« 気持ちで負けるな! | トップページ | 思いを込めて、週末の東京戦へ »

2012年9月29日 (土)

惜しかったG大阪戦

テレビで応援しました!

惜しかった・・・、勝ち点3を取ることはできなかったけど、試合内容は悪くなかったと思う。
選手たちの気持ちも十分入っていて、その気持ちとプレーが噛み合っていたんっじゃないかな。
応援の声も良く聞こえてきて、選手たちに勇気と力を与えることができていたと思います。

G大阪相手にボールを支配して試合を進めることができるチーム力があればよかったけど、今の鹿島にはそこまでの強さは求められないだろう。
だから、今日のようなポゼッションされてそれを受ける試合になることは仕方のないこと。

でも、選手全員の意思疎通が出来ていて、戦い方が統率された良い内容でした。

そして、大迫の見事なポストプレーからレナトの黄金の左足がさく裂し、そしてノーチャンスかと思われた相手GKの弾いたボールを、驚くほどのスピードで仕留めたドゥトラの素晴らしいゴール!
先発陣をはじめ、途中から入った本山や遠藤、そして昌子も、選手全員がそれぞれの特徴を精一杯出して、それが組織として機能し始めていると感じることができました。

まだまだ、これを熟成させて確実にチーム力として確立させなければいけないのだろうが、今日の試合は、現在、アントラーズのできる最大限の内容だったのではなかったでしょうか。

でも、チームとして、また、個々の選手たちが、それぞれやらなければならないことが見えた、いや、その感触を掴むことができたと思うから、今度はそれを繰り返して自信につなげることができれば、アントラーズは強さを取り戻すことができるはず。

今日は、レアンドロの恐ろしいほどの決定力にやられてしまったけど、2失点ともにDFの選手を責められるものではなく、本当に敵ながら見事としか言いようがない失点でした。

それでも、それを防ぐことができるようにならなければいけないということは十分に承知している。

だからこそ、今日は勝てなかったけど、勝ち点2を失ったというよりも、あと少しで勝ち点3が取れるところまできたと考えたい。

アウェイでここまで気持ちを出して頑張ることができるのだから、次のホームではさらにこのチーム力を高めた試合にしなきゃいけないですね!

こんなにチームとして意思疎通を図ることができた試合は久しぶりです。

やっぱり、我らの選手たちは信じたとおり、〝やればできる〟選手達ばかりです!

万博で選手と共に戦ったサポーターの皆さん、お疲れ様でした。

惜しい結果に終わってしまいましたが、選手たちの戦いやみんなの応援は絶対にこれからの戦いに向けての大きなきっかけになったはずです!

胸を張って鹿島に戻ってきてください!

気持ちのこもったみんなの戦いを讃えたいと思います。

今日は勝ち点3を奪うことはできなかったけど、やっていることは間違っていない。
選手たちの力も信じた通りのものだった。

焦らずに、慌てずに、この気持ち、この頑張りを続けていこう!

今シーズンの最後まで、苦しいかもしれないけど、みんなで励ましあって頑張ろう!戦い抜こう!

我々は絶対にやればできるから!!

自分たちの力を信じよう!!

|

« 気持ちで負けるな! | トップページ | 思いを込めて、週末の東京戦へ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 気持ちで負けるな! | トップページ | 思いを込めて、週末の東京戦へ »