« 開幕戦 | トップページ | ポスター配り »

2011年3月 7日 (月)

上海戦と大宮戦

遅まきながら、スタジアムに参戦されたサポーターの皆さん、激戦、お疲れ様でした。

上海まで行かれたサポーターの皆さんもいらっしゃると思いますが、本当にお疲れ様でした。

私は2試合とも、ようやく今日、録画を観ることができました。

上海戦は0-0の引き分け、Jリーグ開幕となったホーム大宮戦は3-3でこちらも引き分け。

費やしたエネルギーが報われない結果になってしまいましたが、どちらも決して悲観するような内容ではなかったかと思われます。

新しいチームの公式戦としては、2戦目、3戦目となるこれらの試合でしたが、少ない時間の中で順調な成熟をしているのではないかと見ます。

報道や厳しいファンの声には、「決定力不足」であるとか「攻撃の形が無い」とか言われていますが、本当に極僅かな部分の問題のように思えます。具体的に何が僅かな問題か説明することは出来ませんが、きっかけ一つで全然変わることができると感じています。

非難の集中砲火を浴びているフェリペだって、攻撃に行く姿勢や献身的な守備、そして何よりも昨年と違うのは身体のキレが良いんじゃないかと思います。

もしかすると、遠藤の方がいいのかも知れませんが、これもチーム内の競争の一つであり、フェリペを上回るプレーを見せることが出来れば遠藤の出番は出てくるものだから、その辺の判断は監督に任せるしかないでしょう。今年もそ監督に賭けているのですから!

 

 

決して万全の試合運びとは言えなかった、いや、大宮の方が素晴らしい試合運びをしていたと言っても過言ではない昨日の試合を、最後まで諦めずに引き分けに持ち込んだのは、まさしく選手達の粘りとゴール裏とスタジアムの雰囲気に違いありません。

しかしながら、選手にしてもゴール裏の応援にしても、昨日の出来が目一杯というわけではないでしょう。

まだまだ、今年の戦いが始まったばかりで、ゴール裏のみんなも能力の半分も出ていない人が沢山いるんじゃないですか?シーズン終盤の〝応援のパワーとキレ〟と比較すると、「まだまだこれから!」って人が沢山いますよね。

きっと、選手達の状態もそれと同じでしょう!

私達の試合は始まったばかりです。

ACLは、予選リーグとは名ばかりの優勝候補が揃った「死のグループ」での戦いです。

ゆっくりと調子を上げている暇はありませんが、1試合1試合、確実にチームの状態をアップすることが出来れば、結果は自ずとついてきます。

私のように優しい見方をするサポもいれば、現実に目を背けず厳しい見方をするサポもいて当然です!

でも、そのいずれもアントラーズを愛する気持ちに溢れています。アントラーズを全力で支える力に溢れています。

次の試合でも、その気持ちを出し惜しむことなく、選手達に目一杯注ぎこんでやりましょう!

ニッカンスポーツの秋田さんの言葉にもありました。

「サポーターは試合の結果を変えることができる」

選手達もきっとそう思ってくれているに違いありません。

スタジアムで選手とともに戦える喜びを胸に頑張ろうrocksign03

|

« 開幕戦 | トップページ | ポスター配り »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 開幕戦 | トップページ | ポスター配り »