« 鹿島の歴史を胸に抱いて | トップページ | 大一番を前に! »

2010年11月 2日 (火)

練習試合 VS水戸ホーリーホック

本日15時から、クラブハウスにて水戸ホーリーホック戦が行われました。

Img_3725

Img_3735

本日のサテライトメンバーです。

GK 杉山(川俣→佐藤)〔30分交代〕

DF 笠井 大道 大岩(青木→ユース:藤代) 宮崎

MF 青木(鈴木) 船山

MF 小谷野(ユース:土居) 遠藤(川島)

FW 佐々木 大迫(小谷野)

Img_3726

今日も写真の写りが悪くてすみません。スポーツモードで撮影しているのですが、暗くてシャッタースピードも遅くなってしまい、どうしてもブレが出てしまいます。もっと上達しなければいけませんね!

今日の船山は気合がメチャ入ってましたよ!激しい当たりで相手からボールを奪うと、的確なボール展開で攻撃の形を作り出していました。
ボランチの位置で90分間フル出場でしたが、動きが落ちることなく、監督へのアピールは充分に出来ていたのではないでしょうか。

ボランチに関しては、途中出場の鈴木のボールの散らし方も「上手いな~」と感じさせられるものでした。出場時間が短いのがもったいない気分になりました。もっと長い時間で彼のプレーを見てみたいものです。

Img_3728

すっかり怪我の影響も感じさせなくなった笠井です。前半にはちょっとしたパスミスなどが気に掛かりましたが、攻撃時のサイドの駆け上がりとセンタリングには「さすが本職!」と思わせるものがありました。「そろそろ本格化!」を期待させる内容でした。

Img_3729

今日も、ハットトリックの竜太です。1点目はDFラインをオフサイドギリギリで抜け出してスルーパスを受けてGKと1対1になり、これを落ち着いてゴール左サイドに蹴り込んだもの。2点目は大迫のシュートが惜しくもゴールポストに弾かれ、その跳ね返りを小谷野がゴール正面で待つ竜太に「はい、どうぞ!」と言わんばかりのパス、これをドン!と蹴り、GKの手を弾いてゴール。3点目は、私が一瞬目を離した隙に 豪快に蹴り込んだ凄いシュートだったとか。

トップでもこの得点力を発揮して欲しいところだが、「どうやら竜太の得点力は小谷野との抜群の相性によるものなんじゃないか?」と思えるようになってきました。故に、竜太だけでなく「小谷野をトップで見たい!」と思いました。それも短い時間じゃなく、本人が落ち着いて〝いつものプレー〟が出来るようになるほどの長い時間で!

Img_3730

Img_3734

見ていた人によって評価の違った大迫です。

Img_3731 個人的には、今日はゴールが無く物足りなかったのですが、起点となるプレーは今日出場した誰よりも上手く、ボールを失わないプレーも出来ており、更に、最も好印象だったのは、相手ボールを高い位置で何度も奪っていたことです。
もう、昨年までの大迫とは全く違い、頼もしさすら感じることが出来ました。
評価が低かった人たちの大迫評は、「走り出しが遅い」、「裏に抜け出すプレーができていない」といったものだったように記憶しています。・・・確かに物足りない部分はあったけど、DFラインを抜け出してボールを受けようとする動きはあったと思うけどな~。

Img_3736

トップのメンバーも、ベンチに座って見学していました。

そしてミスタークライマックスこと野沢は、試合を横目で見ながらしっかりと走りこんでいました。

Img_3737 期待してますよ!

 

さて、練習試合の結果ですが、5-0で見事な勝利でした。点差だけでなく、内容も前半の最初こそ攻め込まれる場面もありましたが、ほぼ危なげない内容でした。

得点者は、小谷野、竜太、竜太、川島、竜太でした。

それと、センターバックに入って90分フル出場した大道ですが、スピードを活かしたセンターバックとして安定した守備をみせていましたが、少ない攻撃参加で見せたキラリと光るセンス(相手の間隙をすり抜けて入っていく動きやそこから繰り出すパス)には、「やはり、守備ではなく攻撃の選手だよな~」と感じました。周囲の人々からもそんな声が上がっていました。

 

それと、先般コメントを頂いた〝鹿ゆりさん〟が気にしていたクラブハウスのピッチ状態ですが、現在使用しているクラブハウス手前側のピッチと、クラブハウスから遠い方のピッチの写真を撮ってみました。

Img_3724

ちょっと見難いかもしれませんが、こちらが現在使用中の手前側のピッチの写真です。

Img_3723

そして、こちらが現在養生中の遠い側のピッチの写真です。

クラブを裏側で支えるプロの仕事がきちんとなされていますよね~!
素人の私が言うのもおこがましいのですがね!

|

« 鹿島の歴史を胸に抱いて | トップページ | 大一番を前に! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 鹿島の歴史を胸に抱いて | トップページ | 大一番を前に! »