« ポスター配り | トップページ | 地震 »

2011年3月 8日 (火)

東京学芸大学との練習試合

Img_3962

14時30分から、クラブハウスで東京学芸大学との練習試合があり見学に行ってきました。

今日のメンバーはサテライト組が中心です。

【先発メンバー】(交代)

GK 杉山(佐藤)

DF 西、昌子、中田、當間(鈴木隆雅)

MF 増田(柴崎→梅鉢)、本田

MF 小谷野(増田→柴崎)、遠藤

FW カルロン、田代

Img_3965

クラブハウスで見るカルロンは初めてでしたので、実際のところ「どう?」なのか、そのあたりに非常に興味がありました。何が良くて、何が問題なのか?そのところです。

Img_3966

このメンバーなら、一枚格上のプレーでチームを動かして欲しかった遠藤ですが、今日の出来は〝今ひとつ〟だったのではないでしょうか?
田代やカルロンとの距離が離れすぎて、遠藤がボールを渡しても彼らも大学生の早いチェックにボールを納めることもできず、遠藤が再び走りこんでボールを貰う動きをしても、遠藤の元にはボールは返ってこなかった。とどのつまり、攻撃の形が全く出来ない前半の展開は、FW二人だけではなく遠藤のプレーにも問題が多かったのでは?
それとも、カルロンと田代では遠藤も動き難かったのかな~?

Img_3967

本来なら右サイドバックの二番手でなくてはならないはずの當間ですが、今日は左サイドバックで先発し、後半途中でユースの鈴木君と交代してました。
彼の良さは一杯あるのでしょうが、試合を見ているとどうしてもミスした場面に目が行ってしまいます。
ボールを失うロングパス、新井場などは練習試合では、そのようなパスは多分ほとんど無いと思います。これが彼がレギュラー争いに加われない根本じゃないかと思ってしまいました。
後半、途中から出てきた鈴木君のライン際を勝負するスタイルの方が、とっても魅惑的な動きだと感じさせられました。今日の出来だけならば、鈴木君に軍配を上げます。

Img_3968

本田拓也の良さは、相手からボールを奪う能力とロングフィードだと思っておりましたが、この二つについてはその通りであると感じることができました。
ただ、いくら彼がそういった動きで冴えを見せても、周囲との連動が無ければ、かれのプレーも輝きを失ってしまうということも分かりました。
彼のフィードを受けるFWがしっかりとボールを収めることができること、彼のフィードを受けるサイドバックがスピードに乗ってライン際を駆け抜けること、これがなければ彼の才能を活かすことができるチームにはならないでしょう。

Img_3969

昌子のプレーも初めて見ました。
彼は、足が速くて、頭(ヘディング)も強いのですね!岩政と伊野波を足して2で割っ・・・・、いや今はまだ3くらいで割ったところでしょうか?
でも、今日の試合の中では、動きが良かった選手であるといえるのではないでしょうか。競り合いには(大学生相手ですが)安定感を感じることができました。交わされてしまった後の、振り返ってすぐに相手を追いかけるスピードにも、伊野波の影が重なって見えました。これはもしかすると、相当の器かもしれません。柴崎に注目は集まっていますが、ポジション別にみると、昌子の方が(公式戦初出場が)早いかもしれませんよ!

Img_3977

ボランチで先発し、後半は小谷野に代わって柴崎が入ると一枚前に上がってOH(オフェンシブハーフ)の位置に入りました。
増田自身の動きはどちらのポジションでも変わりなく、その気持ちが現れる厳しいプレーで頑張っていましたが、彼が攻撃的なポジションに入ってからチームの動きに連動性が出てきました。まさに遠藤とFWの間が遠かった、その間に彼が位置するようになり、とたんに前線でのボールの収まりとFWが前を向いてDFの裏へ走りこみながらボールを受ける回数が増えてきました。また、増田のタメにより田代やカルロンにも余裕が生まれ、彼ら自身もポスト的な動きが出来るようになったと思います。

Img_3978

田代の動きも悪くはありませんでしたが、移籍前の田代と何が変わったのかな?と考えてしまいました。献身的で身体を張ったプレーにとっても好感を持てる持てるのですが、もどかしさを感じさせるところまで以前のままでは・・・・。ところどころ、キレのある抜け出しを見せることがあったのですが、「遠藤かな?」と思ってしまうような動きでした。これは良い評価です!

Img_3979

注目のカルロンは、前半は全てに遠慮がちなプレーや可能性のないショートパスなどが目立ち、彼の良さがどこにあるのか全く分からないプレーに終始していました。
ところが、後半、バイタルエリアやや右で、相手DFの裏に前向きでボールを貰うことができると、角度の無いところから右足をすっと降りぬいて、反対側のサイドネットへ確実に決めゴール!こういったプレーが彼の特徴の一つなのですね。
それにしても、彼のシュートは構えの無いシュートなんですね。何のことを言っているのかと思われそうですが、シュートするときに一瞬、「んっ」と構えてからシュートの体勢に入る人が殆どだと思いますが、彼にはその構えがないんですよ・・・・、やっぱりうまく伝えられないかな~?観たことのある人なら少し分かってくれるとは思うのですが・・・。

Img_3981

西大伍です。
彼のプレーで光ったのは、前半の始めに一度だけ綺麗な形でライン際を抜けていったプレがありましたが、それだけだったな~。
どうしたんだろう、きっと、こんな感じの選手ではないはずなんだけど・・・。まだ、新しいチームのスタイルに完全に溶け込んでいないのは理解しますが、どこか遠慮しているような動きだし、キレもイマイチ、本調子には遠いんじゃないかな?
雰囲気は持っているので、きっと変わってきてくれると信じてます。

Img_3983

後半、それまで消えてしまっていた小谷野に変わって柴崎が入りました。ボランチの位置に入り、増田が一枚前に。

ファーストタッチがバイタルエイア遠目、やや右の位置から、相手GKが少し前にポジショニングしているところを狙い済ましたように、鋭いミドルシュート(ロングシュートといってもいいかも)を放つと、それがゴールネットに突き刺さり、スタンドも一瞬唖然とするほどの衝撃的なゴール!
ただただ、「持っているな!」と言わざるを得ないシュートでした。
その後もボールを動かすセンスの良さは随所に現われ、非凡なところを短い出場時間でしっかりとアピールできていたと思われます。
ただひとつ、物足りない部分があるとすれば、ボールを引き出す動きが殆ど無かった。足元にボールが来ると、彼の能力が発揮されていたけど、自らボールを引き出すというか、味方がパスを出しやすい位置に動いていたかといえば、そうではない・・・。
まあ、大迫の最初の半年と同じような所の問題かな?と。

Img_3984

最後に増田に代わって入ったのは梅鉢。
遠めに見ていて、最初は土居が入ったのかと思ったほど。身体の線の細さばかり目に付いてしまいました。ミスパスをした後で、必死になってボールを奪い返しに行った姿勢はとっても良かったですよ。でも、今はもっともっと身体を作らないと、厳しいプロの中では「持つのかな?」と心配になってしまいます。

 

今日は試合内容が良くなかったこともあって、ちょっと辛口なレポートになってしまいましたが、レギュラー組がそうであったように、サテライト組も新しいメンバーとなって、まだまだ連携には時間がかかるものと思われますが、今の時期はこれくらいでも仕方の無いところ。
これから徐々に調子を上げていくのでしょうから、苦しい勝利でしたが、今日の2-1での勝利を素直に喜ぶべきなのでしょうね。甘いかな?

|

« ポスター配り | トップページ | 地震 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« ポスター配り | トップページ | 地震 »