« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2011年8月29日 (月)

聖地 福岡戦 大勝!

出張から帰ってきて録画観戦しました。

久々の大勝!

監督のコメントは気の緩みを抑えるためか、厳しさの残るコメントでしたが、テレビで観る限り〝点差以上の内容〟での勝利ではなかったかと思いました。

得点した田代や遠藤、そして得点はなかったけれど増田の出来など素晴らしかった。

何気に・・・・、

野沢→田代
野沢→遠藤
野沢→岩政
野沢→興梠→中田
野沢→遠藤
野沢→タルタ→田代

そういうポジションに居るとは言っても、やっぱり野沢は『鹿島のファンタジスタ』だね!

 

でも、最後の2点は、どんどん早くなるサポーターの〝高速ロール〟がもたらした得点に間違いない!

| | コメント (0)

2011年8月25日 (木)

パブリック・ビューイング

悔しい引き分けだったよね。

攻撃の形も守備に関しても良い出来だったと思うけど、たった一つのビッグプレイにやられちゃった感じだよね。

阿部って、たしか去年も・・・・、アウェイの湘南戦で最後の最後(記録では90分+5分)に同点ゴールを決められて、名古屋を追撃するムードを沈められた奴だよね。

敵は〝暑さ〟ではなくて、〝阿部吉朗〟だったって訳か・・・。

追加点を取れなかったことを「悪かった」とするなら話は別だけど、内容も良く試合を支配していたのだから、この結果は悔やまれて仕方ない。

ようやく見えた名古屋の背中(いや今はガンバの背中か)が再び見えなくなってしまった。

残り試合数11試合で勝点差12は、現実的には厳しい数字だけど、一つも落とせない状況で引き分けてしまったわけだから、この現実を受け止めるしかない。

モチベーションがどうしても下がり気味になってしまいそうだが、去年の神戸ホームズスタジアムを後にした時の風景を思い出して、モチベーションを再び高めようと思う。

あの、優勝が確実に無くなった瞬間の気持ちに比べたら、今の我々にはまだ何も失ったものなどなく希望しかないことに気付くことが出来る!

『すべては可能だ』

後半戦のキャッチフレーズを今一度眺めて、そして自らのモチベーションを高める!

 

昨日はカシマスタジアムのパブリックビューイングに行きました。

Cimg0150

Cimg0151

Cimg0152

Cimg0153 やっぱりスタジアムで観るアントラーズはいいね!

鹿嶋の夏の新しい風物詩だよね!

| | コメント (0)

2011年8月22日 (月)

一歩ずつ

広島に勝利し、5位に浮上した。

きっと、好調な方の広島だったと思える彼らの攻撃でしたが、ツキにも味方され、苦しい流れの中で貴重な勝利(勝ち点3)をもぎとった。

大迫の本格化も感じられ、さらには小笠原の復調も確認できるような動きだったと思うけど、守備陣を含めて全員がいつも以上の力を発揮しての勝利だったと思う。

今はこれが精一杯のデキではないかと思わざるを得ないが、上位を見ると一枚も二枚も力が上の4チームが“デン“と居座っている。

G大阪、柏、名古屋、横浜との勝ち点差は10。

まだ、これらのチームとの直接対決を残しており、名古屋、柏とはホームで戦い、G大阪と横浜とはアウェイでの戦いとなる。

少なくとも名古屋と戦うまでは絶対に負けられないし、横浜と戦う最終戦には格別のモチベーションで臨みたいところである。

岩政も言っていたように「連勝を数えると止まる」ということには同意見であり、やはり目の前の試合一つ一つを必死で勝利していくことに集中できるかどうかがカギになると思う。

今の鹿島は結果は出ているものの、どんな相手でも迎え撃つような強さはまだまだ備わっていない(本物ではない)と感じられます。

特に、上位4チームには今の力にプラスアルファの力で臨まなくては勝てないでしょう。

その時に、そのプラスアルファの力が出せるようにするためには、勢いを持って試合を迎えることが必須である。

だから、ミッドウイークの甲府戦で暑さに負けず、ホームの力で手負いの福岡に確実に勝利し、鬼門のビッグスワンで厄介な新潟を倒して、名古屋戦に臨むことが当面の課題となる。

それぞれ、楽な戦いなど一つもなく、1試合1試合を必死に戦い勝利することが今のアントラーズファミリーには求められている。

その積み重ねで。勝ち点差を一つずつ一つずつ詰めていけば、我々にもチャンスが訪れるに違いない。残り12試合で勝ち点差10、簡単ではないが決して非現実的な距離ではない。

上位の背中がようやく見えた今こそ、気持ちを引き締めて、確実な一歩を進めなくてはならない。

好調な今だからこそ、「足元を見つめて一歩ずつ一歩ずつ」である。

アントラーズファミリーがその気持ちを一つにして!

| | コメント (0)

2011年8月20日 (土)

勝とう!

みんなの声で、小笠原満男を最後まで走らせてください!

ゴール裏のみんな、頼みます!

| | コメント (0)

2011年8月17日 (水)

C大阪撃破し6位浮上!

Cimg0148

何が何でも負けられない、いや、勝たなければならない試合だった。

スタジアムに参戦したサポーターも気持ちを一つにして、選手とともに必死で戦い、貴重な、とっても貴重な勝利をもぎ取った!

 

今日は何と言っても大迫だったね!

 

そして、ゴール裏のサポーターをその気にさせたバック2階に陣取った子供たちがMOMだね!

 

試合後のオブラディを歌い踊り、ゆっくりとスタジアムで勝利の余韻に浸り、帰りはミニストップに立ち寄ってご褒美のソフトクリーム!

これが我が家のウイニングロード。

 

最高だね!

 

次も絶対に勝とう!!

我らはもう負けられないんだからさ!

 

今日のところは、みんなお疲れ様でした。

本当に良かった!

| | コメント (0)

2011年8月13日 (土)

アウェイ仙台戦 勝利!

やったね!

死力を振り絞っての勝ち点3。

猛暑の中の苦しい戦い。

仙台で戦った選手とサポーターのみんなお疲れさまでした。

勝ちたい気持ちが出ていた試合だったよ!


なんとかBS中継観れました。

| | コメント (0)

地デジ化の影響

今日の仙台戦はBSでの生放送。

出張先の会社の宿泊施設で観れるかと思いきや、地デジ化への対応によりBSが受信できなくなってしまっている。

ピンチ!


ネットカフェとも考えたが、街までの足が無く、タクシー往復だと1万円弱もかかってしまう。

どうしよう・・・・・。

| | コメント (0)

2011年8月 9日 (火)

後半戦ポスター配り

山形戦で今季2度目の連勝!
良かったです!
録画で試合を観ましたが、まだ〝万全の鹿島〟とは言えないまでも、気持ちが伝わってくるプレーでの勝利に喜びました。
サポーターの数が少なかったことが少々不安です。それでも、そんな状況の中でスタジアムに参戦された皆さんはとりわけ〝熱い〟サポーターだから、応援のパワーが普段よりも落ちているということはなかったのでしょう。
テレビから聞こえてくるロールは、いつにも増してまとまっていたと感じたのは決して気のせいではないと思います。

さて、今週は後半戦のポスター配りを行ってきました!

Cimg0147

毎回、お店の人から言われることがありますが、「私たち顔は見たことあるんだけど、名前がわからないのよね~、名前書いといてよ!」と。写真の下にでもちっちゃく書いてくれてもいいと思うのですが、新たなファン獲得のためにも小さな改善をクラブには期待したいものです。

今回、神栖地区でポスターを配ってお願いしてきたお店は次のとおりです。

らあめん川内屋 様 神栖市掘割3
鹿嶋住宅公園 様 神栖市掘割1
ビジネスホテルBest inn 鹿嶋 様 神栖市掘割2 
鹿島地方卸売市場 様 神栖市平泉
あじさい弁当 様 神栖市神栖4
ステーキハウス新富 様 神栖市深芝南
山田酒店 様 神栖市平泉
池田商店 様 神栖市平泉東
どてちんⅡ(ラーメン) 様 神栖市平泉東
エースハウジング平泉東店 様 神栖市平泉東(既に配られていました)
ファミリーマート神栖市平泉店 様 神栖市平泉東2
アルペン(スポーツ) 様 神栖市木崎
ホテルウイングインターナショナル 様 神栖市大野原2
三城(信州そば) 様 神栖市大野原2
野口履物店 様 神栖市大野原2
伊藤金物店 様 神栖市大野原2
鹿嶋パークホテル 様 神栖市大野原3
庄や 様 神栖市大野原3
ゆの華 様 神栖市大野原4
スポーツランドいやしの癒 様 神栖市筒井
ファミリーマート神栖筒井店 様 神栖市筒井
らーめん太平 様 神栖市筒井
孫市(手打ち蕎麦) 様 神栖市筒井
潮来バスターミナル 様 
マハマヤ(ネパール料理) 様 潮来市小泉南
新ちゃん直売所(野菜) 様 鹿嶋市宮中

後半戦も応援よろしくお願いいたします!!

| | コメント (3)

2011年8月 6日 (土)

サポーター頑張れ!

今日も仕事で参戦できません。

でも、ゴール裏のみんなに期待して、遠く出張の地から気持ちを送ります!

選手を走らせるのも、審判の笛を導くのもサポーターの役目であると、G大阪戦の後で改めて気づかされました。

暑く苦しい戦いになると思いますが、サポーターのみんなも水分補給して、試合終了まで全力で頑張って下さい!

みんなの力で勝ちましょう!

| | コメント (0)

2011年8月 2日 (火)

サテライト 日体大戦

今日はクラブハウスにサテライトの日体大戦を見学に行きました。

気温は29~30度で、これが都心部なら暑い中での試合となるのでしょうけれど、今日の鹿嶋は涼しい風が吹き、日蔭にいたら寒いくらい(エアコンの風に直接あたっているかのような冷たさ)でした。

それでもに陽にあたっている選手たちは汗だくでとなっていました。

Cimg0139

先発は、GK杉山 DF 當間、昌子、梅鉢、土居 MF 本田、青木、遠藤、小谷野、トップ下に本山 FW イゴールという布陣です。

Cimg0140

Cimg0141

Cimg0143

Cimg0144

Cimg0145

Cimg0146 前半の最初こそ主導権を握り、パスワークから相手陣内に切り込んでいましたが、トップ同様に最後のところが組み立てられず、効果的なシュートも土居のミドルがクロスバーをかすったのがあったていどでした。

相手にはカウンターで危ない場面を作られ、段々と主導権もイーブンの状態になっていきました。

本山から決定的なパスをペナルティ付近で得たイゴールでしたが、大事に行き過ぎてGKとの1対1をシュートすら打てずに逃してしまいました。

前半終わって0-0。

 

後半のメンバーチェンジはGKのみで、杉山⇒八木⇒佐藤で各30分ずつの出場でした。

後半15分くらいで、相手に右コーナー付近からのFKを与えてしまい、このFKを背の高い相手選手に何気にあわされ、ふわっと浮いたボールはGK佐藤の頭を超えてゴールの中に・・・。先生されました。

その後、なかなか得点の匂いもせず、「このままじゃ・・・、誰か個人の力で打開しなければ得点は無理かな」と思っていたら、左サイドでボールを受けた小谷野(後半途中で土居とポジションを入れ替え左SB)から後方近くにいた本山にボールを渡すと、ピッチ左サイドから本山はゴールへ向かって走り、本山→本田→本山→イゴール→本山とパスをつないで、最後はゴール右隅へ綺麗なシュートで同点に追いつきました。

その後は土居のスピードあふれる突破からチャンスはありましたが、追加点を取ることが出来ずに1-1の引き分けに終わりました。

 

選手評ですが、本山には90分の体力を見極めてみたいと思っておりましたが、かなりスタミナは戻ってきているようですが、まだ90分フルは厳しいかなと思いました。

良かった選手は、遠藤と土居、そして小谷野といったところ。遠藤はドリブルからのボールキープ、展開を崩すことができる技術は再びトップの試合でも見せてもらいたいほどでした。遠藤と小谷野もともにスピードに乗った相手守備陣を崩す動きは、今の鹿島には貴重な戦力だと思います。

青木と本田はともに安定感はありましたが、本田は数人に囲まれることが多く、ボールを失ウシーンもありましたが、勘は戻ってきているようです。

昌子については、残り10分くらいになったら、彼の声がピッチの中から良く聞こえてくるようになりました。コーチングをしていたり、仲間を励ます声がとても頼もしく、「いい傾向だ!」なんて勝手に感じたりしていました。試合の最初からやってくれればいいのにね!

イゴールに関しては、なぜトップのベンチに入ることが出来ているのか????

ボールをもらう動きも?

裏への抜け出しも??

シュートの思い切りのよさも???

また、スタミナも不足しているのか、前線からの守備も????

これでは、小谷野をFWの控えとして考える方がいいんじゃないかと思ってしまうほどでした。

 

今日、タルタ選手も無事チームに合流したようですが、手薄なFW陣ですから早々のベンチ入り、Jデビューもありそうな感じです。

 

故障組の慎三と柴崎の姿もありましたよ!

こちらは、アレックス(フィヒジオセラピスト)に任せておけば安心です!

| | コメント (2)

2011年8月 1日 (月)

やったね!アウェイで勝ち点3!

必要のないモチベーションを高めて戦いに臨まれることとなったセレッソ戦でしたが、良かったですね!「勝利」という最高の結果を出すことが出来ました!

長居に参戦されたサポーターのみなさん、お疲れ様でした。

点差ほど結果に差がある試合ではなかったと思いますが、内容では完勝に近いものがあったのでは?

PKを止めた曽ケ端はMVPものでしたね!

得点こそなかったけど、大迫も前試合とは打って変わって積極的なプレーが目につきました。

全体の連動性もあり、あの強いセレッソを相手に力の勝負で見事に競り勝ち、落ち込んでいた気持ちも再び上げることができました。

これを続けることは難しいことなのかもしれませんが、これを次の試合もその次の試合もやって行けるように、サポーターも声を出し続けなくてはいけませんね。

さあ、次の山形戦も頑張ろう!

| | コメント (0)

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »