« 油断した! | トップページ | 雨中の戦い »

2011年5月25日 (水)

ACL またしても壁破れず

FCソウルに歯が立たなかった。

 

全く持ってどうしようもないほどの差では無いと思ったが、完璧にやられてしまった。

誰が悪いとか、そんなことを考えても仕方なく、鹿島の選手は皆、ACLに掛ける気持ちを前面に出して頑張ってくれた!

現地に熱い想いを抱いて参戦してくれたサポーターを含めて、全力を尽くして戦ってくれた。

皆の力が、強力な相手の前に、悔しいけれど及ばなかったのだ。

 

これが今の鹿島の力。

 

みんな、それぞれの熱い想いをACLにかけてきたのだから、簡単には気持ちを切り替えることはできないかもしれないが、失望感に埋もれてしまうことはない。

 

敗れて、今まさに気付いたこと。

 

今の鹿島は完成された最も強い状態ではなく、素晴らしい可能性を秘めた選手たちが集まったばかりの、新しい次の世代のチームに生まれ変わる瞬間の状態なんだと・・・。

だから、これが終わりではない!

ここから、新しい挑戦が再び始まるのだ!

そう、ナビスコの決勝で敗れた時に見た野沢の涙が、それからの鹿島のスタートだったように、ソウルで完膚なきまでにやられて味わったこの悔しい気持ちから、次の鹿島の新たな歴史をスタートさせよう!

 

だから、現地に参戦したサポーターの皆には、選手とともに肌で味わった悔しさを鹿島(聖地)に伝えてください。

現地に参戦できなかった我々も一緒に、鹿島の地から再び新しい一歩を踏み出します!

 

 

敵地で全力で戦った選手とサポーターを讃えます!

 

悔しいけど、絶対に下を向かないぞ!

これからも、我らの選手たちを〝鹿島の誇り〟として応援するぞ!

|

« 油断した! | トップページ | 雨中の戦い »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 油断した! | トップページ | 雨中の戦い »