« 水曜日、雨上がりのクラハ | トップページ | 先ずはガンバを撃破 »

2009年11月27日 (金)

ビッグゲームを前に

どうしてだろう?明日の試合に参戦できないのに、スタジアムへ向かう時のように胸の高まりが抑えられない。

何故か今日になって、自分と鹿島アントラーズを強く感じるようになってきた。強くといってもサッカーや相手に対して強いというのではなく、感じる強さのことです。

鹿島アントラーズ=自分

何故かこれを強く感じるのです。

これまでイメージしか映っていなかったものが、はっきりと目の前に現れてきたからかもしれない。

だけど、私達はまだそれを手にしているわけではなく、もしかすると手の届きそうなこんな近くにあるのに消えてしまうかもしれないのだ。

しっかりと掴まなければいけない!

ガンバ大阪は、今もっとも強い相手です。

全身全霊を込めて戦わなければ勝てる相手ではありません。

他の会場を気にしながら戦っていたのでは、到底勝てる相手でもありません。

だけど、選手やスタッフ、そしてスタジアムのサポーターや試合を見に行くことのできないサポーターが一丸となり、全身全霊を込めて勝利のために戦えば必ず勝てると信じています。

全身全霊を込めることと、鹿島アントラーズを自分のように感じることは、もしかすると同じなのかもしれないと思うようになっています。

その答えは、明日の試合の後で分かるのかもしれません。

チームを信じるサポーターのみんなが『鹿島アントラーズ=自分』と感じることができれば、目の前にあるもっとも欲しいものを手にすることができると信じています!

一丸となって、ガンバ大阪に挑もう!!

|

« 水曜日、雨上がりのクラハ | トップページ | 先ずはガンバを撃破 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 水曜日、雨上がりのクラハ | トップページ | 先ずはガンバを撃破 »