« アジアへの挑戦 | トップページ | 名古屋 大きい勝ち星! »

2010年5月14日 (金)

立ち上がろう!

先日のACL敗退は、多くのサポーターに大きなショックが与えられた結果となりました。

サポーター一人ひとりにもACLへの思い入れに温度差があり、少なくとも私はアウェーまで参戦されたサポーターの方々よりもショックは小さいものだと思っています。

本当はそうであってはいけないのでしょうが、そのためか、幸いなことに自分の中での気持ちの整理はつけることが早々にできたと感じています。

そして、皆が立ち直れるか否かとは関係なく、次の名古屋との戦いが迫ってきています。

ただでさえ強豪の名古屋に対して、中途半端な気持ちで向かって行っては絶対に勝てません。

とにもかくにも、選手を始めとしてアントラーズファミリーが気持ちを切り替え、目の前に迫り来る〝敵〟を迎え撃たなければなりません。

今週の戦いを終えれば、その後長い中断期間となります。

この期間をどのような状況で迎えるのか?

傷ついた心を『時間』で埋めるのか?

それとも『勝利』で埋めるのか?

それは一人ひとりのサポーターの気持ち次第で変わります。

私は『勝利』を選択しますrocksign03

 

人が我欲を捨て、一つの大きな目的に向かい足並みを揃えたときに生み出す『神秘的なパワー』
これを具現化したのが鹿島アントラーズである。

ジーコからの手紙に書かれたこのフレーズを、今回の気持ちの切り替えに引用したいと考えます。

「名古屋を倒すsign01」といった間近の目的に対して、アントラーズファミリーみんなの力と気持ちを合わせましょう。

スタジアムに行ける人も、スタジアムに行けない人も、みんなですよsign03

|

« アジアへの挑戦 | トップページ | 名古屋 大きい勝ち星! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« アジアへの挑戦 | トップページ | 名古屋 大きい勝ち星! »