« 前進あるのみ! | トップページ | Jリーグ ホーム最終戦 »

2010年11月23日 (火)

11月敗戦、8年ぶりの敗戦?

Img_3089

磐田に負けたのは8年ぶりだとか。
そんなに負けてなかったのか?実際の戦いはいつも厳しい磐田戦だから、勝つために必死にやって、それでようやく勝てる相手だったから、多分、磐田側が思っているほど「あ~負けてしまった!」といった感覚は無い。

 

今日、勝てなかった理由を知りたい?

試合立ち上がりの、ふわ~っとした入り方。練習を見ているかのような、左右のセンタリングから中での合わせ、絵に描いたような見事な失点シーン。選手の〝気持ち〟と〝動き〟、いずれもエンジンが掛かる前にやられた感じ。

確かに録画を観てみると、後半のCKからの岩政のヘッドは相手選手のハンド(等々力で篤人だったら退場させられてたね!)に見えるし、その後のシュートもゴールのラインを越えていたと思われるけど線審には見えていない・・・・・・・、そんなミスジャッジしょっちゅうあるからさ・・・。

何度も何度も、惜しいチャンスを決めきれない決定力のないFW?それとも川口のファインセーブ連発だったと捉えるのか?

シュート本数(22対7)を見れば、どちらが試合の主導権を握っていたか、押していたかは一目瞭然!

オリベイラ監督の言う通り、磐田は少ないチャンスを2度もモノにして、あとは必死に守ることで運をも味方にした。

それが結果かな。

 

鹿島の選手達は連戦の疲れをおして、それでもなお攻撃し続けたsign01

〝決定力不足〟って捉えるの?

あれだけの猛攻を見せてもらったsign01

選手達は必死になって頑張ったよ。それでも結果が出ないことなんてサッカーでは普通のことでしょ?

 

出来る事をやっていなかったのは選手ではないと思う。

それは我々サポーターの方ではなかったか?

名古屋戦で見せたような、川崎戦で感じさせたような、そんなビリビリきてた応援が出来ていたの今日は?

聖地に相応しいといえるだけの応援を出来ていた?

選手達が作った猛攻、ゴールのラインを越えさせることができなかったのは、最後の一押し(応援)が出来ていなかったからに他ならないのでは?

 

ブーイングをした人は一体今日の試合に何を見て、何を感じ、そして何を選手に求めてんの?

少なくともゴール裏のサポーターなら、背番号12を背負ったサポーターなら、自ら選手と一緒になって戦っていたら・・・・・・決してブーイングにはならなかったのでは?

 

選手と一緒に戦ってないよね!

選手に求めることが多すぎるよ!選手に全てを求めすぎだよ!

選手と一緒に戦っていたならば、ゴールを決められなかったチームメイト(選手達)を目の前にしてBooooo!って出来るの?

2点も取られたチームメイト(選手達)をBooo!って出来るの?

 

だから、選手を鼓舞するのは試合中なんだって!

試合が終わる前なら、何とかなるよ!

だから、試合中に〝喝(声・叫び)〟入れろって!

試合が終わってからは、〝喝〟を入れるのは、その試合の内容次第だろ?

今日の内容って、そんなだったか???

 

今日の応援は、試合中の選手に〝喝〟を入れることが出来ていたのか?

結果から見れば、足んなかったんだよ、応援がsign02

「聖地での敗戦はサポーターの責任sign03

 

〝反省するは己に有り〟だねsign01

 

次は、今年最後の聖地での戦いは、絶対にやるしかないよsign01

ゴール裏はannoy

|

« 前進あるのみ! | トップページ | Jリーグ ホーム最終戦 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 前進あるのみ! | トップページ | Jリーグ ホーム最終戦 »