« 一丸となった勝利 | トップページ | 再びギリギリの戦いを! »

2010年11月 9日 (火)

さあ、次は何が何でも勝ちたい等々力!

名古屋戦、参戦されたサポーターの皆さんお疲れ様でした。

とっても激しい戦いで、精魂尽き果てるまで戦ったつもりでしたが、マルキの得点の後や試合終了間際のピンチを凌ぐ場面では、色々な想いが込み上げてきて、何故か涙ぐんでしまった自分がありました。

自分でも、これまでの経験から、目一杯の気持ちと体力で戦っていたら、きっと試合中に涙ぐんでいる余裕など無かったはずだったと思ってしまいます。

ということは、まだまだ自分の戦い方にも余力があって、メイチの戦いではなかったと反省するところがありますね!

試合終了後にピッチに倒れこんだ選手達。

勝利して歓喜するはずの選手達が、そんなことをする余力も無く、勝利する為に全力で戦った証拠。

そんな選手達に、まだまだ及ばない自分の応援。

この差を何とかして埋めれるようにしたいものです。

今シーズン、残りの試合で、それを実践すべく頑張りたいと思います。

 

そして、いよいよ今週は、因縁の等々力戦です。

あの悔しさを晴らすチャンスが、我々に与えられました。

優勝する為に1試合も落とすことが出来ない戦いが続きますが、今度の等々力だけは、その気持ちだけの戦いではなく、これまで何度も味わってきた悔しさを晴らす戦いにしなければなりません。

〝鬼門〟と捉えてしまう人達が多いとは思いますが、私はそういった想いではなく、まさにチャンスと感じています!

しかも、その試合に現地で戦うことができるなんて、これほど幸せなことはありません!

「やったろうじゃないか!」という気持ちが、メラメラと燃え上がってきています。

とっても、とっても、楽しみな一番になりそうです!

|

« 一丸となった勝利 | トップページ | 再びギリギリの戦いを! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 一丸となった勝利 | トップページ | 再びギリギリの戦いを! »