« 今日はアウェイ川崎戦 | トップページ | 慶応大学との練習試合 »

2011年5月17日 (火)

川崎戦 録画観戦

勝てなくて残念で悔しいけれど、チームや選手に対する気持ちに不安はない。

前半と後半で別のチームのようだと解説の秋田氏も含めて、また、オリベイラ監督のコメントからもそのような内容だったことは明らかです。

しかも、選手たちも前半の戦い方に非常に不満を抱いており、周囲がとやかくいうまでもなく見直さなくてはならない点ははっきりしているということでしょう。

すでに、この試合の後半で改善されているようにこれから先を不安視する必要もなく、次の試合でこの試合で気付かされたことが活かされるのかどうかという期待が大きいです。

後半だけ見れば、試合内容も伴った2対1という結果なのですから。

悲観することなく、次の試合に希望を持ちます!

 

それにしても、ゴール裏の声と気迫は凄かったですね。テレビからも伝わってくる声は、現場の雰囲気が凄く高まっていることを感じることが出来るものでした。

このゴール裏がアントラーズにある限り、これから先も頼もしいサポートができそうですね。多分、そうはいっても参戦されたゴール裏のサポーターの皆さんは「まだまだ、我々にはできるはず!」と思われているに違いないでしょうから!

次も期待しています。頑張ってください。

私は本当に力になれず悔しいやら歯がゆいやら。

 

今日の練習試合に行ってきます!

|

« 今日はアウェイ川崎戦 | トップページ | 慶応大学との練習試合 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今日はアウェイ川崎戦 | トップページ | 慶応大学との練習試合 »