしたであろう隆雅も自分のポジションである左SBでプレーしていました。

天皇杯ではゲーム体力が無く、寒さもあってか、試合途中で足が攣ってしまい十分な働きができなかっただけでなく、得意な攻撃とは裏腹に苦手な?守備で失点につながるプレーをしてしまったことで、彼の補強すべきポイントははっきりしたのではなかったでしょうか?

今日の試合を見る限りでは、そういったウイークポイントを改善すべくプレーしているように感じることができました。

一足飛びに守備がうまくなるものではないのでしょうから、それについては少しずつ経験を積み重ねて行くしかないのでしょうが、1対1に負けない気持ちでプレーしていることは伝わってきたと思いました。

そして、ゲーム体力のアップに向けては、隆雅だけでなく、土居や増田、昌子や伊東といったメンバーからも、そいうった目的をもって試合をしていることを感じることができました。

〝いつもよりもメンバーチェンジが少なかったから〟なのかもしれませんが、ジョルジーニョ監督自身もそういった目的で今日の試合を組んだのかもしれないと思いました。

いつもお世話になっている鹿世さんも、「バックアップメンバーがそれぞれ自分のポジションで練習試合に出たり、練習することができていることが良い」と今日の試合を観ながらおっしゃってましたが、なるほど!土居以外の選手はみんなそれぞれのファーストポジションで試合に出ることができていますよね!

土居は青木ほどではないにしろ、今日の試合でもマルチプレイヤー的な使われ方をしていましたが、これは彼のベースとなる部分のスキルアップとなり、チームにとっても彼ほどの能力を持った選手が複数ポジションをこなしてくれるようになると非常に助かりますからね。

サブ組のゲーム体力アップを計ることは喫緊の課題でありますが、これを図りつつも、それぞれの得意とするポジションでプレーさせることによって、再びチーム内でのポジション争いに火をつけ、そうしてチーム力の底上げを図る効果も期待できるのでしょうね。

何よりも、今の時期にこのように感じることが出きる練習試合を行っていることがチームの状況が悪くないことを物語っていると思います。

2006年のナビスコ決勝直前のリーグ戦でも、決勝で対戦するジェフ千葉との戦いがあり、2試合連戦となったを記憶しています。

この時は、国立に向かう前には「奇跡を起こすしかない、奇跡を起こして優勝する!」くらいの気持ちで、自分の心の中にある不安をかき消していたように記憶しています。

今年のチーム状況は、2006年の状況とは全く違います!

我らの選手たちの力を信じることが出来ていて、自信と誇りを持って今度の2連戦に臨むことができます!

 

今日は途中でカメラの調子がおかしくなってしまい写真は撮れませんでしたが、中田浩二が練習試合にフル出場していました。

心強い選手も復活間近です!

Img_4810

 

そして、久しぶりに山村が走っている姿を見ることができました。

もう骨はついたのだろうか?

いや、もしかするとまだ完全にはついていないのかもしれません。

でも、元気に走りこむ姿を見ることができて良かったです。

時間はかかってますが、怪我の大きさを考えれば順調な回復だと言えるのではないでしょうか?

このまま、一日も早い復活を期待してますが、今は、青木が居て、中田の復活も近い状況なので、ここは焦らず完全な治癒を願います。

| | コメント (1)

2012年10月13日 (土)

国立へ

よっしゃあー!

ライブアントラーズからでもわかるほどの激戦!

統一された意志で、選手&サポーターが一体となった見事な戦いだったのでしょう。

参戦された皆さんお疲れ様でした。
参戦できなかったサポーターの皆さんもお疲れ様でした。気が気でなかったですよね、本当に。

さあ、みんなで国立へ行きましょう!

相手は清水らしいが、リーグ戦で受けた悔しさを国立の舞台で晴らすチャンスも巡って来ました。

今日以上の試合で清水を撃破し、ナビスコを連覇できるよう、明日から再び準備しましょう!

アントラーズファミリーの皆さん、今日は本当にお疲れ様でした。

| | コメント (0)

2012年10月12日 (金)

明日は決戦

明日のナビスコ準決勝第2戦は、相手がどうであろうが、場所がどこであろうが、目の前に立ちはだかる奴らをぶっ倒すのみ!

余計な算段は、チームの勢いや選手&サポーターの気持ちを削ぐだけだ。

勝ちたい気持ちだけ有れば十分だよ!

あとは、我ら選手達の力を最後まで信じ抜いて、一緒に戦えばいいだけだ。

今、出張先に向かう新幹線の中です。
残念ながら、明日は現地に行けないけど、スマホから目を離さず応援します。

スタジアムに行けるサポーターも行けないサポーターも、アントラーズを勝たせたい気持ちは同じです。

現地に行けなくても、ゴール裏のサポーターと同じ気持ちで応援します。

現地に行かれるサポーターの皆さん、私の分も合わせて選手の後押し宜しくお願いします。

アントラーズファミリーみんなの気持ちを一つにして、みんなで国立に行こう!

| | コメント (0)

2012年10月10日 (水)

天皇杯3回戦 ガイナーレ鳥取戦

Cimg0950  

駄目だ、こんな試合してちゃ! 

気持ちでやられているよ。

 

この程度で足を攣っているようじゃ、練習が足りない!

ブーイングが相当な試合。

 

隆雅にあげた試合。

 

とりあえず勝てて良かった・・・・、だけの試合。

 

もう2度と、こんなは試合しちゃいけない!

こんな試合させちゃいけない!

 

気合を入れ直そうぜ!

| | コメント (0)

2012年10月 7日 (日)

勝ったぞ!

Cimg0938

Cimg0940

Cimg0941 勝ったよ・・・。

今日は疲れた~。

眠りたい。

みんな、お疲れさま。

| | コメント (0)

2012年10月 4日 (木)

思いを込めて、週末の東京戦へ

やっぱり、この1週間はもやもやした気持ちが晴れることのない1週間になりました。

アントラーズが勝てなかった次の週はいつもこんな感じになります。

幸い?なことに、今週は仕事が忙しくアントラーズの情報も食い入るように見ることができず、ある意味、気持ちを紛らすことができました。

 

当然のことながら、この気持ちは紛れているだけで、根本的な不安の解消には至っていません。

それを解消できるのは〝勝利〟しかないことは百も承知してます。

 

仕事で忙しい1週間だったけど、頑張ったおかげで週末は普通に休みが取れそうです。

予定通り、開門から聖地に行きます!

 

今、アントラーズが抱えている危機は勝てないことだけではなく、J2への降格争いに巻き込まれる状況となりつつあること、そして、観客の減少に歯止めがかからないこと、そしてそれは経営状況の悪化に直接リンクするということ。

万が一、降格なんてことになったら、これらの全てがすべて関連性をもって、しかもそれはマイナスのスパイラルとなって動き出すことになってしまうのでしょう。

そうすればレギュラークラスの選手の流出、有望新人の獲得難を招き、益々ファン離れが加速し、人気の衰退からスポンサーの撤退に繋がり、経営難からチーム存続の危機となりかねない。

 

いたずらに危機感を煽るつもりはないけれど、今週の私の心の中では、そのような状況に対する自問自答の繰り返しでした。

 

そして、どんな角度から考えても、出てくる答えはただ一つ。

 

『次の試合に勝利すること』

 

そう、ひとつひとつ、これからの試合に勝利すること、勝利し続けることしか答えはありませんでした。

分かり切っている答えを、何度も何度も繰り返し考える。

あ~、こんな思考とは無縁でいたい。

 

やっぱり、絶対に勝たなきゃいけない。

引き分けて良かったなんて試合は、絶対にありえない!

たとえ、それがアウェイの試合であっても。

 

 

私の中で、鹿島アントラーズとは、そして、鹿島の町は、常にそんな状況の中で存在しているんだと。

 

『常勝』

簡単に掲げられる言葉ではないけど、それが無ければアントラーズではなくなってしまう。

アントラーズとして存在し続けていられなくなる。

 

 

気持ちの全てを込めて戦おう。

これからの生活を賭けて戦おう。

 

大袈裟な言い方となってしまったが、今、鹿島サポーターの置かれている状況は、それくらいの思いを賭けて戦う時だと思う。

少なくとも、自分はそんな気持ちで週末の東京戦に臨むつもりだ!

 

一人でできること、一人の声は小さいかもしれないけれど、自分と同じ思いで戦うサポーターは少なくないはず。

その声が集まれば、きっと、チームを勝たせる力になるはず。

きっと、選手に思いが届くはず。

 

そう信じて、聖地のゴール裏に立つ!

| | コメント (0)

« 2012年9月 | トップページ | 2012年11月 »