« 信じて戦おう! | トップページ | あの試合を思い出した »

2012年4月17日 (火)

感動のFC東京戦と火曜日のクラハ練習

FC東京戦を録画で観ました!

本当に感動ものです!
終了後は昌子の涙にもらい泣きしそうになりました。

苦しかったんだよね、ほんとに。
一つ勝つって、本当に大変なことで、それが当たり前になっていた我々に神様が与えた試練だったんだよね。

勝つことの大変さと嬉しさをもう一度思い出すことができた瞬間でした。

またしても審判のジャッジで苦しい戦いを強いられましたが、失点後のキャプテンのチームメイトを鼓舞する姿がとても頼もしくて、やっぱりこのようなベテランの力っていうのは伝統の力が無ければできないと感じました。

残り時間の関係もありましたが、2点目を奪われたFC東京のメンバーがピッチに倒れこんでいたシーンとは対照的でしたね。

番組の始めの方、試合開始前にアナウンサーが吉田主審のポリシーを話していましたが、聞き間違えでなければ「ピッチのミスはピッチで取り返す!」だったような・・・・。
その言葉のとおり、同じ試合の中できっちりとミスを取り返してましたが、本当はそんな意味で言ったんじゃないんでしょうね?

最初のバックパスまでのジャッジは、前の試合で木村主審を経験しているアントラーズサポにはまともに見えましたが、終わってみれば大差ない結果でした。
その木村主審のジャッジは間違っていたことが松崎委員長の話から判明してます。

私は審判の問題についてはこれといった解決方法はないと思ってます。
というのも、他のスポーツと違って、時間を止めてのビデオ判定やICチップ導入などがサッカーという競技には合わないと思ってます。
かといって、審判のミスジャッジがゲームの勝敗に大きく影響している現状にも満足しているわけではありません。

だけど、「審判は絶対」だと思うようにしています。
そして、「審判は神様ではない」とも思うようにしています。

審判は人間であり神様ではないので、広いピッチを走り回り、肉眼で映像を見直すこともできない状況での判断には間違いだってあります。
しかし、試合の中ではたとえそれが間違っていたとしても、審判が下した判定は絶対であり、選手やスタッフはそれに従わなければなりません。

だから、バックパスと判定され、それにより失点したとしても、それがその試合の結果で仕方ないです。
だけど、試合後にビデオを見直して、〝間違った判定であった〟ことを認め、当該審判以外の責任者がこれを公表しても構わないとも思ってます。
更に、間違った判定で与えられたカードについては、後日、責任ある筋で取り消すことが日常的であっても良いのではないかと思ってます。(浦和戦の新井場のカードはイエローではなくレッドだったから、そのように変更しますと言われても嫌だけどね)

今後も、すぐには審判の問題が改善されるわけではないので(相手側にとっては「改善してもらわなくてもいい」と思ってるかも)、これからも11対12~15の試合を戦わなければならないことを再認識した方がいいかもしれませんね。

 

今日のクラブハウスの練習風景です。

Img_4527 ウォーミングアップ代わりのミニゲームでしょうか。
ハーフコートでスタッフも混じっての15対15です。

Img_4530 蘭童さんも入ってますsign01

Img_4529 そして、中田浩二も復活してますsign03
頼もしい男が帰ってきました。

Img_4533 更には、柴崎も合流ですheart04
思ってたよりも早い復帰ですよね。

Img_4536 このあと二手に分かれて練習を行いましたが、写真に写っているメンバー以外は反対側のピッチでミニゲームの続きを行ってましたが、汗ダラダラ流しながらの激しい練習でした。
小笠原、大迫、梅鉢、慎三、新井場、本田、佐々木、中川、宮内、伊東・・・といったメンバーです。

そして、写真のメンバーはハーフコートを使って、DFからのパスっを動かし、それに連動した個々の動き方を確認するような練習を行ってました。

ちなみに、そのメンバーは!

ジュニーニョ  岡本
土居(ドゥトラ) 本山
青木、増田
アレックス、山村、昌子、西

もしかして、これは明日の先発メンバーsign02

雰囲気的にGKは佐藤のような練習の上がり方でした。

また、岩政と遠藤はどちらの練習にも入らず、一番に上がってましたので、この二人はサブなのかも・・・?

Img_4537 最後にFKの練習をしていたのは増田。

Img_4538 ドゥトラ!

Img_4540 そして、土居!!

この3人のFKについては、土居>増田>ドゥトラ ですかね。

ところで、Jリーグのベストメンバー規定は

「次の試合における先発メンバー11人は,当該試合直前のリーグ戦5試合(以下「直前5試合」という)の内,1試合以上先発メンバーとして出場した選手(以下「直前5試合先発選手」という)を6人以上含まなければならない」(ウィキペディアから引用)

となっています。

これまで、ジョルジーニョ監督はJリーグ戦において、積極的に新しいメンバーを起用してきましたので、先述の予想先発のメンバーでも8人が上記規定を満たしており、ベストメンバー規定に引っかかることもありません。

何よりも、このメンバーであってもベストメンバーといっても過言ではないですね。
そして、このメンバー以外にも中田や柴崎、そして本田がまだ控えているという豪華な選手層!

さあ、いよいよ鹿島アントラーズの反撃開始ですsign03

|

« 信じて戦おう! | トップページ | あの試合を思い出した »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 信じて戦おう! | トップページ | あの試合を思い出した »