« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »

2011年11月28日 (月)

聖地 最終戦

これまで鹿島がやりたかった内容のゲームだったのでは!

「あとは決定力だけ」と言われていたこともあるが、この試合ではその決定力も見せた結果となったけど、ボール支配、繋ぎ、組み立て、ラストパスとどれをとってもこれまでの試合以上の素晴らしい出来栄えだったと思います。

だからこそ、求め続けた決定力に繋がったのだと!

 

そして、一筋の光明も見えました。

本山の復活です!

本山が加わったことにより、野沢と慎三の動きに更なる躍動感が漲ってましたね!

怪我人の続出で苦しかったチームに、天皇杯を前に強く鋭い一筋の光が差し込みました。アジアまでの険しい道のりは、昨年同様に本山と共に突き進んで行きましょう!

聖地、最終戦でスタジアムに参戦されたサポーターの皆さんお疲れ様でした。

素晴らしいご褒美(試合内容と勝利)を選手達から頂きましたね!

2011年の戦いはまだこれからです。

1月1日まで気持ちを切らさすことなく戦いましょう!

| | コメント (0)

2011年11月23日 (水)

カシマスタジアム公開練習 見学

今日と明日はカシマスタジアムで公開練習となっています。

本日は9時からの練習でしたが、スタジアムに着いたのが9時30分過ぎとなってしまい、スタンドに出た時には既に選手がピッチに出て練習が始まるところでした。

Cimg0419

眩しいくらいの太陽に風も心地よく吹いている感じで、とっても気持ちの良い天候です。

Cimg0421

別メニューの田代と岩政です。

Cimg0422

田代は「骨片摘出手術」という話も聞いていたのでもっと重症なのかと思ってましたが、運動することが出来ているのでちょっと安心しました。

Cimg0423 その間に他のメンバーはピッチ半分を使ったパス回し。ワンタッチでのパス回しではみんなの動きが必然的に軽快になりますので、「試合でもこんなパス回しならな~」なんて思ってしまいました。

Cimg0424

続いて、ツータッチでのパス回しになると、いつものアントラーズのパス回しといった感じに(時間が掛かり、ゆっくりと無難なところでのパス回しみたいな)・・・。う~ん・・・。

Cimg0425

そのピッチ脇では田代と岩政のダッシュ(インターバル)トレーニングが始まります。これは田代のダッシュです。

Cimg0426

こちらは岩政のダッシュです。もともと田代とのスピード差や休養期間の違いによるスタミナの差はありますが、こうして田代のダッシュと比べるとまだまだ本当のダッシュは厳しいのかな?右足と左足の運びがアンイーブンなのが分かるほどでした。まだ痛いんだろうな~。

Cimg0428

さて、こちらは週末に行われるホーム最終戦に向けた連携の練習が始まります。CBには青木と昌子!

Cimg0429

この二人は・・・どっちがアレックスでどっちがタルタでしょう?ちなみに手前の選手はは柴崎ではありませんよ(誓志)。

Cimg0430

ボランチは誓志と、そしていよいよ小笠原の出番です!

Cimg0431

ディフェンスを置かない連携プレーから始まって、2人ずつディフェンスを増やし、最終的には紅白戦にそのまま突入です。「レギュラー組がサブ組に紅白戦でやられることは、鹿島ではままあること」と小笠原が以前にどこかの取材で話してましたが、今日の紅白戦もそのような展開になりそうでした。新井場や柴崎、遠藤といったこれまでのレギュラー組だったメンバー、それに本山が加わったサブ組ですからポゼッションや連携は問題なく、さらにイゴールや小谷野、土居といった試合に飢えた若手が活発に動き回りますから、それはもうどちらがレギュラー組でどちらがサブ組なのかわからなくても仕方ありませんね。

Cimg0432 紅白戦が終わった後で、岩政がDF指導してました。

Cimg0436 先輩から直接アドバイスをもらって、ここ(ホーム最終戦)は結果とは関係なく、彼にとってひとつの大きな成長ポイントですね。

Cimg0437 大岩コーチからも個人レッスン。「結果とは関係なく」とはいっても、やっぱり勝利への貢献という良い結果が伴ったうえで、大きな自信をつけてもらいたいですね。

 

明日もカシマスタジアムで公開練習があります。私は仕事のため行けませんが、せっかくの機会ですから、行ける人はどんどん見学に行ってください。

国道51号(バイパス)を神宮駅方面から進み、スタジアム前交差点を通過してミュージアム入口よりも数十メートル先にある入口を左折してスタジアム敷地内に入り、常陽ゲート手前のH駐車場(常陽ゲート待ち列付近)に車を停めてください。常陽ゲートから入場して、メインスタンドで見学可能となってます。飲み物は、自動販売機が稼働してますから購入可能です!

 

いよいよホーム最終戦です。アントラーズファミリー、みんなで盛り上げましょう!

| | コメント (2)

2011年11月20日 (日)

第32節 アウェイ大宮戦

Cimg0216

NACK5に参戦された皆さん、お疲れ様でした。風邪などひかれないようにケアしてくださいね。

個人的な感想としては、昨日の試合は殆ど予想通り。
スタメンも、ボールを支配することも、惜しいチャンスを決められないことも、また、大宮に得点を許すことも、そして、追いつくことも。
一つだけ予想と違ったことは、最後のロスタイムで逆転出来なかったこと。

当然、失点なんかしたくはなかったけど、スタジアムで遠目に見えたそのシーンは見事なもので相手を褒めるようなものではなかったかと・・・・。

その一方で、アントラーズでは、交代で入った小笠原と本山の能力の高さに改めて「凄い」と感じ、若い柴崎の能力の凄さを目の当たりにしました。

遠藤と野沢のバックパスには「それしかないのか、ほかに道はなかったのか?」と「疑問に思うこともあったけど、それ以外ではバー直撃のシュートを放つなど、それぞれに特徴を出すことはできていたのではなかっただろうか。

フェリペは仕掛けてボールロストする機会が多かったけど、仕掛け自体が少ないアントラーズにとって、たとえ失敗してもそれは評価されるべきプレーだと思う。

西の交代には???だったけど、試合後のオリベイラ監督のコメントを聞いて多少納得しました。
交代させられたけど、昨日の西の攻撃面に関しては非常に良かった印象を持ってます。その後の柴崎のSBも素晴らしかったけど、柴崎に関してはボランチのポジションでも素晴らしかったと思う。

最初こそ消えている時間を感じたけど、途中からは彼にボールが渡るとワクワクしました!まさに攻撃の起点となるパスを、しかも相手にとって嫌な場所にいる味方選手を見つけて、綺麗なスルーパス!柴崎のパスから急激に試合が展開を見せ出すようになり、得点の可能性が始まる、まさに起点となるプレーが出来ていたと思います。とても高卒ルーキーとは思えない落ち着いた、いやチームを落ち着かせるプレーだったと思います。

 

 

それ故に、最後の新井場のシュートが枠を外れた時にはとっても残念でした。

 

勝てたよ~!

あ~残念!

 

それまでの惜しい場面を決めきれなかったことも含めて、勝ちきれなかったことは非常に悔しいです。

 

 

でも、選手たちの頑張りよりも残念だったのが、ゴール裏のサポーターの力が〝あんなもの〟だったこと・・・。

声を出せるときに声を出さない。コールが続いているのにコールをやめてしまう。せめてものブーイングすらしない・・・。

優勝の可能性もなく、雨が降りつづく最悪な天候の中、アウェイのスタジアムに足を運んでゴール裏で応援するサポーターは、それだけで素晴らしいと思いますが、せっかく、そこにいるのに、アントラーズとともに戦うことが出来るのに、それをしないなんて・・・なんてもったいない!

まだまだゴール裏のサポーターは力を発揮できていないよね。チームを奮起させる応援はもっともっとできるはずですね。

 

みんなの気持ちは思っているだけでは選手たちに届かないよ。

声を出して伝えなきゃ!

叫ばなきゃ、我らの思いは伝わらないよ!

 

ホーム最終戦では、参戦される全てのサポーターの皆さんには、みんなの思いを選手に届ける叫びを期待してます!

| | コメント (0)

2011年11月19日 (土)

満身創痍の大宮戦

これから大宮に向けて出発します!

チーム状態はまさに野戦病院のように負傷者が続出し、まさに満身創痍での戦いとなります。

中田と田代がほぼ今季絶望となり、岩政の姿を確認することもできず、姿はあるものの負傷しているとの情報が流れている小笠原、負傷明けのフェリペも全試合で120分のフル出場で体は厳しい状況であろう。また、本山には90分フル出場を求めるのは難しいのでしょう。さらにはU-22に選抜された大迫の不在・・・・。

本当にベストメンバーとは程遠い状態です。

「誰が出てもアントラーズはアントラーズ」という文句は、これまでは良い意味で使われていましたが、最近では逆の意味で使われるケースも多かったようです。

でも、今日は本来の良い意味でのアントラーズであって欲しいと願います。

もう一度、昌子にチャンスを与えて欲しいと思いますが、青木と新井場のCBコンビは初めてではなく、試合を経験済みであります。また、小笠原が不在でも増田・柴崎の若手コンビでしっかりとチームの肝となり、休養とモチベーションが十分の遠藤が控えています。慎三のワントップでも小谷野、タルタ、フェリペとのコンビでも十分にシステムが機能すれば、彼らはきっとミッションを達成してくれることと期待してます。

それよりも、相手の大宮のモチベーションが怖いです!

ほぼ降格圏は脱出したといっても、まだ確定ではなく、そうなれば今日の試合で確実なものにしようとしてくるに違いありません。

U-22でトップ下の東がぬけているとはいえ、開幕戦で痛い目を見せられたイチョンスや上田は健在で、しかも、今回は最も怖いラファエルが鹿島のゴールに襲い掛かってきます。

まして、大宮はNACK5での連勝がないとか・・・。ならば、その「連勝を!」と意気込んでくるはずです。

どの見解もアントラーズには不利なものばかりで、何一つ良いことはありません。まさに、究極の逆境!

となれば、アントラーズのゴール裏が最もヒートアップできる条件が揃ったというもの。

しかも、試合の時間帯は雨、予報は時間とともに厳しい天候に変化してきてるし、どんどん、ドMなサポーターのアドレナリンを引き出す展開に!

やってやろうじゃありませんか!

これからのアントラーズを背負って立つ若鹿達とともに、795で戦おうじゃありませんか!

 

見てろよ!大宮!

俺たちは鹿島アントラーズだ!

地獄の795に、鹿島アントラーズ 見参!!

| | コメント (0)

2011年11月16日 (水)

カターレ富山戦

何よりも勝利が全て!

中田は救急車らしいですが心配です。肉離れかな?

勝利の代償としては余りにも痛い。

私といえば、120分やりきることができました!

満足!

| | コメント (0)

2011年11月14日 (月)

天皇杯 3回戦

明後日は天皇杯3回戦、カターレ富山との戦い。

中断期間と自らが参戦出来ない期間が重なり、なんとも久しぶりのアントラーズの応援です。

キックオフまでにはスタジアムに着きたいところです。

私にとっては、本当にこれで今年最後のカシマスタジアムでの試合になります。

のんびりモードから戦闘モードに切り替えて、夏場に鍛えた体力で頑張ります!

| | コメント (0)

2011年11月 3日 (木)

G大阪戦 惜敗

テレビ観戦の時点で〝気持ちで負け〟といわれても仕方ない。

でも、今日の試合を見ている限り、優勝が懸かったガンバという怖さもなかったし、強さを感じるところもない相手だったけど、それでも勝てなかった。

決定力不足だと言われ続け、未だにそれは解消できていない。

選手たちは、気持ちでも動きでも負けていなかったと思うけど、得点を取る自信を失ってしまっているような感じがした。

交代も???がつくようなものであったけど、これは退場による影響であったのか、それとも田代が使えない状態だったのか?ベンチ入りしている段階で後者はなかったと思うけど、勝利へのきっかけを見いだせない展開が最後まで続いたと思う。

 

さすがに若い柴崎や大迫も疲れは隠せない。

元気な選手を出場させて、ゴールまで走りきる試合をしないと・・・。

 

選手たちが走れるようなサポートをしないといけないですね。

 

アウェイのスタジアムに参戦したサポーターだけではチームの後押しは厳しいよね。彼らに頼りっきりじゃ、ほんと申し訳ない。

自分がやらないと!自分がアントラーズをサポートしないと!

 

鹿島神宮へ行ってナビスコ優勝のお礼参りをしてきました。

勝たせてくれたお礼と併せて、「これからもずっとアントラーズのサポートをさせてください」と頼んできました。

 

鹿島の神様、私の願いを叶えてください!

| | コメント (0)

2011年11月 2日 (水)

11月3日

11月3日、昨年まではナビスコの決勝が行われていた日。

今年はすでにナビスコ決勝は終わっている。

明日はG大阪とのリーグ戦。

 

ナビスコ優勝の余韻に1週間は浸っていたかったけど、そんなこちらの都合など関係なくJリーグのスケジュールは進められていく。

 

Jリーグ戦の現実に戻らなければならない明日。

相手のG大阪はリーグ戦の優勝争いの真っただ中にいるチーム。

優勝のためには一つの勝ち点も落とせない状況。

一方、鹿島はすでに優勝の望みが絶たれ、モチベーションの持ち方が難しい状況。

 

故に、一人一人が戦う気持ちをはっきりと認識して、目的を持って戦わなければ絶対にG大阪には勝てないと思う。

いい加減な気持ちで戦って勝てる相手ではない。

 

だから、ナビスコに優勝した直後の試合だからこそ原点に立ち返ってG大阪との試合に臨みたい。

 

「目の前の相手に全身全霊で立ち向かい、そして勝利する!」

 

タイトルが懸っていようがいまいが、目の前に立ちふさがる敵を倒す!

アントラーズの行く手を阻もうとするやつらは全部倒す!

 

それだけに集中して戦うsign03

| | コメント (0)

« 2011年10月 | トップページ | 2011年12月 »