« イ・ジョンス 敗れる | トップページ | カクレクマノミ到着 »

2010年6月25日 (金)

日本代表 予選突破!

あのポルトガルを抑えて、ヨーロッパ予選リーグを5失点の堅守で見事1位通過したデンマークに3-1で勝利するとはsign02

前回優勝のイタリアや準優勝のフランスが予選で敗退する中、前評判の低かった日本が予選突破するなんて、これがワールドカップの恐さなんですね。

これを見越して「目標はベスト4」と言っていたのなら、岡田監督は見事なもんです。

それにしても、韓国、日本、共にアジアの誇りですねsign01

 

日本代表は前のオランダ戦からチーム状態がグ~ンとアップしており、本日の試合では見事な組織力を見せることが出来ていたと思います。

段々とチームの体をなしてきたとも感じられるところですが、こういった次の試合が恐いので、次こそは一番気を引き締めて臨んでもらいたいものです(これは選手やスタッフというよりも日本代表を応援する日本国民に対してといった方が適切かもしれません)。

オランダ戦の後と違って、今回は浮かれても安心してもはいけないところだと肌で感じます。

Jリーグを3連覇してきたチームのサポーター(私)が、その経験から知りえた恐怖を感じているところです。

 

この予選突破は、選手達がチームワークと個々の能力をフルに発揮して、監督を助けることが出来た結果に他なりません。

チームを〝作る〟という作業だけに全ての時間を費やした指揮官でしたが、たった数試合で見事にチームとして〝成熟〟させてきたのは日本代表の選手達の能力の高さの賜物だと思います。

代表に選ばれた選手達のポテンシャルを考えれば、このくらいの組織力を作り上げることは十分に可能でありますが、その〝成熟〟には多少なりとも時間はかかるもの。

その時間をかけることなく本番に突入した指揮官の判断は明らかな間違いであり、この取り返しのつかない失敗から日本代表を救ったのは、他ならぬ代表に選ばれた選手達自身だと思います。

きっと、選ばれなかった代表候補のメンバーであっても同じくらいのパフォーマンスは可能であったとは思いますが、選ばれた選手達が能力のない指揮官の下、敗戦を繰り返しながらも腐ることなく、自分達自身で〝自らのワールドカップ〟を悔いを残さない戦いにすることを決意したであろうことが、チームを甦らせることができた要因だったのではないでしょうか?

 

「もっと前から、時間をかけてチームを〝成熟〟させる作業が出来ていれば・・・」

そう考えると残念な部分はありますが、今の勢いでまずは強敵パラグアイを打ち破って欲しいものです。

 

決勝トーナメントは正に一戦必勝sign01

余力を残した方が負けですsign03

 

頑張れsign01日本代表sign01

 

頑張れsign01岩政、そして篤人sign03

|

« イ・ジョンス 敗れる | トップページ | カクレクマノミ到着 »

コメント

急な方向転換をしたことにより、対戦相手国のスカウティングを無効化しました。油断を生みました。

結果的に選手は結束しています。ジーコの時と真逆ですよ。

この世界、結果が全てです。鹿島を愛する人間なら、それが痛いほど分かるのでは?

ACLすら勝ってない鹿島は何も言えませんし、言うべきでもないです。

鹿島を愛すればこそ、ちゃんと見るべきなのでは?

投稿: とあるソシオ | 2010年6月25日 (金) 13時44分

失礼ながら見苦しいです・・・

投稿: jack | 2010年6月25日 (金) 20時10分

皆さんのおっしゃる通りであることは自覚してます。

確かにスカウティングの部分については、見事に効果が現れた結果なのでしょうね!

但し、韓国戦から本大会に入る前の世間の代表の捉え方と現在の違いについては、私はついていけません。

頑張っていることも認めるし、勝ち進むことも嬉しいです!

だからこその次の試合に対する心配があり、浮かれてしまうことに対する注意喚起です。

見苦しいのは百も承知です。

そうでなければ、こんな書き方はしません。


だからこそ、複雑な心境なのです。

投稿: 鹿莫釈 | 2010年6月26日 (土) 06時59分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« イ・ジョンス 敗れる | トップページ | カクレクマノミ到着 »