« 清水戦 | トップページ | 5.28 クラブハウス練習風景 »

2012年5月 8日 (火)

あと一歩だった鳥栖戦

Cimg0812

仕事が終わってから駆けつけて、試合途中からの参戦になりました。

鳥栖はJ1初昇格のチームで、鹿島は何度もJの王者となったチーム。
普通なら鳥栖が鹿島に胸を借り、「当たって砕けろ」の気持ちで戦うことになるところですが、現在の順位は鳥栖が5位で鹿島が11位で、しかも鳥栖の失点率は1試合で1点にも満たない堅守を誇り、鹿島は得点欠乏症に陥らんばかりの状態をようやく脱したといった関係にあっては、どう見たって鹿島が鳥栖に挑戦する状況に違いないでしょう。

だけど、世間はそこのところを勘案してくれずに、過去の立ち位置だけでこの試合を観るところが多かったのでは?

案の定、激しいプレッシングというか危険なチャージ、一時の川崎ほどではないにしろレイトタックルをも敢然としかけてくる激しさを前面に押し出したサッカーで、豊富な運動量と安定感溢れる最終ラインで、鹿島はこれを崩すのは簡単ではないとすぐに感じることができました。

それにしても東条審判は、鹿島にカードは出すけれど、鳥栖には全く出す素振りさえ見せず、これで果たして公平なジャッジと言えるのか疑問が残る部分が多かったです。
だからなのか、鳥栖の選手の激しいタックルは試合終了まで留まることなく繰り出され、遠藤がコメントしていたように鹿島の選手のリズムを崩すことに成功していたようです。

録画で観るよりもライブで観ていた方が細かなミスが多いと感じられましたが、選手の調子が落ちているというよりも、これも鳥栖の術中にはまっていたのかもしれません。

それでも、以前の攻撃の形が全くなかった時と比較しても、はるかに多くのチャンスを作ることができていましたね。
そして、試合終了近くの小笠原のFKと岡本のCKからのヘディングシュートには、以前の鹿島の姿が少しだけど見えたような気がしました。
相手選手の見事なクリアにより得点にはならなかったですが、あのような場面を作るところまでは来ていますので、本当にあと少しなんでしょうね。

今の鹿島が、今の鳥栖を相手に3点4点とっての勝利を望むのは身の程知らずであって、J随一の堅守を誇るチームに1点でも差をつけて勝利することができたら、それが現時点では最高の勝ち方だっただけに、0-0の引き分けであっても、チームのやり方を疑う必要は全くないでしょう。

当然、我らが聖地で引き分けという結果に満足するわけにはいきませんが、今は半歩でも前進することが大事なのだと思います。

ロスタイムのゴール裏の声は、一段とボリュームアップしたことがはっきりとわかるものでした。
きっと、それはピッチの選手にも伝わって居たに違いなく、それが最後の惜しいチャンスを生み出す一つのきっかけになっていると思います。

だから、この次は、ロスタイムからではなく、もう少し早い時間帯からあおのボリュームで応援できれば、もっともっと多くのチャンスを作り出すことができるでしょう。

ゴール裏も選手と共に一歩でも半歩でも前進あるのみですね!

|

« 清水戦 | トップページ | 5.28 クラブハウス練習風景 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 清水戦 | トップページ | 5.28 クラブハウス練習風景 »