« 今回も何とかアントラーズ福袋 | トップページ | 2011年 新たなサイクルに入ろうとするアントラーズを考える その2 »

2011年1月 5日 (水)

2011年 新たなサイクルに入ろうとするアントラーズを考える

例えば、田代や誓士クラスの選手を他のチームから移籍により補強するとしたら、それはどの位の補強と感じられるのだろうか?

西大伍の札幌から鹿島への完全移籍が報じられ、その補強に頼もしさを感じているサポも少なくないだろう。

更に清水からの移籍が噂されている本田拓也は、日本代表として今はドーハの地でアジアを戦っている。

田代だって日本代表の経験がある。

誓士の実力が田代から劣るものではないことは、鹿島サポなら充分に理解されているはずだ。

レンタル移籍として1年が適当であったのか、それとももう1年、あるいは2~3年して試合経験や実績を積んでから戻ってきた方が良かったのか、それについてはこれからの活躍により判断されるだろう。

一部報道によると、「今年の移籍によって11人の選手を放出して、10人の選手を補強する」とのことらしいが、その中身を見てみるとフロントの意気込みが感じられるのは私だけだろうか?

「10人の選手の補強」、簡単に考えると抜けた外国人助っ人2人、新人4人、残りの3~4人(アジア枠が残っているため、あと一人は外国人の可能性もなくはない)を他のチームから移籍により補強するということになるが、そのうちの2人が田代と誓士であり、この2人クラスの選手を他のチームから獲得することは、金銭的にも交渉的にも非常に難しいことは間違いないです。

新井場、大岩、伊野波といったクラスの補強の時と比較しても、田代と誓士の復帰は、裕福でないアントラーズにとっては金銭と選手能力との関係で非常に大きな補強になったと思います。

選手の気持ちを出来る限り尊重し、最後まで選手の将来を親身になって考えるフロントであったからこそ、この移籍(リターン)が実現しているとも言えます。

「レンタルだから戻ってきても普通のこと」と言ってしまえばそれまでですが、プライドを持ったプロ選手の心情を損なうことなく、見事にチーム力アップのための補強に繋げることができた今回の移籍(出したことも、戻ってきたことも)は、素晴らしいモデルパターンであったと考えるべきですね。

そうであれば、発表された移籍のうち、レンタル移籍で湘南へ行く竜太、横浜FCへ行く宮崎、栃木へ行く修人などは、まさにアントラーズのチーム力アップのためにも絶対に必要な移籍であるということでしょう。

まだ噂の段階ですが、川島や川俣の移籍(多分、それぞれ山形と仙台へのレンタルだと思うけど)についても同様のことが当て嵌まると捉えることができます。

船山については「完全移籍で!」という話なのでしょうか?

川島についても同様ですが、大卒の選手ですから年齢的にもそれ程余裕があるとはいえませんので、そこはサッカー人生を賭けた決断があると思いますので、本人の意志を尊重する形になって欲しいと思うばかりです。

大道に関しては、8年の在籍中、怪我にどれほど苦しめられたことでしょう。

その優れた才能は、ユース出身の鹿島の選手の中でも、野沢に告ぐ実力であったと私は思っています。その実力が発揮されることなく(完全)移籍してしまうことは残念でなりませんが、アントラーズはその実力が発揮できる状況(怪我が治る)になるまで暖かく彼を育ててくれたのですから、このような関係についてもアントラーズのクラブ力を感じ、「お互いに頑張ったんだな~」と思わずにはいられません。

獲得した新人を1年で放出してしまうような、どこぞの金満チームとは比べものにはならない、〝アントラーズファミリー〟ならではのクラブ力ですね!

大道はMFの選手、しかも攻撃的なポジションでその実力がフルに発揮されると思っていましたから、DFの控えとして考えられる鹿島よりも他のチームの方が、彼にとってはチャンスが広がると思います。必ず活躍して欲しいと願っています。

また、笠井の移籍先について未だに発表されないことが気がかりでなりません。

 

 

さて、長谷川の引退、その後、秋田や相馬の突然の放出でサポーターの怒りに包まれた前回の世代交代から何年たったのでしょう。

小笠原や中田、そして本山の世代に期待がかかるも、中田や小笠原の海外移籍によって、そのプランに狂いが生じたにも関わらず、磐田や横浜FMのように順位をそれ程落とすことなく、そして3連覇という輝かしい記録を樹立することができた前回の世代交代。

その時、秋田は「実力でポジションを奪ってもらいたい」と話したものですが、「中心選手の海外移籍のリスク」を含めて、前回の世代交代の時に学んだことや痛い経験から、今回の世代交代(新しいサイクルへの突入)は考えられているのでしょう。

前述したように、「11人放出して10人を補強する」この中身こそ、当時の秋田の声を実現したものとなっています。

つづく

|

« 今回も何とかアントラーズ福袋 | トップページ | 2011年 新たなサイクルに入ろうとするアントラーズを考える その2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 今回も何とかアントラーズ福袋 | トップページ | 2011年 新たなサイクルに入ろうとするアントラーズを考える その2 »