« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010年1月31日 (日)

乗りきれず

新しいメンバーを迎え、新スローガンも決まり、気分一新して気合いのこもったアントラーズなのに、それに乗りきれない自分がいます。

これは、自分を取り巻く環境が大きく変わることとなり、将来に明るい希望が見出だせなくなっていることが原因です。

一日も早く立ち直って、少しでもアントラーズの力にならなくてはいけないのに、まだ気持ちの整理や切り替えができていません。

サラリーマン故に思い通りにならないことは当たり前ですが、プライベートを含めた自分の人生なので、何とか厳しい中にも希望を見いだしたいと思っています。

『最後まで諦めない気持ち』をアントラーズから学んでいます。

試合の時だけでなく、人生でも諦めない気持ちで頑張ります。

事の詳細は全てが決まった後日に書きたいと思います。

| | コメント (2)

2010年1月25日 (月)

チーム始動日

チーム始動日
チーム始動日の今日、クラブハウスに来てみました。

どうやら室内でミーティングや室内練習のようです。

グランドには川島と(多分?)大道の二人が練習していました。

とにかく、今日、クラブハウスに来たことに重きをおこう!

| | コメント (0)

2010年1月24日 (日)

大天使 ガブリエル

新聞と携帯でチェックしただけの情報しかありませんが、大きな期待を抱いて獲得したブラジル人選手のようですね。フェリペガブリエル選手は!

攻撃的MFとのことで、単純にはダニーロに代わる外国人助っ人ということでしょう。

補強のポイントとしては、過密スケジュールからくる選手の疲労や出場停止に伴う戦力ダウンを回避するためには十分な補強です。というか、十分過ぎる補強だと感じます。

選手層の厚みが更に増したと言った方が的確なのかもしれません。

当然、サポーターとしては高額の移籍金を支払って完全移籍で獲得した選手なので、私もかなり彼の活躍には期待してしまいます。

でも、初めに言ったようにダニーロの代わりとして見てしまうと、サンパウロの10番を背負っていたダニーロ以上の活躍をいきなり期待してしまうのはいけないような気がして・・・。

ここは、まだ日本では無名の若い(もう若くはないか?)ブラジル人選手、言ってみればファビオ・サントスのような選手が加入したと捉えて、彼の日本での活躍を応援するくらいの期待にしてあげた方が良いのかなと思っています。

結果として、この私の考えか彼の実力を甘く見ていたものであって、鹿島の神様が呼び寄せたアントラーズにとって本物の『大天使』だったという結末になれば、それが一番嬉しいことになるかな!

そうなることを信じて、夢見て、精一杯彼を応援しよう!

| | コメント (2)

2010年1月22日 (金)

サボり

仕事の忙しさと体調不良でブログの更新をサボってます。

クラブハウスにもなかなか行けず、自主トレのレポもできておりません。

すみません。

今月中は仕事の方が慌ただしく、落ち着いてブログを書けないかもしれませんので更新は気長にお待ち下さい。

いつも読んで頂いているのに申し訳ありません。

| | コメント (0)

2010年1月15日 (金)

オズワルド・オリヴェイラ自伝-風のおもむくままに

Img_3038 オリヴェイラ監督の自伝を読みました。

122ページからアントラーズとの行になり、「これほどアントラーズのことを愛してくれていたんだ!」と感激しました。

144ページから、その頃の自分の気持ちをオーバーラップさせながら読んでしまうこととなって、思わず目頭が潤んできてしまいました。

150~151ページのミーティングでの話には、遂に涙が溢れてきてしまいました。weep

「あの時に、この感動を選手と共にスタジアムで味わうことができていたんだ!」

「10年後に『自分達が成し遂げた凄いこと』を思い出す!」

当時、我々サポーターはその言葉を監督の口から直接言われたわけではないけど・・・・、ついつい、「自分達にも送られていたメッセージだったんだ」と回想してしまい、一人で勝手に感動してしまいました。

いや~、実にいいsign01

読んで良かったsign03

| | コメント (0)

2010年1月13日 (水)

立候補 決定!

ようやく茨城県がワールドカップ日本の開催地に立候補しました!

開催予定スタジアムはカシマスタジアム。

私達家族も立候補への署名をしましたが、アントラーズをはじめとしたみんなの気持ちが通じましたね!

まだまだ、これからが大変ですが、こちらもアントラーズファミリー一丸となって頑張りましょう!

とりあえず嬉しい~!

| | コメント (0)

2010年1月11日 (月)

佐藤昭大GK加入

サンフレッチェ広島からGKの佐藤選手がレンタルで加入しました。

小澤さんの退団に伴う補強ですね。
新たに仲間となる佐藤選手には、鹿島アントラーズを大好きになってもらい「広島にはもどりたくない」と言ってもらえるような一年を過ごして欲しいですね。

GKは練習の関係から4人は必要だと聞いたことがあります。

ですから、八木君の加入が発表された時には、現在いる4人のうち誰かがアントラーズをでることになるのかな?と想像しました。
または、小澤さんの来年以降のコーチ昇格、八木君の英才教育期間なのかな?とも想像しました。

でも、小澤さんの海外挑戦で4人になった後での今回の補強。
八木君の故障が軽くないということなのでしょうか?

新たな選手の加入を歓迎する一方で心配な面も・・・。

| | コメント (3)

2010年1月 8日 (金)

移籍の話あれこれ

忙しさにかまけて、ブログの更新がおろそかになっております。すみません。

さて、遂に田代と増田のレンタル移籍が発表になりました。
また、驚きではあったのですが小澤さんの海外挑戦もニュースで知りました。

ともに悲しい出来事には違いないのですが、いつもの年と違って、今年の移籍報道に関してはかなりポジティブに捉えることが出来ている私です。

多分、自分でも普段から感じていたこともあるかと思いますが、昨年末のスカパーで放送されたアントラーズクラブリポートで「移籍」について、クラブの考え方や選手の捉え方を聞かせてもらえたことが大きいと思います。

特に印象に残った言葉は新井場選手のコメントの中にあった「他のチームで試合に出て成長して、そして再び鹿島に戻ってくる」といった内容の言葉です。

我々が移籍する選手に「戻ってきて欲しい」と願う以上に、移籍する選手達は「鹿島に戻ってきたい」と考えているんだということを感じて、「私の大切なアントラーズを私と同じように、いやそれ以上に選手達は愛してくれているんだ」という勝手な解釈で安心している次第です。

ならば、「移籍して、試合に出場して、さらに成長したい」と考える選手を、「アントラーズのバックアップメンバーとして今年も絶対に必要だから残ってくれ」とはサポーターの立場である我々は言えないと思います。
それは、単にサポーターサイドの我が侭に過ぎないと考えているからです。
(まあ、サポーターは物分りが良くなくても、我が侭でも良いとは思う考えもありますけどね!)

だから、篤人の海外移籍のニュースが流れた時には、「多分、移籍はないだろうな~」と感じながらも、「今が一番グッドタイミングかもしれない」とも正直思ってしまいました。

 

移籍するからその選手が嫌いになるのか?

いや、鹿島のユニフォームに一度でも袖を通した人間を嫌いになるはずなんてないよ!

その選手が、今年は鹿島のユニフォームを着ることなく、試合中に声を出して応援することが出来なくなる悲しさはありますが、新たに鹿島のユニフォームを着てくれて我々と思いを同じくして精一杯戦ってくれる選手がいる幸せもあります。

 

今年、アントラーズに加入する選手には当然ながら大いに期待しておりますが、鹿島を去る田代や増田にも〝お別れ〟という感情よりも〝成長してくれるであろう期待〟の感情の方が大きいです。

 

去年までは〝愛する人を失う悲しみ〟と似た感情を抱いていた他チームへの移籍でしたが、何故か今年は〝愛する人を成長の旅へと送り出す〟そんな爽やかな心境で受け止められる移籍の話です。

| | コメント (1)

2010年1月 2日 (土)

初春

あけましておめでとうございます。

お正月と言えば、天皇杯決勝、高校サッカーと共に定番となっている箱根駅伝。

今、テレビ中継を観ていて、何と!我が母校 明治大学がトップを走っています!
サプライズです!まだ1区ですがちょっと感動しています。

やっぱりスポーツは、このようなサプライズが感動を与えてくれますね!

我が鹿島アントラーズも2010年はサプライズ的な感動を我々に与えてくれるに違いないでしょう。

そのためには、如何なる時も我らの応援が欠かせません!
調子の良い時も悪い時も、変わらね姿勢で声を出し続けましょう。

昨年はリーグ優勝することができましたが、今年にアドバンテージが与えられる訳ではありません。
それどころか、ACLを含めた他のチームよりも厳しいスケジュールです!

年の初めに改めて心に刻まなくてはならないことは、昨年の優勝は既に過去のものであり、今年は今年のチーム・メンバーでゼロからのリスタート!となること。そして、必ず今年も全てのタイトルを獲るために全力で立ち向かうという気持ちを持つことです!

皆さん、今年も宜しくお願いします。そして、今年も共に鹿島アントラーズのために全力で取り組んで行きましょう!

| | コメント (4)

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »