« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »

2012年8月31日 (金)

死力を振り絞って!

明日の神戸戦は本当に落とすことができない一戦である。

神戸との勝ち点差や優勝、上位進出という尺度だけでなく、「降格圏」という言葉に現実味を持たせてしまうことにもなりかねないからである。

その大事な一戦だが、今の鹿島のチーム状況は苦しいの一言で表せてしまうことができるほどよろしくない。

 

今の神戸は、少なくとも現在の鹿島よりもチームとしての力は充実してきていると思われるし、大久保の出場が微妙とはいえ、野沢や田代、そして伊野波といった面々が、他チームとの試合とは比べものにはならないくらいの高いモチベーションで挑んでくるであろう。 

中でも、春のナビスコで屈辱を味わった野沢の『勝利への執念』は並々ならないものがあるだろう。

たとえ鹿島が万全の状態であっても、彼らを迎え撃つことは至難の業であると思われる。

 

このことに加え、鹿島の選手たちは満身創痍の状態にある。

 

中田の負傷を完全に埋めてくれることを期待していた山村は、悪質なファウルで今季絶望とまで言われる状態となり、何とか戻ってきてくれそうな小笠原も未だ爆弾を抱えていることに変わりはなく、明日の試合で再発させてしまうことも懼れなくてはならない。

そして、今週の練習で慎三にも問題が発生しているらしく、明日の試合に出場できるかどうかはジョルジの判断に委ねられてるような状態と聞く。

更には、本山も再び・・・・。

 

西やドゥトラ、そして大迫が戻ってくる代わりに、これまでチームの核として頑張ってきた〝若きエース〟柴崎が累積による出場停止。

どうすれば神戸に勝てるのだろう?

 

気力しかないだろう。

 

そして、神戸以上に強くて盤石の態勢にあるのが柏レイソルというチームである。

 

中3日でその柏と戦わなくてはならない。
トーナメントという、まさに失点すら許されない試合を!

 

その試合には岩政が不在となる。

苦しいチーム状況の中でも最も苦しいCBの要である岩政が代表に招集されることとなった。
アントラーズのサポーターとしては、彼の代表選出を喜んでやらねばならないところであるが、本心では使われない可能性のある代表招集よりも、今は鹿島のためにナビスコやその次の天皇杯に出場してもらいたい。

 

その天皇杯だって、一番危険なのが一発目の戦いであることはこれまでの天皇杯を戦ってきた歴史から疑う余地のないところであろう。

たとえ、相手が格下であろうが、相手の方が試合間隔が短かろうが、そんなことは関係ないくらい、Jリーグチームとの戦いに120%の力で挑んでくる鹿島にとっては危険な試合だ。

 

今の鹿島のチーム状態でこれら3連戦を勝ち抜くことは簡単なことではない。
いや、相当に困難なミッションと言えるだろう。

 

今の鹿島に出せる力は、「絶対に負けられない!絶対に勝つんだ!」という強固な気持ちしかない!

そして、我らの選手たちの底力を信じる気持ちしかない!

 

正に〝死力〟を振り絞って戦う3連戦となる。

 

気持ちで負けたら、そこで終わる。
気持ちが切れたら、それが最後となる。

 

絶対に気持ちで負けない!

 

その覚悟を持って、明日は聖地に臨む!

| | コメント (0)

2012年8月25日 (土)

応援が足りなかった新潟戦!

Cimg0931

一発目のコールに賭けていたけど、悔しいかな、新潟サポの一発目のコールで負けてしまった。

 

正直、新潟サポーターは本当にいいサポーターになったと感じさせられた。

 

その昔、J1に上がってきたときは、ビッグスワンで満席となっていても、ゴール裏の声はアウェイのうちの方が圧倒していた。

でも、その時に彼らはじっとうちの応援を見て学ぼうとしていた。

 

今日の一発目のコールは見事だった。

そこに、今日の勝負の行方が表されていたのかもしれない。

 

今日、圧倒的にボールを支配して、攻撃の形をつくり、惜しい場面を何度も作った鹿島の選手達。

ゴールネットまでボールを押し込めなかった最後の原因は、サポの後押しが足りなかった事だと思う。

あとひと押しが足りなかった・・・。

 

選手にブーイングじゃなく、サポーターに、そして自分自身にブ-イングすべき試合だった。

 

このままじゃ駄目だ。

それは選手ではなく、サポーターが!

 

諦めることは絶対にありえないが、危機感を持たなくちゃいけない。

改めて言うが、「ホームでの敗戦はサポーターの責任」だよ!

 

次の神戸戦で自分自身が何ができるか?

サポーター、一人一人に何ができるか?

 

誰も投げ出す人はいないと思うけど、こんな時だからサポーターが何とかしなきゃいけない。

 

9月1日、スタジアムに集まろうsign01

失いたくない奴は、スタジアムで戦おうsign01

聖地で、我々の誇りを賭けて、共に戦おうsign03

| | コメント (2)

2012年8月24日 (金)

明日はホーム新潟戦

練習試合で負傷していた本山も、その後の練習状況から明日は大丈夫そうですねgood

そして、練習試合に参加していた植田君の入団内定も新聞紙上で記事となっていました。shine
嬉しいことです。happy01
後は、クラブからの正式な発表を待つばかりです。

さあ、いよいよ明日は今年初の土曜日リーグ戦のスタジアム参戦です。
これまで、水曜日のナイターや祝日ゲームしか参戦出来ていませんでした。
また、参戦できてもアウェイとかだったり、とても鹿嶋の住人とは思えないような参戦状況でしたが、いよいよですsign01

チームの現状はとても苦しい順位になっており、明日の新潟にもここ8戦勝ち星なし、といった状況ではありますが、ここがサポーターの力の見せどころですよねrock

明日は鹿嶋の花火大会も開催されるので、スタジアムから帰るときは勝利の祝砲となっているように、悔いのない戦いをしたいと思います。

明日、スタジアムで共に戦うサポーターの皆さん、よろしくお願いします。

| | コメント (0)

2012年8月20日 (月)

ただの練習試合ではなかった、関西大学戦!

今日は16時からクラブハウスで関西大学との練習試合でした。

Img_4753  

試合前、ピッチで一人ドリブルをする小笠原です。
太腿の肉離れ寸前なのでしょうね。
無理しないで欲しいと思ってます。

Img_4758

 サブ組中心のいつも通りの練習試合かと思ってましたが・・・。

Img_4759  

DFで出場する昌子。

Img_4760

 そして、ボランチで出場の梅鉢。

Img_4761  

今日は右サイドバックで先発の土居。

Img_4763

浦和戦にも途中出場した本山は2列目(MF)で増田とコンビを組みます。

そして、今日の試合がただの練習試合ではなかった理由は・・・、この人の先発出場です。

Img_4764  

なんとsign01植田君ですsign03

どうして、この時期に鹿島の練習試合に彼が・・・。

わざわざ、アントラーズに断りの挨拶に訪れた訳ではないでしょう。
そして、進路を決定しようかというこの時期に、再び鹿島の練習に参加するということは・・・shine

あの山村でさえ、進路発表間近には鹿島の練習に参加しなかったのに、今日、彼がわざわざ九州(代表試合からそのまま来たのでしょうが)から鹿嶋に来たということはsign03

嬉しい期待をせずにはいられませんheart04

でも、アントラーズサポーターである私は、最後の最後、彼の進路が発表されるまでは気を緩めてはいけないと、自分自身に言い聞かせています。

喜ぶのはクラブから正式な発表があってからsign03
そう心に言い聞かせます。

Img_4765  

再び試合に目を向けて、ボランチ出場の本田です。
非常に動きが良くなってきましたね。
小笠原キャプテンの具合次第では、今週あたりからベンチ入りの可能性もありそうです。
十八番のフィードに磨きがかかってきました。

Img_4768  

先発GKは佐藤です。

Img_4769  

攻撃的MFで先発した増田です。
後半はダイヤモンド型のトップ下に位置して、後方からのパスを引き出すシーンは良かったと思います。

Img_4770  

先発FW2人はジュニーニョと岡本です。

Img_4771  

岡本は前半に1得点して、90分間フル出場でした。
もう少し前線でボールを引き出す動き出しが欲しかったです。
攻撃の形がほとんど作れませんでした。
もう少し彼はできるはずなんですが・・・。

Img_4772  

前半の途中で、本山が空中のボールを受けようと飛び上がった時に、相手選手のスライディングを受けて巻き込まれて、着地時に足首を捻ったようで交代しました。
ちょっとやばい雰囲気でしたsweat02
すぐにロドリゴがケアをしていましたが・・・・。

Img_4773  

本山に代わって入ったのは宮内です。
彼は後半にユースの選手と交代となってしまいました。down
本人は非常に悔しかったannoyのではないでしょうか。

Img_4774  

先週の練習にも参加していた人ですね。
話をしている人はスカウトの方でしょうか?

Img_4776  

隆雅も代表から帰ってきてましたが、どうやら試合に出場して負傷ようで、今日もこのように中田と練習試合を見学してました。
中田は鳥栖戦直後は松葉杖で、左足首がパンパンに腫れてましたが、シューズが履けるようになるまで回復しているようです。
8週間との発表でしたが、それよりも早い復帰が期待されますね。

Img_4778  

小笠原は左太腿にサポーターを巻いています。
やはり、今週末は現実的には厳しいと思います。

今日の段階で故障者は、中田、隆雅、小笠原、そして本山といったところでしょうか。

次の試合に出られないのは、上記の故障者と累積警告4枚の大迫、ドゥトラ、西となれば、台所事情としてはピンチですよね。

大迫→ジュニーニョ
ドゥトラ→遠藤
西→増田または青木
小笠原→青木または本田

本山に代わってベンチ入りするのは?

リザーブメンバーは岡本、土居、本田、梅鉢、昌子、佐藤といったメンバーに、伊東か中川のどちらかが入ることになりそうですね。

今日の試合で左右のSBをやっていたので、伊東なのかな?

Img_4779  

レギュラー組は、ハーフタイムを利用してジョエルトンコーチの指導を受けてます。

Img_4782  

今日の本田は守備も激しく、攻撃の起点となるパスを送り出していました。
ほんとに良かったgood

Img_4783  

岡本がもうちょっとポストプレーが得意だったらな~。
裏への抜け出しはきらりshineと光るものはあったけど。
やっぱり、物足りない。

Img_4785

FKのチャンス。
ボールのところには増田と土居ですが、土居の立ち位置では、右利きの土居が蹴らないことは明らかです。

Img_4786  

良い位置なんだけど、増田のFKはゴールの上に・・・・。
個人的には土居の方がFKは得意なんじゃないかと思ってます。
やっぱり、先輩に遠慮して蹴れないんだろうな。

Img_4788  

後半途中からGKは川俣に代わりました。
彼の声は良く通りますsign01

Img_4789  

後半からジュニーニョに代わって中川が出場です。
前に仕掛ける意識は〝チーム一〟なんじゃないかな!

Img_4792  

植田君は「早い」、「強い」、「高い」3拍子揃ってますsign01

昌子よりも安心して見ていられました。

後半には相手に2点目を取られ、リードを許す展開になりましたが、土居のCKから彼のヘディングで落としたボールがゴールに押し込まれて同点になりました。

試合は結局2-2の引き分けでしたが、攻撃の形が作れなかった(前線でボールの収まりどころがない。サイド攻撃が非常に少なく精度に欠ける)試合内容よりも、植田君のワンプレー、ワンプレーに目が惹きつけられました。 

近いうちに、良い発表が聞けたら嬉しいですsign03

| | コメント (0)

2012年8月18日 (土)

浦和戦 悔しい!

俺たちは、まだ死んじゃいない!

あの熱い気持ちを持ったリーダーがいる限り、戦う気持ちは失せることはない!

ここからが本当のアントラーズの底力を見せるとき。

顔を上げて立ち上がろう!

そして、戦おう!

| | コメント (0)

2012年8月14日 (火)

お盆休みのクラブハウス練習見学

今日は夕方16時からクラブハウス練習でしたが、選手たちがグランドに出てきたのは16時40分過ぎ、いつもよりは早目かな?

rain予報もすっかり晴れsun上がって、スタンドからは逆光となってしまいましたので、写真はやや暗めになってしまいました。
ご容赦ください。

Cimg0907  

今日いなかった選手は、代表組の岩政と隆雅、怪我hospitalの中田と別メニュー調整の大迫です。
それと、明日までお休みの山村が不在でした。

でも、大迫はフィジコとともにグランドで調整していましたので、その動きや練習内容から、週末の浦和戦までには戻れそうですね。

Cimg0914

 

Cimg0910

 

それと、見知らぬ顔が1名。

Cimg0911  

身体は小さく、きゃしゃな感じがしましたが、動きや足元の技術は目を見張るものがありました。
小谷野っぽいかというと、ちょっと違う感じがします。
また、土居とも動きのスタイルが違う感じがしますね。

誰だろうsign02
練習参加だとは思いますが、名前はわかりませんでした。

Cimg0908

Cimg0909   

〝ダッシュしてシュート〟の練習ですが、選手たちの息使いは荒く、汗だくsweat01になって走りまくっていました。dash
かなり厳しい練習ですcoldsweats01

Cimg0912  

やっと、中6日で試合を迎えられるとあって、久々の全体練習なんですねsign01
もう一度、走ること(体力作り)からやり直しているのでしょう。

Cimg0913

最後はハーフコートを使ってのミニゲームです。
負けた方が罰ゲームで〝腕立て20回〟かな?と思っていたら、MVPを決めての胴上げだったらしく、レナトshineがジョルジやスタッフ&選手たちから胴上げされてました。happy01

流石にお盆ということもあって、スタンドは見学者で一杯でした。
明日もお客様は多いのでしょうね。

残念ながら、私はお盆も関係なく出勤です。weep

| | コメント (0)

2012年8月 8日 (水)

ナビスコ準々決勝第2戦 C大阪戦に勝利!

やったね!

土曜日の鳥栖戦が嘘のようかの素晴らしい試合運び。

効率的な攻撃と得点

中田の代わりに入った青木も気持ちが伝わってくる熱いプレー

前線の2人とドゥトラも良かった

今日の大阪は幸いにも涼しかったのかな?

とにもかくにも、これでトーナメントを一つ勝ち上がり

準決勝に駒を進めることができた

鳥栖戦で1っ歩下がって、今日の試合で2歩進むといった具合で

チームの雰囲気は上昇することでしょう。

週末の磐田戦もこの勢いで、聖地でしっかりと勝ち点3をゲットしましょう。

 

本日、長居に参戦されたサポーターの皆さん

お疲れ様でした。

試合前に、サポの前で円陣を組んだとか!

選手とサポが一丸となった勝利

そんな瞬間に立ち会えたサポは本当に幸せですね。

羨ましいかぎりですwinkgood

| | コメント (0)

2012年8月 7日 (火)

不可解な交代の理由(わけ)

鳥栖戦の現地での感想は、予期していた選手の足が止まってしまうことも

想像以上に早く、前半で動けなくなった

後半に至っては後方からビルドアップを図るも

前線の選手たちは全く動けず、どここ見ても鳥栖の選手ばかり

シュート18本を放ったといわれるが、可能性のあるシュートは

柴崎のゴールポストにはじかれた1本くらい

現地参加組のサポーターとして、選手を走らせようと

一生懸命に声を出して叫んでみても、悲しいかなその声も届かず

鳥栖には力が及ばず、言い訳のできない完敗

悔しいのだけれども、暑さと疲れ、

そして、次の試合が間近に迫っていることから

思っていたほど悔しさが込み上げてはこなかった

帰りの歩道橋で鳥栖のサポーターの喜ぶ顔をみて

「くっそー」と思ったくらいだった

 

それにしても、暑さで疲れている選手たちの状態は

私が思っていた以上に蓄積されているようだ

明日の試合もきっと、その疲れは完全には回復できるものではないでしょう。

それでも、鹿嶋に戻らず、大阪に滞在して調整することで

少なくとも、大阪の暑さには多少慣れて試合に臨めることは

プラスとして考えたい。

選手の状態にもよるが、疲れの少ない、フレッシュな選手の活躍を

期待しているのは、きっと私だけではないでしょう。

それでも、ジョルジが送り出すメンバーが今の鹿島にとって

ベストであることは間違いないので、出てきた選手を全力で

応援するのみ!

 

ところで、鳥栖戦では前線のFW2人とボランチのどちらか、

または、攻撃的MFの交代があるものと想像想像していたのだが、

以外にも、2人目に交代したのはCBの中田だった。

スタミナ不足や疲労からスピードが落ちてきているところのケアかな

と思っていたのだが、どうやらそうではなさそうだ。

今日、クラブハウスで彼を見かけたのだが、彼の鳥栖戦における途中交代は

ジョルジにとっても想定外だったようだ。

交代せざるを得ない状態となっていたことが、

現地のゴール裏からは確認できなかったようです。

 

暑さ対策もあり、バックアップメンバーも含めたターンオーバーが必要なこの時期に

彼の状況はチームにとって非常に痛いところですが、

青木や昌子、そして岩政には何としてでも頑張ってもらわねばなりません。

山村には是非ともメダルを取って凱旋してもらいたいですが、

それにも増して、無事にチームに戻ってきて欲しいと願うばかりです。

 

ここまで頑張って、チームを精神的にも引っ張ってきてくれたベテランには、

秋までゆっくりと立て直してもらい、その間の若手の台頭を期待します。

 

明日のナビスコ準々決勝第2戦は、TVで応援することになりますが、

何としてでもC大阪を撃破して、次のステージに駒を進めましょう!

現地参加組のサポーターの皆さん、

暑くて苦しい戦いになると思われますが、頑張ってください!

よろしくお願いします。

TVの前で応援してます。

| | コメント (0)

2012年8月 4日 (土)

無念の鳥栖戦

選手の気迫を呼び起こせなかったことが悔しい。

| | コメント (0)

2012年8月 1日 (水)

ウニベルシダ・デ・チリ戦

Cimg0905

 

ウニベルシダ・デ・チリは強かった。

でも、見たか!レナトの左足をup

PK戦だけじゃなくて、試合全体を通して曽ヶ端がチームを救ってくれたね。

やったね、みんなsign03 

優勝したよcrown

| | コメント (2)

« 2012年7月 | トップページ | 2012年9月 »