« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2010年8月31日 (火)

灼熱のクラブハウス

いや~、まじ暑かったsweat01

今日のクラブハウスの気温は、練習時間当時で34℃はあったかと思われるほど、普通に熱中症にかかりそうな暑さでした。

Img_3654

そんな暑さの中、元気良く全体練習に合流していた中田浩二。
足の具合は大丈夫なのかな?

Img_3655

先日の練習試合では、その姿が見えなかった川島は、リカルドとマンツーマンで別メニュー。しっかりと走り込んでいました。どこが悪かったんだろう???

Img_3657

トップのメンバーはセットプレーの練習の後に上がりました。

それにしても、暑い・・・・。sunsweat01

Img_3658

足の具合が気になるのか、中田は練習中にも靴を脱いで足首をチェック。大丈夫かな?

Img_3659 サテライト組(青木や中田、本山を含む)は、その後も残って、この暑さの中、練習を続ける・・・。

Img_3660

12時を回っても、練習はまだまだ続く・・・。たまらなく暑いsunsunsunsweat01sweat01sweat01

見学しているのも、ちょっとヤバイsunsweat02sweat02

Img_3661

水分補給は欠かせないよcoldsweats02coldsweats02coldsweats02

そして、まだまだ練習は続く・・・。sweat01dashsweat02

頑張って練習を続けている選手達には申し訳ないが、ここあたりで見学しているこちらが暑さのためにダウンしそうになりました。hospital

とりあえず、水分補給しなきゃaquariusaquariusaquarius、ということでドリンクを買いに。

Img_3664

その後、再び戻ってみると、写真のような光景が目に入りました。

何か、叱られているかのような光景ですが・・・。

新井場ハン、何かしでかしましたかbleah

 

川崎は、もっともっと暑い環境で練習して、明日の試合に備えているんだろうなsign02

たとえ、そうであったとしても、明日は、絶対に負けないからなpunchannoy

| | コメント (0)

2010年8月30日 (月)

浦和戦録画観戦

何も言うことのない試合!

試合後に起きたゴール裏のチームコール。

そして、カシマレッツゴー!

それが全て!!

 

首位との勝ち点差は「7」と開いてしまったが、ここからが力の見せ処。

やってやろうじゃありませんか!

 

アントラーズを信じて、選手を信じて、そして、これまで培ってきた自分の信念を貫くのみ!

 

まずは、昨年の借りを返さねばならないナビスコの川崎戦。

あの悔しさを思い出して、我等の力に変えよう!

| | コメント (0)

2010年8月28日 (土)

浦和戦

最後まで諦めない気持ち!

これがアントラーズサポーターの原点!

| | コメント (0)

2010年8月24日 (火)

練習試合 VS中央大学

今日は16時から、クラブハウスで中央大学との練習試合がありました。

気温は34度、しかしながら、気持ちの良い風が吹く中での試合になりました。それでも、選手達には厳しい暑さだったようです。

Img_3626

今日の先発は、

GK 杉山→川俣
DF 當間、大道、大岩、ジウトン
MF 船山、柴崎
   小谷野、遠藤
FW 本山、佐々木

です。

Img_3628

現在、高校3年生、夏休みを利用しての練習参加。大学生を相手に、プロのメンバーに混じってどこまで通用するのか?期待の柴崎岳くんです。

Img_3629

そして、皆が、持ち合わせた実力の覚醒を待っている大道が先発です!

Img_3630

遠藤は、このクラス相手だと、概ね自由にボールをキープできますね。そうじゃなきゃ、困るか?

Img_3631

もしかすると、スピード感あるドリブルでの突破力がアントラーズで一番あるのは小谷野かもしれませんね。

Img_3632

本当は、DFの大道よりも攻撃的MFとしての大道を見てみたいんですけどね~。

Img_3633

ボランチでしっかりとチームを締めていたのは船山です!

Img_3634

途中、遠藤が痛むところもあったが、この後は再び元気にプレーしていたので一安心です。

Img_3636

後半からは、笠井も右SBで登場!

後半のメンバーは、

GK 川俣→佐藤
DF 笠井、大道、當間、宮崎
MF 鈴木、船山
   柴崎→土居、遠藤
FW 小谷野、佐々木

となりました。

Img_3637

柴崎は、後半からポジションが一つ上がって2列目に。すると、その動きに変化が!

Img_3638

鈴木の魅力は、左右の両足から繰り出されるミドルですね!

Img_3639

ちょっと強引だけど、ライン際を駆け上がっていこうとする姿はサイドバックには絶対に必要なこと!失敗を恐れずにどんどん行け!

Img_3640

土曜日にフル出場した宮崎も元気に後半から登場です。気のせいか、プレーに落ち着きが出てきたような気がします。慌てなくなったかな?

Img_3641

佐藤に変わってから2失点しましたが、これは當間のケアレスミスからボールを奪われ、1対1となってしまったものと、CKからのボールをDFが競り合い、それがゴールの目の前にいた相手選手の足元にこぼれたところを至近距離から決められたもので、彼としてはその他で決定的なピンチを見事に防いでいましたから!

Img_3642

小谷野も、後半はひとつ前に上がったので、ゴールラッシュの期待が高まりましたが・・・。

Img_3643

今日の竜太は4得点。前半でハットトリック。豪快に足で決めたり、ヘッドで決めたり見事に役割を果たしていました。それでも、竜太のプレーの良さは〝当たり合いの強さ〟、〝奪い合いの強さ〟、〝前に抜け出す速さ〟なんでしょうね。〝決定力〟に物足りなさを感じるのは仕方ないことですね。今日も4得点でしたが、実は決定率としては5割くらいだったと思います。「竜太1/2」ですね!

Img_3644

後半のDFラインです。急増のラインだったことと、前ががりになったダブルボランチの影響もあって、相手攻撃陣に抜け出されてGKと1対1となる場面が何度もありました。

Img_3647 笠井の回復具合も良さそうですね。ところで、川島はどうしたんだろう???

Img_3649 オリベイラ監督もベンチから見守っていました。交代等の指示は奥野コーチ。

Img_3651

最後に土居君。柴崎君と比べるとまだまだプレーに遠慮があって、というよりも、なかなかボールに絡めないから、その実力が発揮されずにいたように感じました。まだまだ、慣れることに時間をかければいい時期ですから!

それにしても、柴崎君には驚きました!!

まずは、このメンバーの中でも落ち着いてプレーできていることが凄い。だから、よ~くピッチ内が見えているんじゃないだろうか?そのため、展開力にも幅があって、しかも、それを達成するための技術力(ショート&ロングパス)もある!そして、運動量も充分あり、ライン際をオーバーラップして、フリーでボールを受けるところなんかは高校生とはとても思えないレベルです。

シュート力もあり、そしてゴール前で強引にシュートを打つかと思えば、ちょこんと後ろのフリーでいる見方に送るラストパス!

そして、右サイドからゴール前の當間に合わせたクロス(當間はこれを頭で合わせてゴール)なんかはセンスの塊!

参った!!

新加入した篤人をキャンプ前にクラハで見たときには、「この選手はもしかすると開幕レギュラーがあるかも?」と感じました(今だからそう言っているんじゃなくて、ちゃんとその時に私は嫁さんに耳打ちしてました)が、柴崎君を見た今日の感想は「間違いなく篤人以上の逸材!」です。

さすが、〝アントラーズが初めて高校2年生と契約した〟という選手だけのことがありますね!

今日の試合の結果は、6-2(竜太4点、遠藤1点、當間1点)で勝利しました。

| | コメント (4)

2010年8月23日 (月)

セレッソ戦 遅まきながら録画を観て思うこと

ようやく出張から鹿嶋に帰ってきた。

やっと、先週末のセレッソ戦の録画を観ることが出来た。

この映像を見るまでは、多くのアントラーズサポーターのブログや、各サッカー評論家

皆さんのレビューや感想を見ながら、アントラーズのふがいない戦いや褒められないであろうホームでのサポーターの応援を想像していました。
体力的にも限界にきており、セレッソの選手たちにいいように掻き回され、勝利への意欲が全く感じられないピッチ上の選手たち、そして、その選手達を奮い立たせることなど到底出来るはずもない地蔵集団となった聖地のゴール裏。
こんな絵を想像していました。

ところが、録画の映像から見ることの出来た選手達からは、「飛ばし過ぎ」とも思える積極的な戦う姿勢が試合開始当初から感じられ、多いと指摘された細かいミスも決して多くなく、さらに、最後の最後まで相手ゴールから得点を奪おうとする懸命な姿勢も失われておらず、それでも結果が出なかったことは、ひとえにセレッソの選手達の連携やそれを支える運動量が鹿島の選手を上回ったとしか言いようがない。
テレビの解説者も言っていたように、連勝していることが選手達の精神面をしっかりと支え、これが相手チームを上回る運動量の糧となっているように思われる。選手達の躍動感や充実しきった顔が、それを何よりも物語っていると感じた。

それとは対照的に、いつもと同じように、いや毎年の夏よりも精力的に、献身的に、ピッチを駆け回っているにも関わらず結果が出ない我がアントラーズの選手達の表情は、自分達を信じる気持ちが揺らいでいることを感じさせるものでした。

客観的にゲーム内容を分析(分析といったらおこがましいが)しても、技術や体力で、そして連携といった点でアントラーズのチームとしてのスキルが落ちているとは見えない。去年や一昨年の同時期と比べても、〝夏場に弱い〟といった弱点を、少なくとも今年は克服できていると思われる。野沢や興梠、そして小笠原や伊野波、新井場といったレギュラーメンバーの運動量を昨年までと比べてみても、今年は充分に走ることが出来ているのではないか?

但し、今年は昨年までとは比べ物にならないくらい〝暑い〟sign01

この暑さの中で90分を走りきるには相当の体力が必要となる。しかも、相手があるゲーム、相手の状態によってはそれを達成する困難の度合も試合ごとに変化する。
もしかすると、「それは相手も同じ条件、相手に勝らなければならない」と言われるかもしれないが、鹿嶋の気候とそれ以外の地域との気候の違いは、如何ともし難い面があり、どれだけ鍛えても、それを過酷な環境の中で発揮する為には、同じ環境内で鍛えるしかないと思う。言いたいことは、毎年、猛暑の中でトレーニングしている関西エリアチームの選手達や、ヒートアイランド状態の中で毎日の訓練を繰り返している都会のチームの選手達と、環境対応の勝負をしても勝ち目はない。

これは地域特性が生み出す、Jリーグの面白さの一つでもある。本来であればホーム&アウェーでこれが感じられるところだが、季節に関してはそれぞれ関係なく訪れるものであり、避けることの出来ないものである。
逆に、「じゃあ、寒い地域のチームはどうなんだ!」と言われるだろうが、夏に弱い、暑さに弱いアントラーズの選手達という事実は変えられるものでもない。いくら鍛えても、サウナの中ででも練習しない限り、これは変えられないと思う。

だから、試合運びの上手さやペース配分、そして、相手チームを上回る技術と連携で戦って勝利をものにするしかない。

勝ちたい気持ちで負けているわけではないsign03

セレッソの選手達は素晴らしかった。

技術力も連携力もアントラーズに勝るとも劣らぬものがあった(この試合に限っては互角以上だったかもしれない)。
2位に位置する成績も、こうした実力の現われに他ならない。

アントラーズの戦いも、ここ数戦の内容と同様に決して悲観するような内容ではなかった。

終わってみれば、現時点でリーグ2位と3位のチームの対決だったのであって、今までのようにホームで楽に勝てるセレッソではなかったということでしょう。

首位、名古屋との勝ち点は5に開いてしまったが、まだまだ、逆転は充分に可能な状況である。

今は、一生懸命に準備して戦っても思うような結果が出ない状態、期待してもその期待に応えてもらえないでいる状態であり、ただただ〝耐える〟局面であるsign03

何かを変えるべき時期ではない。
篤人が抜け、ジョンスが抜け、マルキが戦列を離れ、中田、ジウトンが出場停止、小笠原や本山に関しては体調が万全ではない。このようにレギュラーのメンバーがいなくなったり万全でなかったりしても、伊野波、大迫、青木、ジウトン、佐々木、宮崎、遠藤と言ったこれまでのサブメンバーがチーム力を大きく落とすことなく頑張っている。
「誰が入っても鹿島アントラーズ」を証明するように、誰にも〝鹿島イズム〟が浸透している。
これまでと同じように準備をして、これまでと同じように戦う。
これを繰り返すことで、必ずや結果が現れると信じます。
もう一度、同じ条件でセレッソと戦ったら・・・、その時はきっと、いや必ず違った結果にして見せると言う気持ちが皆(選手&サポーター)にはあるはずです。

だから、これまで共に戦ってきた選手や監督、そしてチームを信じようと思います。

長くなりましたが、最後にアントラーズサポーター。

テレビの画面から聞こえてくるゴール裏の声は、選手達に充分に届いていたと思います。
サポーター間から聞こえてくるような〝ふがいない応援〟では決してなかったと言い切れると思います。気持ちのこもった、ピッチ上の選手達の後押しができる応援でした。

それでも、スタジアムに参戦されたサポーター達は、「こんな応援じゃいけない」と言うように自らを鼓舞しています。

これまでと同じようにやってきても、思うような結果が得られていない状況にあれば、これまで以上の気持ちで応援する。

ゴール裏全てのサポーターにこの気持ちが浸透した時に、きっとアントラーズのゴール裏は自らが思い描く〝真の応援〟が出来ることになるのでしょうね。

長々と書きましたが、結論としては「これまでと変わらずに弛まぬ努力を続けるのは選手達、そして、これまでとは変わり、更なるパワーアップを図るのはサポーター」ということが、今の私のアントラーズを思う気持ちです。

| | コメント (0)

2010年8月21日 (土)

聖地で敗戦

悲しい結果を聞くこととなった。

けど、私はテレビ観戦すらできていないから悔しがることすらできない。

選手達と共に戦うことができていない!

ただ悲しむことしかできない。

スタジアムで選手と共に戦いたい!

| | コメント (0)

2010年8月19日 (木)

後半戦ポスター配り

Img_3063

本日は後半戦のポスター配りに行ってきました。

毎度の神栖地区です!

 

ご協力いただきましたお店をアップさせていただきます。happy01

でんき館かとう 様 鹿嶋市木滝
理容室エジマ 様    〃

カーサポート 様 神栖市掘割3
らあめん川内屋 様  〃
ほっともっと神栖掘割店 様  〃

公設鹿島地方卸売市場(鹿島地方事務組合) 様 神栖市平泉

あじさい弁当 様 神栖市神栖4

ステーキハウス新富 様 神栖市深芝南

山田酒店 様 神栖市平泉 (ご新規)

池田商店 様 神栖市平泉東1 (ご新規:息栖小学校隣り)
かもめガス(かもめランドリー) 様   〃
どてちん(ラーメン) 様    〃   (ご新規:黒船ラーメンあと)
いま泉(つけもの処)   〃

スポーツアルペン 様 神栖市木崎

ダイナル電化 様 神栖市大野原2
ホテルウイングインターナショナル 様   〃
三城(信州そば) 様    〃
野口履物店 様     〃
伊藤金物店 様     〃

鹿嶋パークホテル 様 神栖市大野原3
庄や 様    〃
鹿島セントラルホテルゆの華 様   〃

ファミリーマート神栖筒井店 様  神栖市筒井
らーめん太平 様    〃
手打ちそば 孫市 様   〃

鹿嶋住宅公園 様  神栖市掘割1

ビジネスホテル Best Inn 鹿嶋 様 神栖市掘割2

潮来バスターミナル 様(道の駅いたこ様に預託:後日、市に許可を取って貼っていただくことになりました)

マハマヤ(インド・ネパール料理) 様 潮来市小泉南

 

ご協力ありがとうございましたsign03

| | コメント (0)

2010年8月17日 (火)

ガンバ大阪戦

ガンバ大阪戦
やれるだけはやった!

その結果、残念ながら勝って帰ることは出来なかった。

アウェイで最低限の勝ち点1を奪った。

アントラーズがこれで満足したらいけないのは十分に分かるが、内容的にも人数的にも悪くない結果だと思う。

自分の応援にも、今日は合格点をあげたい。

上の娘も、今日の応援はベストの出来だった!暑い中、良く頑張った!褒めてやろう。

次の参戦はナビスコのホームまで行けないが、アントラーズの戦いは週末にまたやってくる。

また、次、頑張ろう!

それが、今日、スタジアムに来ていたサポーターの別れの挨拶でした!

そう、次の試合も頑張ろう!

勝負は、まだまだこれからだ!

| | コメント (0)

大阪を喰う!

大阪を喰う!
大阪のお好み焼きは美味い!

美味しいご馳走だ!

| | コメント (0)

2010年8月16日 (月)

ゴー!ウエスト!!

只今、浜名湖です!

気温は38℃を越えています。

暑かろうが何だろうが、目指す万博に向かって突き進むのみ!

後のことなど考えず、ガンバ大阪倒すために突き進むのみ!

| | コメント (0)

2010年8月14日 (土)

東京戦

う~ん悔しい!残念!

でも、やられた要因は選手達自身がわかっているはず。

まだまだ、鍛えるべきもの、磨くべきものがあるということ。

我々はまだまだ強くなれるということさ!

気持ちも、もっともっと強くなれるよ!

苦しい戦いだけど、こんな時こそアントラーズファミリー一丸となって突き進もう!

それにしても、小笠原が走れなくなる姿を初めて見たかもしれない。

相当な暑さや湿度だったのでしょうね。
だから、残念な結果だけど選手達を責めることなんて、到底できるものではありません。
そして、スタジアムで選手と共に戦ってくれたサポーターみんな、本当にお疲れさまでした!

| | コメント (0)

2010年8月12日 (木)

木曜日のクラハ練習(写真のみ)

すみません。
時間が無いので、今日のクラハ練習の写真のみ貼っておきます。

興梠と大迫のツートップは調子よさそうでしたよsign01

Img_3607

Img_3608

Img_3609

Img_3610

Img_3611

Img_3612

Img_3614

Img_3616

Img_3618

Img_3619

Img_3620

Img_3621

Img_3623

野沢のバースデーお祝いはやったのかな?

| | コメント (0)

2010年8月 9日 (月)

清水戦 TV観戦

清水戦の録画を観ました。

試合当初から、玉のような汗を流しながらプレーする選手の姿が印象的でした。

とっても暑かったのですね、アウスタは。

きっと、サポーターのみんなも汗でびしょ濡れになって応援してくれていたに違いないでしょう。

お疲れ様でした。

敗戦を一言で表せば、「不運」としか言いようのないゲームでしたね。

でも、それもサッカー!

負けは負けです。

でも、リーグ戦の半分が終わって、勝ち点差2で僅差の3位につけることが出来ています。

前半戦で勝てなかった試合が7試合、その内、敗れてしまった試合が3試合。

後半戦では、この負けてしまった3チームに絶対に勝ちましょう!

そして、勝てなかった4試合(引き分け)の相手にも、今度こそは息の根を止めてやるようにしましょう!

そうすることが出来れば、我々は4年連続「優勝」です!

これが、我々の当面の目標のはずです。

アントラーズファミリーの一人ひとりが、この目標をはっきりと具体的に思い描いて、後半の一戦一戦を戦い抜きましょう!

選手だけでなく、サポーターも全部の試合を全力で戦うことが出来れば、きっとそれがチームを優勝に導くはずです。

全ての試合に全力を出すことが難しければ、一人が一試合だけでも余力を残すことなく戦うことから始めよう!

みんながみんなを助け合って、苦しい道のりを戦い抜きましょう。

きっと、最後にスタジアムで嬉しくて涙するであろう自分を思い浮かべて!!

| | コメント (0)

2010年8月 8日 (日)

負けたけど

奪われたら、奪い返せばいいのさ!

まだ、半分。

勝負はこれから!

みんな気持ちはバテてないよね!

勝っても負けても、次の戦いは関係なくやってくる。

切り替えたもん勝ちさ!

とにかく、今日はお疲れさまでした!

熱中症とか、身体のケアを大切にして下さい。

サポーターのみんなには、次の試合も頑張ってもらわなきゃならないからね!

気をつけて、カシマに帰って来てください。

| | コメント (0)

2010年8月 7日 (土)

真夏の戦い!

今日も暑い一日になりそうです。

アウスタはカシマと違って、灼熱の熱帯夜に違いないでしょう。

そして、相手の清水も今まさに攻撃陣が絶好調のようです。

面倒くさい二つのプレッシャーが我々に襲いかかるアウェイの戦いになりそうですね!

オリベイラ監督不在での戦い、スタッフや選手、そしてサポーターが一丸となって切り抜けましょう!

耐える場面が多くなりそうな今日の試合、サポーターの声が重要です!

参戦されるサポーターの皆さん、よろしくお願いします!

| | コメント (0)

2010年8月 5日 (木)

好転!

何とsign02 11月に限り、休みが土日になりそうですheart04

そして、9月の大宮戦も試合時間が15時開始となったお蔭で、ギリギリ参戦可能になるかもup

川崎とのナビスコH&Aは、今のところ両方とも参戦予定good

11月にはホームのカシマスタジアムだけじゃなく、アウェイの等々力と神戸にも参戦できるなんてhappy01shine

そして、一番嬉しいのはホーム最終戦に行けるということupwardrightupwardrightupwardrightheart02

もしかしたら、〝その瞬間〟に立ち会えるかもrock

ここのところ、忙しくてまだ夏休みも取っていなかったけど、地道に頑張っていたから、たまには良い事もあるもんですねsign03

自由席の回数券を買い足しましたflairflairflairsmile

| | コメント (0)

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »