« 広島戦 | トップページ | チャリティーマッチ »

2011年5月31日 (火)

カシマスタジアム

今日、午前中にスタジアム横のJA直売所にメロンを買いに行きました。
その時、スタジアムから大きな聞き覚えのある音楽が流れてきました!

「タータ タータ タタタター!タタタター!タタタター!タタタター!・・・・・・・・・・・・・オレー・オ・レ・オレ!」

そう、スターティングメンバー発表の時の音楽!
いや、いや、いや!JA直売所でメロン選んでるのに、心が勝手に湧き上がってきてしまうではありませんか!

2階に設置されている東洋一の長さを持つLEDビジョンも先日テストされていたとか?
段々と復旧工事が完成に近づいているのですね!

 

そして、今、晩御飯を食べに行った帰りにスタジアムの傍を通ると、本当に久しぶりに照明が灯されており、夜の暗さの中にスタジアムが照明でくっきりと浮き上がって見えました。
天井から2階に移設された照明のテストが行われているのですね!

あと少しでカシマスタジアムが復旧いたします。
待ちに待った我らのホームスタジアムの復旧です!

 

 

リーグの再開は15日だけど、今週は聖地に「神」が降臨する!
2007年、苦しかったチームを生き返らせた〝神からの手紙〟

今年も神にすがりたくなるようなチーム状況であるが、それを期待してもいいのだろうか?
もっと、自分の気持ちを強く持たなくてはいけないのではないか?

しかし、人は1人では弱いものである。
仲間の支え、信じる人の気持ちをもらって強くなるもんさ!

支えあおう!
今こそ、アントラーズファミリーで支えあって、この苦境を乗り越えよう!

 

〝聖地の復活!それが我らアントラーズの復活の狼煙!〟

 

 

(ジーコからの手紙)

「人が我欲を捨て一つの大きな目的に向かい足並みを揃えた時に生み出す『神秘的なパワー』これを具現化したのが、鹿島アントラーズである。

自らの可能性を心から信じる大切さ。日々の献身。
慢心せず常に高い可能性を課して突き進む勇気。状況を正確に把握する冷静な知力。
様々な困難を打開する為の才知と技能、

これらは真のプロとして、また人間として悔いのない時間を過ごす為の要素であると信じる。

いかに優秀な人材の集団でも、精神の強さ、謙虚さを失っていては目的の達成は難しいであろう。
長年の経験から言える真実である。

物事を進める上で良い時ばかりではない。
しかし困難な状態でいかにもがき、苦しみそして結果を追求できるかで
その真価が問われるものだ。

振り返ってみると私の15年はその繰り返しであった。
鹿島を心から愛する皆さんも同じであろう。

苦難に屈することなく、焦らずしっかりと足を地につけて努力を続ける
いつまでもそんな鹿島であってほしいと心から願っている。 

ジーコ(サイン)」

掲載されている文章・形のまま転記いたしました。

|

« 広島戦 | トップページ | チャリティーマッチ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 広島戦 | トップページ | チャリティーマッチ »