« 本日、アウェイ京都戦 | トップページ | サテライト順天堂大学戦 »

2010年3月15日 (月)

京都戦、録画観戦

京都戦から一夜明けて、録画で観戦しました。

これまでの試合と違って、終始〝まったり〟した感覚を感じたのは、多分、録画であり結果を知っているということとアナウンサーの淡々とした実況のせいだろう。

実際に、映像から見えてくる選手達の動きや試合運びは、これまでのアントラーズと殆ど変わらないアグレッシブで落ち着いた無いようのものでありました。

決定機をミスしてしまい失った得点というのは私は「無い!」と感じました。
それは、確かに「決めていれば」といったシーンは何度もありましたが、昨日に限って外していたというものでもなく、決めていれば楽勝となったであろうというようなもの。

試合の終わらせ方を間違えたわけでもなく、青木の投入が遅かったわけでもないだろう。

後半は京都のプレスが甘く、どの選手も落ち着いてボールをキープすることが出来ていて、殆どがアントラーズの支配する時間であったのに、あの時間帯だけ、相手の選手達の動きが満点であったというような失点。

確かに課題が残される部分はあるにしても、それはどの試合でも言えること。

 

もし、昨日のような試合をしたら、次は勝てないであろうと思われるのはが京都サンガ。

もし、昨日のような試合をしたら、次は勝てるであろうと思われるのが鹿島アントラーズ。

そんな両チームの内容でも、戦った結果は引き分け。

サッカーというのは得てしてそういったスポーツ。

そんな試合だったのではないだろうか。

 

結果的に、勝ち点3を取れる試合を引き分けてしまい、勝ち点2を失った試合ということになるのだろうが、決して悲観することはない。

過去にも言っていたように、「ホームで全て勝ち、アウェイで全て引き分けることができれば勝ち点の合計は68点になる」

充分に優勝を争える勝ち点である。

アウェイの戦いで最低限のノルマをクリアしているのだから、この勝ち点1を価値あるものにする為にも、次節の戦いは必ず勝利したいところ。

残念ながら、次節はアウェイの大宮戦、スタジアムはNACK5!

昨年、躓きの始まりとなった嫌な印象のあるスタジアム。

でも、西京極に続き今度のNACK5でも勝ち点を得ることができれば、昨年と同様に前半戦の快進撃に繋げることが出来るような気がします。

 

昨日の試合でも見られたが、フェリペと中田の関係が非常に良く、他のレギュラー陣の調子も非常に良さそうです。

他のチームに比べて選手の故障・負傷も少なく、さらに控えている選手達も、落ち着いてピッチに立てるようになった遠藤、今年の大爆発を期待しているゴールに飢えた大迫などの若手陣が元気であり、チーム状態は凄く良いと思われます。

あとは、いつもと変わらぬゴール裏の声援があれば、自ずと結果はついて来るでしょう。

|

« 本日、アウェイ京都戦 | トップページ | サテライト順天堂大学戦 »

コメント

今年も、同じM大学OBとして、鹿島に魂を奪われたおっさんとして、一丸となって戦いましょう。やっぱり、スタジアムに行かないとだめですね。反省してます。ついつい、妙に別のテンションがアップしてしまい、共感性が薄まってしまう。やっぱり、テレビでしか参戦できない時は、ライブで映像が見れる環境にあってたとしても、見ないで、PCのライブアントラーズの画像または携帯のメールだけにして、魂をスタジアムに送り続けないとダメですね。反省しています。なんとか生き残って、できる限り長く、聖地・鹿島へ巡礼できる環境を保持したいものです。頑張ります。それではまた。

投稿: とこしか | 2010年3月15日 (月) 19時41分

とこしかさん、ご無沙汰しています。

今年3月に転勤となって環境が変わり、少しはスタジアムに行けるようになったかな?と思いましたが、早速3月のカシマスタジアム参戦が仕事のため不可能となりました。

ぎりぎり参戦後、鹿一番さんに教えてもらった夜のバスで移動の手段も考慮しましたが、やはり、出張命令は前日の夜の宿泊からということなので、この計画も駄目でした・・・。

どのくらいの長期間になるかも分かりませんが、気持ちを切らさず、じっと我慢してチャンスを待つしかありません。サラリーマンの宿命ですね。

私も聖地巡礼を夢見て、日々努力と我慢を繰り返します!とこしかさんも大変でしょうが、アントラーズと自分のために頑張ってください。

投稿: 鹿莫迦 | 2010年3月16日 (火) 09時58分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 本日、アウェイ京都戦 | トップページ | サテライト順天堂大学戦 »