« 今年は福袋に代えて | トップページ | 2012年 謹賀新年 »

2011年12月28日 (水)

さらば 野沢拓也

ここ数日、携帯のメール着信音が鳴るたびにドキドキしてました。

知りたくない情報が送られてくることに臆病になってました。

ジュニーニョの加入、岡本の加入、川俣の復帰、杉山の札幌移籍。とりあえず、ホッと出来る情報でした。

そして、今日、遂に一番知りたくない情報がアントラーズから送られてきました。

野沢の完全移籍が決まりました。

「完全移籍」というその「完全」の言葉に、「これで永遠の別れなんだな~」と思わずにはいられませんでした。

いつもなら、「たとえここで別れても、アントラーズファミリーとして共に生きていくんだ」という感情が湧き出てくるのに、今回はそのような気持ちや考えにはどうしてならないのだろう。

 

ヤナギの時とも違う気がする・・・。

 

そう感じる一番の理由は、やはり移籍の理由が私には理解できないからだと思う。先日も自分を納得される意味で記事を書いたが、やっぱり、どうしても今回の野沢の移籍の理由が分からない。

多分、その理由は野沢自身が墓場まで持っていくこととなるのだろう。だから、勝手な想像でその理由を決めつけることはしたくない。

ただ、残された私たちは「野沢に選ばれなかった」ということでしか、移籍の事実を受け入れるしかないのだろう。これまでアントラーズというチームに選ばれず出ていく選手たちが殆どであったのだが、海外移籍していった選手を除いて、アントラーズよりも他のチームを選ぶ選手、しかも、ユース出身、茨城出身で、レギュラーで、チームの中心であった選手が、そんな状況の中、他のチームを選ぶなんてことは・・・、これまでなかった。

だから、この事実を受け入れることはかなり厳しい! 

 

決まったことは何をどうのこうの考えても始まらない。

今の気持ちは、野沢の出場する神戸には絶対に負けたくない!

野沢にFKなんて絶対に決めさせない!

 

本当に、心の底から、そう思う!

 

|

« 今年は福袋に代えて | トップページ | 2012年 謹賀新年 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今年は福袋に代えて | トップページ | 2012年 謹賀新年 »