« 明日はホーム新潟戦 | トップページ | 死力を振り絞って! »

2012年8月25日 (土)

応援が足りなかった新潟戦!

Cimg0931

一発目のコールに賭けていたけど、悔しいかな、新潟サポの一発目のコールで負けてしまった。

 

正直、新潟サポーターは本当にいいサポーターになったと感じさせられた。

 

その昔、J1に上がってきたときは、ビッグスワンで満席となっていても、ゴール裏の声はアウェイのうちの方が圧倒していた。

でも、その時に彼らはじっとうちの応援を見て学ぼうとしていた。

 

今日の一発目のコールは見事だった。

そこに、今日の勝負の行方が表されていたのかもしれない。

 

今日、圧倒的にボールを支配して、攻撃の形をつくり、惜しい場面を何度も作った鹿島の選手達。

ゴールネットまでボールを押し込めなかった最後の原因は、サポの後押しが足りなかった事だと思う。

あとひと押しが足りなかった・・・。

 

選手にブーイングじゃなく、サポーターに、そして自分自身にブ-イングすべき試合だった。

 

このままじゃ駄目だ。

それは選手ではなく、サポーターが!

 

諦めることは絶対にありえないが、危機感を持たなくちゃいけない。

改めて言うが、「ホームでの敗戦はサポーターの責任」だよ!

 

次の神戸戦で自分自身が何ができるか?

サポーター、一人一人に何ができるか?

 

誰も投げ出す人はいないと思うけど、こんな時だからサポーターが何とかしなきゃいけない。

 

9月1日、スタジアムに集まろうsign01

失いたくない奴は、スタジアムで戦おうsign01

聖地で、我々の誇りを賭けて、共に戦おうsign03

|

« 明日はホーム新潟戦 | トップページ | 死力を振り絞って! »

コメント

インファイトが2階席に行ってしまってからホームでの勝率が各段に悪くなってしまった。2階席からのコールでは1階に伝わるまでタイムラグがある上、速いチャントやコールでは声が2階と1階でずれてしまっている。さらに、声も出さないぬるサポが1階席に陣取っているわけだから応援のレベルが低くなっても仕方がない。インファイト(コールリーダー)には是非とも鹿島アントラーズのために1階席に戻ってきて欲しいです。以前のホームでは絶対に負けないアントラーズに、サポの応援から戻して欲しいものです。切に願います。

投稿: かしまるのすけ | 2012年8月27日 (月) 03時37分

かしまるのすけさん、コメントありがとうございます。
インファイトが2階に行ってしまった経緯は多説ございますが、私は「応援の核を作るため」に1階から2階に上がったのだと思っております。従来、1階の中央部分に陣取って応援をリードしていた時でも、その周囲には決してエネルギッシュな人々ばかりが居たわけではなく、その時から〝地蔵〟と呼ばれる方や〝解説者〟達がそこにいたことが問題視されていました。インファイトの中でも〝熱さ〟の違う人々がいて、その実態をどのように打破して一体感のある熱い応援ができるゴール裏にするかということで、本当に熱く応援する意思のある人を選別するためにインファイトの中心は2階に上がったのではなかったでしょうか。
「応援するのに場所は関係ない」、「2階で一体となって応援できる人が中心となるべき」という発想のもと、熱いサポーターは2階、ファミリー(良い言葉が見つからないのでファミリーと表現させてもらいますが、こちらもサポーターの方々に違いはありません)は1階と棲み分けができるはずだったのです。
確かに、応援のズレがコールによっては発生してしまいますが、これすらも大きな応援のパワーにかき消されるはずだったのです。1階ではこのズレを生み出さない集中力が1人1人には必要となってきますが、今の1階にこれを求めるのは無理があるのかもしれません。そして、なにより2階がスカスカの状況になってきてしまっていると聞きます。かくいう私も、家族と一緒に応援する関係上1階で応援しており、ゴール裏一体化の弊害となっています。ダメなんですよ、これじゃ!自らを含めて、何とかしなきゃいけないんです。
2階にいるインファイトの中心が1階に降りてきてくれることを望むのか?それとも、インファイトの当初の目的を達成すべきなのか?1階にいるサポーターは2階のサポーターに変化を求めるのではなく、自分たちが変わることを考えなきゃいけないと思ってはいます。
私を含めて、2階に行きたくても1階に留まらなくてはならない理由があるサポーターがいることは事実であり、理解しなければならないことであると思います。どうすればいいんでしょうかね?

投稿: 鹿莫迦 | 2012年8月27日 (月) 21時54分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 明日はホーム新潟戦 | トップページ | 死力を振り絞って! »