« 東上中 | トップページ | いよいよ! »

2009年10月 5日 (月)

新潟戦お疲れ様でした。

昨日の新潟戦をスタジアムで戦われたサポーターの皆さん、お疲れ様でした。

残念な結果となってしまいましたが、これで全てを失ってしまったわけでも、優勝の可能性が無くなったわけでもありません。

私は試合に行くことはできませんでしたが、録画で試合の映像を見る限り、名古屋戦のように大変なチーム状態にはなっておらず、逆に非常に良い試合運びが出来ていたのではないかと見ました。

新潟に奪われた得点は、内田潤の素晴らしいパスとマルシオリシャルデスのスーパーなプレイによって奪われたもので、アントラーズでなくともどこのチームでも奪われてしまったであろう失点だと思います。
相手を褒めるべきであって、アントラーズの守備をとやかく言うような失点ではなかったと思います。

気持ちの入った攻撃や守備への切り替え、選手達には戦う気持ちが現れており、結果として負けてしまったもののブーイングするような試合ではなかったでしょう。
ですから、試合終了後にゴール裏から「ゴール鹿島?」が聞こえてきた時は嬉しくなりました。

選手達と共に積み重ねてきた貯金は無くなってしまいました。

しかし、トップから何点も離された順位に落ちてしまったのではなく、トップと勝ち点差では並んでいて、得失点差での2位というポジションは「優勝」を狙える絶好の位置にいることに違いありません。

苦労せず余裕での優勝もいいですけど、ヤバイ状況を選手と共にギリギリの戦いをして、最後の最後に劇的に歓喜の涙を流すのもいいじゃないですか!

名古屋戦から選手達はきっちりと切り替えて、これまでの強かった鹿島アントラーズを見せてくれました。

今度は我々サポーターがきっちりと気持ちを切り替え、優勝に向けて選手達のアドレナリンを出しまくることができるような大興奮の応援をしていこうじゃありませんか!

早速、水曜日には歴史に残るよな16分の戦いが待っています。

我々の応援で、本当に歴史に残る、語り継がれる奇跡を起しましょう!

 

PS. 今日のクラハではサテライト組が熱のこもった激しい練習を行っていました。気迫が伝わってくるようでした。残念なことに川島が途中で足を負傷して担架で運ばれていきました。大したことが無ければいいのですが、ちょっとやばそうです。

|

« 東上中 | トップページ | いよいよ! »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




« 東上中 | トップページ | いよいよ! »