« カターレ富山戦 | トップページ | 第32節 アウェイ大宮戦 »

2011年11月19日 (土)

満身創痍の大宮戦

これから大宮に向けて出発します!

チーム状態はまさに野戦病院のように負傷者が続出し、まさに満身創痍での戦いとなります。

中田と田代がほぼ今季絶望となり、岩政の姿を確認することもできず、姿はあるものの負傷しているとの情報が流れている小笠原、負傷明けのフェリペも全試合で120分のフル出場で体は厳しい状況であろう。また、本山には90分フル出場を求めるのは難しいのでしょう。さらにはU-22に選抜された大迫の不在・・・・。

本当にベストメンバーとは程遠い状態です。

「誰が出てもアントラーズはアントラーズ」という文句は、これまでは良い意味で使われていましたが、最近では逆の意味で使われるケースも多かったようです。

でも、今日は本来の良い意味でのアントラーズであって欲しいと願います。

もう一度、昌子にチャンスを与えて欲しいと思いますが、青木と新井場のCBコンビは初めてではなく、試合を経験済みであります。また、小笠原が不在でも増田・柴崎の若手コンビでしっかりとチームの肝となり、休養とモチベーションが十分の遠藤が控えています。慎三のワントップでも小谷野、タルタ、フェリペとのコンビでも十分にシステムが機能すれば、彼らはきっとミッションを達成してくれることと期待してます。

それよりも、相手の大宮のモチベーションが怖いです!

ほぼ降格圏は脱出したといっても、まだ確定ではなく、そうなれば今日の試合で確実なものにしようとしてくるに違いありません。

U-22でトップ下の東がぬけているとはいえ、開幕戦で痛い目を見せられたイチョンスや上田は健在で、しかも、今回は最も怖いラファエルが鹿島のゴールに襲い掛かってきます。

まして、大宮はNACK5での連勝がないとか・・・。ならば、その「連勝を!」と意気込んでくるはずです。

どの見解もアントラーズには不利なものばかりで、何一つ良いことはありません。まさに、究極の逆境!

となれば、アントラーズのゴール裏が最もヒートアップできる条件が揃ったというもの。

しかも、試合の時間帯は雨、予報は時間とともに厳しい天候に変化してきてるし、どんどん、ドMなサポーターのアドレナリンを引き出す展開に!

やってやろうじゃありませんか!

これからのアントラーズを背負って立つ若鹿達とともに、795で戦おうじゃありませんか!

 

見てろよ!大宮!

俺たちは鹿島アントラーズだ!

地獄の795に、鹿島アントラーズ 見参!!

|

« カターレ富山戦 | トップページ | 第32節 アウェイ大宮戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« カターレ富山戦 | トップページ | 第32節 アウェイ大宮戦 »